すきっぷ

いつも ルンルン幸せな気分で過ごせますように~

草津旅行

2017-05-15 | 旅行

友人ご夫妻と草津へ泊まりで行ってきました。
毎年行っている草津温泉「ホテル・ヴィレッジ」です。

今回は、軽井沢へ寄りながら行きました。
はじめに 中軽井沢にある「軽井沢千住博美術館」に行きました。

2017年3月1日(水)~6月26日(月)までは
「千住博・春夏展」を開催中

駐車場から美術館へ入るエントランスがとてもおしゃれ、やはり軽井沢だからでしょうか?
館内は撮影禁止なので館内の絵画は勿論、西沢立衛氏の設計による館内を紹介できないのが残念です。

軽井沢の地形をそのまま利用して建てられスロープのような床やガラス張りの中庭?
何と表現して良いかわからないステキな空間に魅了されました。

そこに展示されている千住博氏の素晴らしい絵画が、より引き立っていました。





駐車場の向こうに ↓ を見つけ見せて頂きました。
この建物の周りもステキ!!でした。



軽井沢星野エリア ハルニレテラスは賑やかです。
私たちは通過して千ヶ滝方面へ向かいました。

滝までは遊歩道があるようでしたが距離が有りそうなので私たちは少し散策をしました。
登山の格好の人にも出会います。

良さそうなところなので何時か歩くつもりで来たいと思います。
周りの木々は新緑で綺麗です。



途中昼食をとり峰の茶屋、鬼押し出し園を通り
1時過ぎには、ホテルについてしまいました。
いかにせよ早すぎます。

車に荷物を入れたまま、いつも早朝散歩に行く森を散策することにしました。
何度も歩いている「ロイヤルコース」です。

ウッドチップの敷き詰められた足に優しい森の中です。
コシアブラが有りました。まだ小さいですが~~

友人と半分にして天ぷらにできるほどの収穫でした (*^^)v

睡蓮池にも行ってみました。家族連れもきています。
長閑ですね~~

山桜も咲いていました。 
気持ちの良い散策でした。



3時少し前になったのでチェックインしました。
10階の角部屋で良い部屋なのですが、ガスって視界が良くありません。

5時半に和食会席のコースが予約出来たので、ゆったり落ち着いて食べれそうです。
バイキングも好きなのが食べれるので悪くはないのですが、団体客や家族連れが多いので
ガヤガヤと落ち着きません。

食事の部屋は私たちともう一組だけでしたので静かで
お料理も頃合いを見て運んできてくれましたので美味しくいただきました。




2日目

早朝散歩コースは昨日歩いたので、行きません。
朝食をゆっくり食べ「チャツボミゴケ公園」へ寄りながら帰る予定です。

部屋から外を眺めると霧が立ち込めています。
気をつけて出かけましょう。




9時にチェックアウトをして出発しました。

「国指定 天然記念物」で中之条町六合(旧六合村)に在り強酸性に生育している苔です。
穴地獄から湧き出る強酸性の鉱泉に育まれたチャツボミゴケの群生は見事で、
鮮やかな緑一面の景色は神秘的です。

平成27年5月にラムサール条約に登録されその頃から脚光を浴びるようになりました。
今では観光バスでたくさんの観光客が行列をなしています。

私たちずっと前、ここへは山菜採りで通っていたところです。
その頃はめったに人に会う事もなかったのですが。。。





この苔は、根から水を吸い上げるのではなく水しぶきが当たると元気に生育する性質、
強酸性(魚が住めない)にも耐える不思議な苔
水量が少なくなると水しぶきが当たらなくなり苔が黒くなってしまうそうです。

この近くは、ツツジが群生していて咲きだすと(あと10日ぐらい先)オレンジ色の花に緑の苔でさらに美しく見えます。
(私たちはその季節にも来ているので見たことが有りますが)

観光客が多く木道を並んで見学しました。





帰りに寄った「道の駅 六合」で元村長さんからチャツボミゴケ公園ができるまでのいきさつや
かつて採掘(現在の穴地獄・チャツボミゴケ公園のあるところ)した鉱石をケーブルで太子駅まで運び
長野原ー渋川ー川崎まで輸送していたなど。。。とお聞きする機会に恵まれました。
お話を聞き長い歴史があることを知り、良い勉強になりました。 

また 今は廃駅になった太子駅跡が帰る途中にあると聞き寄ってみるつもりでしたが、
見つからず、またの機会に行くことにしました。

元村長さんにお会いしなければ眺めただけで終わっていたことでしょう。
一期一会

今回の旅行はお天気には恵まれませんでしたが、美術館も良かったし、
チャツボミゴケ公園も改めてみることが出来て良かった。

また行きましょう。
 

『温泉』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 敷島公園のバラ園 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL