RemのDigitalCaravan

PCにスマートフォン カメラ Cafe アロマ 旅行…
デジタル世界のカオスなキャラバン

小網代の森ホタル撮影で思ったこと

2016-06-26 00:43:08 | Photo
こないだのホタル撮影で思ったことなど、つらつらと書いてみます。 ●ホタル撮影と月齢の関係について  ホタルの活動と月齢の関連性についてはよくわからないのでパスするとして、  撮影するには月はどんな具合ならいいのか、という話である。  今回行った6月3日は月齢27.3と新月の2日前であり、ほぼ月明かりの無い状態。  これだと周囲を照らす明かりがほとんどなくなるため、ホタルの発光以外は写真に写 . . . Read more
Comment

160606 白山神社~小石川後楽園

2016-06-06 13:45:32 | Photo
6月に入り梅雨入りも宣言され、じめじめとした日が続いています。 湿った空気に負けないために、今年もまた白山神社にアジサイを撮りに行ってきました。 (去年のぶんはこちら) 今年もD FA MACRO 100mmF2.8 WRの写真ばっかりになりました。 人が多いと人を写さないよう、望遠で切り取る構図ばかりになりますねぇ…… その後、小石川後楽園にも行きました。 前回 . . . Read more
Comment

160603 小網代の森に行ってきた 後編

2016-06-04 23:38:21 | Photo
三浦半島の先端にある小網代の森散策レポ、前編のつづきです。 2時間ほど小網代の森を散策して、時刻は16時。 まだまだホタルを見られる時間ではありません。 そこで夕飯を求めて油壷の方へと歩いていきました。 今回の日帰り旅行はみさきまぐろきっぷを使っていました。 これは  ・三崎口までの往復切符  ・三崎エリアの京急バスフリー切符  ・25店舗で使えるまぐろ料理引換券  ・レジャー施設利用券 . . . Read more
Comment

160603 小網代の森に行ってきた 前編

2016-06-03 23:12:30 | Photo
三浦半島の先端に「小網代の森」と呼ばれるところがあります。 関東で唯一、川の流域全体が保存されている場所で、70haあるこの森には数多くの生物が生息しています。 通常時は18時までに閉場されてしまうこの場所が、5月下旬から6月上旬のこの時期にはホタルの観察のために 21時まで開放されているとの情報を聴き、さっそく仕事の空いている日に行ってきました。 まずは京浜急行の終点である三崎口 . . . Read more
Comment

飯田線に乗ってきた その4 3日目後編 飯田~東京

2016-05-22 00:51:02 | 旅行・鉄道
飯田の街を駆け足で観光した後は、再び飯田線に乗り込みます。 車両は211系。 小さいころに宇都宮線や高崎線で見ていたやつなので、 中途半端に懐かしい車両です。 伊那谷に出てきたので順調に進むのかなと思ったら、 意外と進みません。 Googleマップで地形を見てみて納得。 トンネルで繋ぎ合わせている佐久間ダムあたりよりも線形がひどいんですね。 キィキィ言わせながら、右へ左へ . . . Read more
Comment

飯田線に乗ってきた その4 3日目

2016-05-08 17:50:28 | 旅行・鉄道
2016年3月18日。 最終日の3日目は時又から辰野まで飯田線を乗りつぶし、中央本線で東京へと戻ります。 途中、天竜峡と飯田の街を観光し、さらに中央本線の辰野支線も乗りつぶす、乗り鉄ルートです。 まずは時又から天竜峡駅へと戻って観光します。 特に下調べもしていなかったので、駅のすぐ近くにある天竜峡観光案内所で情報収集。 遊歩道のルートから所要時間まで、 案内の方がとても丁寧に説明し . . . Read more
Comment

飯田線に乗ってきた その3 2日目後編 湯谷温泉~時又

2016-05-04 18:19:15 | 旅行・鉄道
2日目の後半です。 日も傾き始めてきましたが、飯田線乗りつぶしを再開しましょう。 この日は天竜峡の少し先にある、時又まで移動します。 湯谷温泉から40分ほどの間は、集落から集落へと谷筋を渡っていきます。 このあたりは田舎ではあるけれど、生活のにおいのする地域です。 車窓を流れる風景を眺めているうちに中部天竜駅に到着。 ここで9分の運転停車があったので、ひとまず降りてみます。 . . . Read more
Comment

