れみ嬢のチュッチュラGo!Go!!

毎日がグリーンツーリズム。そんな日々の生活をお届けします。

ドイツ下見旅行記 2日目~ヴィース教会編~

2017年02月13日 20時56分25秒 | 旅行
観光1日目の午後は、ヴィース教会【Wieskirche】へ
この教会は、18世紀に起こった「ヴィースの奇跡」といわれる伝説から建てられたカトリック教会
そして、宗教的にも芸術的にも非常に価値が高く、ユネスコの世界遺産にも登録され
年間100万もの人が訪れる観光スポットらしい。
おいら、知らなかったよ

そんな知識を、教会に向かうバスの中で聞きながら、昼食会場から30位で到着
この教会の名前となっているヴィースとは、ドイツ語で草原や牧草地と言う意味のようで
確かに、牧草地の丘にポツリと建っとりますた。

この教会は1745年から1754年にかけて
建築設計は名匠 ドミニクス・ツィンマーマンミュンヘンが担当
外観はシンプルだけど、中に入ると、華やかで壮麗
そして、ヨーロッパでも最も美しいといわれるなロココ装飾にあふれ、外観とのギャップに

大天井画
天から降ってきた宝石とたたえられている「キリストの再臨」を表現したフレスコ画

ミュンヘンの宮廷画家 ヨハン・バプティスト・ツィンマーマン作
写真上部、逆さまになっているのが、天国の扉
そして写真中央の虹に座っているのが、復活した イエス・キリスト なんだそう。

正面の荘厳な祭壇


その祭壇には、鎖で繋がれたキリストの姿「鞭打たれる救い主像」

1738年に涙を流した事で「ヴィースの奇跡」と呼ばれとります

そして左右の像
 

その手前には聖書、十字架がありますた
 

主祭壇の左側にある祭壇


天使


迫力ある彫刻の数々


中はお祈りする場所のみで、それほど広くは無かったけれど
お祈りする方もいて、厳粛な空気に包まれた空間ですた。

その後、一路ローテンブルクへ
途中立ち寄ったパーキングエリア

なんだか、オズの魔法使いに出てきそうなライオンちゃん に出迎えられ1枚

そして、日も暮れてた頃、ローテンブルクに到着。
部屋でホッと一息ついた後は、夜景散策に

マルクト広場で、市庁舎をバックに
 

木組みの家々
 
この  ると、ドイツに来たなぁ~~って感じ。

でも、残念ながら空いているお店は皆無。
ドイツの国民性は、日本人と同じ“勤勉”なんだけど、日本人と違うのは“メリハリ”がある事なんだって。
“仕事”をする時はするけど、しっかり休む。
終業時間も、18時が普通で、18時のチャイムで一斉に帰るらしい。
“残業=仕事が出来ない人”
Shopなんかも、観光客が来る書き入れ時でも、時間延長なんて野暮な事はしない。
そして、家族との時間を大切にするドイツ人は、“仕事帰りに1杯”なんてことはせず、
家に帰って、家族と一緒に の時間を持つんだって
飲み会がない生活、おいら耐えられるだろうか・・・ (o´д`o)。oO
だから、本当にウインドウショッピングとなりますた。

1年中、クリスマスの小物を扱っているお店

ヨーロッパでは大事なイベントである「クリスマス」
11月末~12月のクリスマスまで開催される「クリスマスマーケット」はドイツが発祥と言われ
ドイツ国内には150ものクリスマスマーケットが存在するらしい
そして、年中、クリスマスにちなんだ物を売っているお店もあり、ここはその1つ。
おいら、かれこれ20年ほど前、ちょうどクリスマスの時期に
ドイツのニュルンベルクのクリスマスマーケットに行った事があるけど
本当に驚くほど煌びやかで、出店数、お客さんで賑わっていたのを思い出しますた

ローテンブルクの名物のお菓子シュネーバル【Schneeball】のお店
 

英語でいえば「スノーボール」
細長いクッキー生地をこぶし大にまるめて油で揚げ、チョコレートやシナモン、粉砂糖などをまぶしたお菓子
想像しただけで甘そう
晴ちゃんとおいらは、翌日、このお店で、ドイツのパンを購入しますた

りんごチップスやオーガニックな食品を売っているお店

ここのお店は、19時過ぎていても珍しく開いていて、 チップスを試食させてもらいますた
程よい酸味で、おいらは結構好きな味。
ここは、 果樹園として購入しないという選択はNothing
「開いている店があるう~~~ 」という感動も相成って、早速購入。

心躍る、ソーセージたち

こういうお店こそ、もうちょっこし遅くまで開けてて欲しかった

ビアマグ専門店かな。

持って帰るのには重そう

そして、本日の夕食のレストランへ。

まずはお決まりの
ここでも、地元の小麦beerをチョイス


今回はポークがメインディッシュ

ドイツは、パンの次にジャガイモが主食となるそうで、
ジャガイモが、手を変え 味を変え カタチを変え 必ず出てくると聞いたけど
本当、かなりのボリュームでジャガイモが付け合わせについてくる

デザート

甘すぎず、美味しくいただきますた。

この食事の間に お代わりbeer

これは Tucher(トゥーハー)ビール

今夜の宿の部屋は・・・ちょっこし狭い

キャリーケースを広げるスペースを確保するのも大変

洗面所も狭いけど、可愛いタイル
 

バスタブが無いのは、激安ツアーで、それなりの の為ぢゃないかと
ようやく気が付いた 晴ちゃんとおいら・・・・
昨日同様、シャワールームで、各々自身の横への成長を感じた ですた。

明日は古城街道のドイツ最古の大学がある街 ハイデルベルクへ向かいます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ下見旅行記 2日目~ノ... | トップ | ドイツ下見旅行記 3日目~ロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。