れみ嬢のチュッチュラGo!Go!!

毎日がグリーンツーリズム。そんな日々の生活をお届けします。

最近のお料理

2017年07月12日 21時10分20秒 | 料理
おいら、料理をすることに苦痛は感じないけれど、〝やるのが当然(当たり前)”って思われると
突然料理をする事が苦痛になってくる、ちょっこし“ヘソ”が横っちょについている性格
このブログを して下さっている殿方の中で、そんな方はいませんか???
(対価“ ”を得られるなら、喜んでやりますよ 以前の仕事の考え方がこびりついているもんで・・・・

そんな、料理をすることが楽しかったり、気持ちが急降下したりのジェットコースターのような気分だった
ここ最近のおいらの をご紹介。

ここ数カ月、おいらの中でブームなのが「モウカ鮫」

高たんぱく&低脂肪のうえ、 にも優しいお値段
にはもってこいの食材。
この「モウカ鮫」、この半年くらいで、日常的においらが通うスーパーに鎮座しているのだ。

おいらは、これを、鶏のから揚げの代用にちょくちょく使用。
作り方は、から揚げと一緒。
参考までに、おいらの“洗い物少なく作戦”のから揚げの作り方をここでご紹介。
鶏肉のから揚げ同様、一口大に切り、酒、醤油、生姜のすりおろしをしたものに付ける事1時間以上(◆)


そして、ここでおいらの〝面倒くさがり”本領発揮
ここではスーパーなどで袋詰めする際、肉などを入れるビニール袋を2,3枚拝借してきたものを使用
その中に片栗粉を入れ


その中に、(◆)の鮫肉(時々鶏もも)を入れ


口を押えてフャッフル シャッフル

余った片栗粉はどうせ、再利用しないので、袋の口を縛ってゴミ箱へ

そして揚げるだけ

味はほぼ鶏もものから揚げと同じ。
強いて言えば、触感が鶏ももより弾力が無い気がする事かな。
でも、それを逆手に取ると、鶏ももと違い、繊維もそれほどないので、入れ歯のおばあちゃんも、簡単にかみ切れる
高齢者の食の幅を広げられる食材。
最近、晴  では、鶏ももよりも使用頻度が多いかも 

とある日は、春巻きをした翌日、余った春巻きの皮を用いて、簡単ピザ

春巻きの皮の上にケチャップ、とろけるチーズ、ピーマンスライス、トマトを乗せ
オーブンとスターで焼いた後、これでもか ってくらい、バジルを投入


余る前の“春巻きの皮”を使用した春巻きも
巻く前の具材に十分火が通っている為、火が通っているかの心配もする事なく
おいらの中では比較的安易な献立

また、カレールーを使用しないカレー
 
キーマカレーと雰囲気は似ているけれど、若干水分(とろみ)はあり。
そして、市販のカレールーを使用するより、断然カロリーオフ
でも、カレー粉の塩梅(入れすぎるとおばあちゃんが辛いと言うし・・・・)や様々な調味料の加減が
万人の舌に合うようにするには、けっこう試行錯誤が必要な気がして
面倒くさい事が嫌いなおいらは、晴 でフツーにメニューに昇格させるには難しい感じがして
もう、作らない予感の一品
つまり、“幻の一品”の予感がビンビン来ているのに、完成形(盛り付け) をしていないので
悔やまれる一品でもある。
(だからと言って、もう一回作るには、かなりのテンション起爆剤 が必要と思われる。)

そして、意外にも晴 に好評のアボカドのサラダ

今まで、ただわさび醤油で食していたけれど
ねぎやごま油などの薬味や隠し味を加えるだけで、劇的ワンランク上の味になる
最近、再びリクエストされるけど、ここ最近のアボカドの高騰を ると
簡単なのに、簡単に作れない複雑な事情があるのざます

そして、これはMy Brotherの引き出物のお茶漬けで
2袋しか入っていなかった為、晴ちゃんとこっそり
袋を開けてみたら、なんと真空パックの鮭が入っているお茶漬け 、初めて見たよ


お味も抜群

今までで一番おいしいお茶漬け

これからは、暑さのせいで冷たいものを欲する事が多くなるけれど
そうめん中心の食事って、炭水化物、脂質中心で
しかも1人前のそうめんはご飯一杯分のカロリーよりも高いはずなので
 では好まれていて、しかも簡単メニューだけれど、おいらはあまりやりたくないメニュー。

簡単をとるか、夏バテ防止&健康的なメニューをとるか・・・
また一つ悩みが増えた気が・・・
いくつになっても悩みが尽きない今日この頃

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またまた〝嫁っ子”  | トップ | 実りの時 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

料理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。