飯田線に乗ってきた その2 2日目前篇 鳳来寺山

2016-05-01 17:51:14 | 旅行・鉄道
2016年3月17日。 飯田線旅行2日目は午前中に鳳来寺参りをしたのち飯田線に乗り込み、 日本屈指の秘境区間を抜けて天竜峡付近にとった宿へと進みます。 鳳来寺山鳳来寺山へのアクセスは、車がないとちょっと厄介です。 車であれば鳳来寺山パークウェイで山頂駐車場まで登ることができるので楽ちん。 でも公共交通機関のみとなると本長篠駅から出ている路線バスで表参道の入口まで行き、 そこから本堂まで1400 . . . Read more
Comment

飯田線に乗ってきた その1 1日目

2016-04-06 02:17:53 | 旅行・鉄道
    今年度の仕事が終わって時間ができたので、また旅に出ました。 今回の旅行の目的はずばり「飯田線を乗りつぶすこと」です。 飯田線というのは愛知県の豊橋から長野県の辰野までを結ぶ、全長200km弱のローカル線。 最近4年の間にかなりの回数の国内旅行をしてきたものの、いまだ乗ったことのなかった路線です。 実はこの飯田線というのが、旅行に出るようになったきっかけとなる路線だったりします。 初め . . . Read more
Comment

160402 音無親水公園の夜桜

2016-04-05 18:43:39 | Photo
せっかくソメイヨシノが満開になったのに、関東はぐずついた天気ばかりでちっとも晴れません。 こりゃあ今年の桜撮影はダメかなぁとか思ってたところ、ピンと来た。 「夜桜だったら曇っててもそんなに問題ないんじゃないか?」 ということで、さっそく王子駅近くの音無親水公園に行ってきました。 うーん、何年撮っても桜の撮影って難しいですね。 . . . Read more
Comment

160325 新宿御苑

2016-03-27 14:38:01 | Photo
ソメイヨシノにはまだちょっと早いけれど、新宿御苑に桜を撮りに行ってきました。 ソメイヨシノ以外の桜が少しずつ咲き始めています。 PENTAX K-3 + smc PENTAX-DA50-200mm F4-5.6ED WR ISO-100 F9.0 1/250秒 花とともに葉が茂っているので、ヤマザクラの仲間でしょうか。 ほんの少し紅色をさした白い花が、青空に映えます。 PEN . . . Read more
Comment

伊豆半島を旅してきた その4

2016-02-01 18:07:06 | 旅行・鉄道
1月7日、4日目最終日は修善寺温泉からスタートです。 温泉街を軽く散策したら、バスで修善寺駅まで下りたのち、 先日世界遺産に登録された韮山反射炉を見学します。 まずは修善寺温泉の散策です。 修善寺というからには、お寺があります。 しかしお寺の名前は修「禅」寺。 それから、温泉街らしく手水の水が温泉でした。 もうもうと湯気を上げる手水なんて初めてです。 わさびソフトクリーム 静 . . . Read more
Comment

伊豆半島を旅してきた その3 天城越えから修善寺温泉へ

2016-01-23 18:34:39 | 旅行・鉄道
    2016年1月6日。 3日目は2晩過ごした弓ヶ浜をあとにして、下田、河津と移動し、そこから路線バスで天城越え。 最終的には修善寺温泉へと向かいます。 下田散策まずは弓ヶ浜からバスに乗り、下田へと移動です。 そして1時間ほど時間をとって、初日に歩くことができなかった下田市街地をちょっと散策。 これはペリーロード。 石倉やなまこ壁の残る、500mほどの道です。 ここはペリー提督が了 . . . Read more
Comment

伊豆半島を旅してきた その2 石廊崎散策

2016-01-18 18:37:35 | 旅行・鉄道
2016年1月5日。 旅行2日目は、石廊崎周辺を散策し、弓ヶ浜に戻ってまた星を撮るという行程です。 伊豆半島最南端の石廊崎と、その少し西にある愛逢岬も訪れました。 ●路線バスについて 路線バスでの石廊崎周辺へのアクセスについて。 下田~石廊崎港口間の路線は、日中に空白の時間があるものの、基本的に1時間に1本はあります。 ただし石廊崎港口から先、愛逢岬へたどり着くバスは午前中2本の午後1 . . . Read more
Comment

伊豆半島を旅してきた その1 下田・爪木崎

2016-01-14 23:13:00 | 旅行・鉄道
忙しい後期をようやく乗り越え、冬休みを迎えました。 また旅行の季節となったわけですが、47都道府県を回り終えてからあまり旅行欲がわきません。 特に冬は、天候の関係もあり見どころが少ない季節で、行き先に困ります。 って、これは毎年書いてますね。 迷った末に出た結論が「伊豆半島」です。 東京から近い割にまったく踏み入れたことがないから、というのが選んだ理由のひとつ。 そして、空が暗く星が綺麗に見 . . . Read more
Comment