れみ嬢のチュッチュラGo!Go!!

毎日がグリーンツーリズム。そんな日々の生活をお届けします。

久々の“学び”の時間

2017年04月20日 23時40分21秒 | おいらのお仕事
一昨年から2回ほどセミナーでお世話になった隣県のとある支部様より
今年もセミナー講師を依頼されたのは2カ月ほど前の事。
依頼された日に先約も無かったため、うっかり快諾したものの
そこから、おいらの講座準備の「生みの苦しみ」が始まり
先月半ばは、資料作成に追い詰められていたおいら

しかし、昔から、試験勉強をしなくちゃいけないと思うと
今まで気にならなかった汚れが気になり始めたり、大掃除を始める性格は今も健在で
先月末から大掃除&断捨離に 精が出ますた
そのお蔭で、気になっていた場所がスッキリ & 古着2袋をお店に売りに行ったら1500円の臨時収入を得たおいら

先月末に、当日配布してもらう資料をデータ送信してからは
今月に入ってからは、当日話しながらプロジェクターで映し出す資料作成をしつつ、並行して断捨離作業続投
(意地悪なおいらは、当日配布する資料よりも、説明しながらスクリーンに映し出す資料の方をより詳しく、
 そして、配布資料には、肝心な部分を“   ”と虫食い状態で配布しているのだ
 つまり、睡眠学習や、後から資料だけもらうと な部分が多い資料なのだ  )

前回行った2回のセミナー、そして今回も“楽しく学べる”という とってもハードルの高いお題をいただき
セミナーでいただいている4時間をどう使うか悩み
今回は、その中で行うワークショップで使う道具を前日に仕入れ

ようやく準備完了

先週、1年ぶりに行ってまいりますた
今回、セミナー準備の何が大変だったかって
今までは、それまで行っていたセミナー・講座の内容やワークショップを組み合わせたり
一部を新しい内容に組み替えたりしながら、その時の参会者に合うように変えたり
はたまた、おいらが講座を受講し、いい部分は取り入れるモデルチェンジ型だったけど
今回は与えられた4時間マルマル、全く新しい内容で挑んだ内容。
そして、仕事を辞めてから、依頼された分野のセミナー受講はしていなかった為、おいら独自で考えながらの講座内容
つまりフルモデルチェンジだったのだ
おいらにとってもドキドキの内容のセミナーとなりますた。

当日は、4時間の中に3つのワークショップを盛り込み


その後、懇親会にも参加させていただき
 
参会者の皆様方の、今の様々な現状や今回の講座について忌憚ない意見交換をしながら
どうにか無事(?)終了。
帰りの は、予定通り終着駅の盛岡で下車。
(一度、晴ちゃんが駅まで迎えに来てくれていたのに、寝過ごし、高い乗り越し料金を払った事があり
 それに懲りたおいらは、盛岡駅が終着駅の新幹線で、盛岡駅下車に乗るようにしているのだ。
 そのチケットを購入する時、いつも窓口の方に、もっと時間短縮できる新幹線を案内されるが
 現在の交通網の発達で、おいら、ヘタすると“気が付いたら北海道上陸”も可能性も十分ある

今回、この4時間の内容を行ってみて、少し改良の余地アリ
すなわちリコールの部分があるように思えたけど、今後おいらに講師を依頼する団体はあるとは思えないので
きっと「気になり掃除したい部分」だったけど、セミナーが終わり「それほど気にならなくなった乱雑な部分」が放置されるのと同様に
今回感じたリコール部分も、放置されるような気がする・・・・

そして今週末はおいらの着付けの師匠のかばん持ちで、作法の講座に同行。
2時間半、助手をしてきますた。
本当に久々の“講師”“助手”のお仕事。
今回ほど「生みの苦しみ」を感じたことは無かったけど
参加者の皆さんと共においらも“学び”の場となるこの時間、本当に貴重な時間ですた。
次回は・・・高齢の“生みの苦しみ”は、おいらも撃沈しそうだし・・・
と、どこも依頼なんてしてきていないのに、悩んでいるおいら
そして同時に“学び”はある程度まで行かないと“苦しみ”でしかないことを思い出した2カ月。
これからは、頭ではなく体を動かす“作業”を頑張ります
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おいら、再び “ウワキ”します... | トップ | おいら、桜の満開に立ち会う ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。