ハイツ黒猫

怪異画家として
妖怪画を好んで描いています。
そんな女性作家の日常と非日常。
日本画/妖怪画/妖怪画女性作家

ウッドバーニングはじめました の続き

2017-04-23 23:30:36 | 日記

少し前にウッドバーニングに模様を描き、
油漬けをしていた櫛が仕上がりました。



色がほんのり濃くなり、艶やかになりました。

夏のイベントに備えて様々な妖怪のバージョンを作っていきたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

骨董市探検 浅草ライヲン百貨店

2017-04-12 22:32:11 | 日記

以前から気になっていた、浅草ライヲン百貨店という
年2回行われる幻のような小さなアンティーク百貨店へ遊びに行ってきました。



ライヲンビルの外にも、お花のお店が出ててワクワクする雰囲気。







小さなビルの中にかわいいアンティークショップがちらほら。

階段の踊り場にアメスポット。



甘い揚げパンを食べました。



途中、音楽紙芝居も。



ビンテージのビーズバックを買って帰りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウッドバーニングをはじめました

2017-04-08 19:20:06 | 制作

以前から気になっていた、ウッドバーニングをはじめました。

熱々のはんだごてを使いながら木を焦がしていきます。

今回は、八咫烏と着物の模様を描きました。

いくつか試作品を作ってみたいと思います。




上手くいけば、6月の展示に発表出来ると思います。

どうぞお楽しみに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

30周年の世田谷美術館

2016-12-20 15:57:09 | 日記



世田谷美術館は、今年30周年という事で
わたしと同い年なのです。

というわけで行ってきました
「ぜんぶ1986年」
1986年 開館からの歩みや、
1986年に発表された絵画、社会のできごと を鑑賞し、世田谷美術館を堪能しました。

世田谷美術館は、砧公園という公園の端っこにあるんですが反対側の端っこの近くに住んでいた事があるので、当時開催されたほとんどの展示を見てきました。

子供の頃、身近な美術館過ぎてなんの意識もしてませんでしたが、改めて見ると面白い建物で。


砧公園も良いし。

穏やかに過ごしました。


過去の企画展の中で一番好きだったのは、秦の始皇帝展。

当時古代エジプトとお宝鑑定団が大好きでヒエログリフを嗜む小学生だった私に兵馬俑は衝撃的で、
その頃放送されていたスペシャル番組を夢中でみました。

なつかしいです。




こちらは
美術館の木から降りてきた、英国紳士のようなねこ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケット・シーの秘密と魔法の杖

2016-12-05 10:08:16 | 日記


最近、魔法の杖を新調しました。

杖の芯には猫王ケット・シーの髭を使い、
それをクォーツァイトやクォーツが取り巻いて、
アベンチュリン効果で杖全体がキラキラするんです。

使うのが楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加