長岡京エイリアン

日記に…なるかしらん

下駄をはいてない32代目、華麗に推参!!  ~『獄門島』2016エディション~

2016年11月20日 00時31分38秒 | ミステリーまわり
ドラマ『獄門島』(2016年11月放送 NHK BSプレミアム『スーパープレミアム』)
 32代目・金田一耕助   …… 長谷川 博己(39歳)
 16代目・磯川常次郎警部 …… 小市 慢太郎(47歳)
 金田一耕助もの長編『獄門島』の7度目の映像化
 ※本作は、金田一耕助が登場する映像作品としてはドラマ『金田一耕助 VS 明智小五郎ふたたび』(2014年9月放送 金田一耕助は山下智久)以来約2年ぶり、横溝正史の原作小説の映像化としてはドラマ『悪魔の手毬唄』(2009年1月放送 金田一耕助は稲垣吾郎)以来約7年ぶりの作品となる。
 ※『獄門島』の映像化としては、ドラマ『獄門島』(2003年10月放送 金田一耕助は上川隆也)以来約13年ぶりとなる。

主なキャスティング
鬼頭 早苗   …… 仲 里依紗(27歳)
鬼頭 月代   …… 堀田 真由(18歳)
鬼頭 雪枝   …… 秋月 成美(20歳)
鬼頭 花子   …… 吉田 まどか(19歳)
鬼頭 与三松  …… 山崎 銀之丞(54歳)
分鬼頭 儀兵衛 …… 古田 新太(50歳)
分鬼頭 お志保 …… 山田 真歩(35歳)
鵜飼 章三   …… 柳 俊太郎(25歳)
了然和尚    …… 奥田 瑛二(66歳)
了沢      …… 岡山 天音(22歳)
荒木 真喜平  …… 菅原 大吉(56歳)
村瀬 幸庵   …… 綾田 俊樹(66歳)
清水巡査    …… 山中 崇(38歳)
漁師の竹蔵   …… 谷田 歩(41歳)
漁師の梅吉   …… 八十田 勇一(51歳)
お小夜     …… 中西 美帆(27歳)
鬼頭 千万太  …… 石田 法嗣(26歳)
鬼頭 嘉右衛門 …… 瑳川 哲朗(79歳)

主なスタッフ
演出 …… 吉田 照幸(47歳)
脚本 …… 喜安 浩平(41歳)


《いや~おもしろかったですねぇ。本文マダじゃが、しかたがない。》
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飛騨が舞台で100億超えとは……... | トップ | ポップじゃないからポップア... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ただただヒドイ出来でした。 (Sahara)
2016-11-21 15:25:42
 情感もヘッタクレもない演出で、ちょっとガッカリ!? SFXの進歩で死体のリアル感は増したものの全然怖くない。因習に囚われた陰湿な日本の田舎の感じが出せないで、単なるサスペンスものになっちゃいました。
 長谷川博己の金田一耕助はアツくなり過ぎ、もっと押さえた演技ぢゃないとこのヒトの良さが出ないです。シン・ゴジラ等への出演で、デキる男の役が続いてますが、全然似合ってない。このヒトの真骨頂はダメ人間を演じたときに発揮されるので『家政婦のミタ』の優柔不断なお父さんや『雲の階段』でのニセ医者とかをしたら俄然イイ味が出せるのに、使い方を誤っているよね。惜しい!金田一耕助は探偵としては全くの敗北者(関係者がほぼ全員殺されてしまった後でしか解決できない)なので、そうした手遅れだった感をもっと出して演技するべきでした。
 あと『仲里依紗はキャラからしてどう考えても分鬼頭(わけきとう)の巴をするべきだよね』とか『奥田瑛二は住職にしたら生臭過ぎるよね』等、全体にミスキャストが目立った番組でした。
いや、ここは気長に!! (そうだい)
2016-11-22 01:50:55
 Saharaさま、実に的確なコメントをまことにありがとうございます!

 現在、仕事が忙しいという理由でなかなか本文を上げられないのが非常にもどかしいのですが、実はわたくしめは、今回の『獄門島』をけっこう好意的に受けとめているのです。
 それはとにかく今作が、市川崑監督がでっちあげた「金田一耕助=天使」の構図を徹底的に批判していること、この一点に尽きます。これだけでもう、100点満点! かといって、原作小説の金田一耕助が長谷川さんほど「悪魔的」というわけでもないとは思うのですが……
 言うまでもなく、市川ワールドの情感には全くかなわないわけなんですが、演出家はなんてったってあの『洞窟おじさん』の方なんですから、そこはわざと荒涼としたテイストにしたのでしょう。市川版の獄門島は事件解決後も「まぁなんとかやってけそう」な平和感があったのですが、今作はもう早苗さんが残ったところでなんともならず滅亡しそうな絶望感がありますよね。それはやっぱり、原作にもいたはずのコメディリリーフをあえて全く入れなかった判断があったからなのでしょう。清水巡査もそんなに親近感を沸かせないし、コミカルな刑事も出てこないし。

 長谷川さんの演技は、豊川悦司版金田一耕助を思わせる神経質感がありましたが、ちょっとまぁ、今回は復員直後で PTSDが残っているということで、だんだん探偵として生きる道に活路を見出していく長谷川金田一の冒険を見守っていきたいな、と感じました。次作ではもうちょっと穏やかになった彼が見たいですね。今作みたいな調子で『悪魔が来りて笛を吹く』は、やってほしくない! 重すぎる!!

 ともかく、実に7年ぶりに横溝原作が映像化されたということにはもう諸手を挙げて大歓迎しかありませんし、しかもそれが視聴率というものを一切考えていないような硬質なキャスティングと演出で制作されたという点を、私は高く評価したいと思います。
 だって、ジャニーズ系もAKB系もどこにもいない金田一耕助ものなんですよ!? もう最高じゃないですか~。

 仲さんの早苗さん……確かに仲さんが輝いていたかと問われればそうとは言えなかったわけなのですが、そこはそれ、新境地に果敢に挑んだのだということで……

 うん、分鬼頭の巴のほうが……
 え!? 巴って、巴御寮人は別の島のお方じゃないですか!? いやぁSaharaさま、あんたも好きねぇ!!
失礼しました。 (Sahara)
2016-11-29 11:16:41
間違いです(汗)。訂正します。

【誤】仲里依紗はキャラからしてどう考えても分鬼頭(わけきとう)の巴をするべきだよね

【正】仲里依紗はキャラからしてどう考えても分鬼頭(わけきとう)の後妻をするべきだよね

コメントは修正できないからツライです。

追記 今日から読者になります。よろしくです。
恐縮の至りです! (そうだい)
2016-11-29 23:28:17
 Saharaさま、ふたたびのコメント、そして読者登録、まことにありがとうございます!!
 もうちょっとしたら、なんとか本文を上げられそうな余裕が出てきますので……ご期待なさらずに気長にお待ちいただければ! 2016年版『獄門島』、申し上げたい事は山ほどありますので。

 間違いだなんて! 完全にあえてそう言われたジョークだと受けとめておりました。
 でも確かに、仲さんが巴御寮人の『悪霊島』は観てみたいです~!!

コメントを投稿

ミステリーまわり」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。