ままちゃんのアメリカ

家族の歴史、家族、アメリカ社会についての日々雑記と写真

日曜日の約束事

2017-08-13 12:00:00 | 家族

日曜日には教会から帰ると、必ず午餐をする。午餐、と日本語で書くと、大袈裟な感じだが、Sunday Dinnerである。普通の日の夕食はsupperで、夕飯、夕餉というところか。Sunday Dinnerは、大概ポットローストがメインで、オーブンで焼いたジャガイモ、温野菜、サラダ、ジェローサラダ、締めがお手製のケーキである。ポットローストでなければ、ハム、チキン、など。ケーキと言ったって、アメリカ的なケーキである。ポットローストメニューは夫も五人の子供達も大好きで、私にしてみれば、それが一番簡単である。朝教会へ行く前に牛肉の塊の周りをさっと焼き、そのままポットに人参と少量の水かビーフストックを入れて、華氏350度程度にオーブンをセットしておけば、帰宅するまでにはかなり料理されている。帰宅したら、子供の誰かが白いテーブルクロスをダイニングルームのテーブルに敷き、午餐用(日曜用)のナプキン、食器、シルバーウエア、タンブラー等セットし始める。二人の娘がサラダを用意し、昨晩作っておいたジェローサラダをテーブルに置く。息子の誰かが、レモネードや冷水のピッチャー両方を用意して並べる。夫は温野菜の支度をし、私はローストビーフをオーブンから出し、グレイビーを作り始める。

午餐だけに限らず、我が家にはいつも子供達の友人が、時には二、三人は呼ばれていて、食事時間は賑やかだった。食事時は、子供たちにその日一日どう過ごしたかを聞く大事な時間である。そういえば、末の二人の子供は、キンダーガーテンから高校卒業まで、一日とて学校を休んだことがなく、二人とも卒業式の際、表彰されたのだった。その度、ローカル新聞記者が電話をしてきて、パーフェクトアテンダンスの秘訣はなんですかと聞いてきた。ふと口をついたのは、「おそらく必ず夕食をともにすることでしょうか」、だった。鉄腕アトムでも、ドラえもんでもない子供だから、風邪や気分の悪い日もあったろうに、かなり根性を持って達成したのだろう。私は末っ子が小学二年の時仕事を始め、専業母親ではなくなったのだが、上の子達が下の子達に目をかけてくれていたのもあるだろう。

私自身も子供が五人いる両親に育てられたのだった。私は#4で弟が末っ子だった。そして食事についても似たような環境で育っている。なんだ、私は母親と同じことをしているのね、とよく思ったものだ。子供達は全員独立し、それぞれ家庭を持っている今、日曜の午餐は夫と二人きり、なわけではない。娘一家は殆ど毎週、時折隣の郡に住む長男一家もやってくる。孫用に、と仕舞っておいた子供達が小さな時の食器を使わせている。なかなか夫と二人で静か〜に、午餐をする機会はない。遠くの州に住む三人の子供達がそれぞれ家族を連れて来ると、大人だけで十二人、小さな人は五人、総勢十七人である。クリスマスがその時であるが、キッチンのテーブルとダイニングルームのテーブルとハイチェアとで、まるでレストランのようになるが、それはそれで楽しい。これで姉達が訪問してくれた時は、てんやわんやでも、かなり楽しかった。

医師でサーファーの隣人は、休みがあると、妻と娘二人を連れて即コーストへ発つ。一緒にサーフィングする家族はいつまでも家族、というのが彼の持論だが、うちの場合、一緒に食事する家族はいつまでも家族、だろうな。


 
孫の理想の食事
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DNA系図について再び | トップ | 愛情という材料 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。