吉田智子(片平智子)半身麻痺でも日々を楽しんで前進しているブログ

脳血管障害の後遺症で左半身麻痺になって6年経ち本当に好きな事リライトカラーの講座を全国で開催しながら、日々を楽しむブログ

2009年大晦日 ~これから満月です~

2009-12-31 11:16:37 | 気づき・感謝・感動

先日、お弁当を食べているときに

仲間の一人が言っていたことで

「知識を学んでいくことによって

 自分に智慧が授かっていく感じがして

 これも役立つかな?と思い

 色々な事に興味を持って学んでいるけど

 身になっていない感じがします・・・

 吉田さんはたくさんのことを学んでいるけど

 それをどうやって身にしているのですか?」

と聞かれました。

学ぶことはとても楽しいのですが、

自分と自分の周りの人に役立ってはじめて

学びを得ている実感があるな~と思い

学びをコツコツと積み重ねていこうと

数年前の目標にしたことを覚えています。

学ぶことって、年月が必要だと思ったからです。

身になっているかどうか?のチェック方法としては

今日学んだことをすぐにアウトプットしてみること。

テクニック的なものだったら、身近な人にすぐ使ってみる

知識だったら、今日学んだことで気づきがあったことを

すぐに身近な人に伝えてみる

そうすることで、自分の理解度がチェックできるから・・・。

そう答えながら、あらためて伝える環境があること

伝える仲間がいることに心から感謝しました。

このブログもその一つです。

今年もたくさんの方に訪れていただき心より感謝いたします。

ありがとうございました。

ここ数日、ブログを書く時間を作れずにいて

ブログ書きたいと心が渇望。。。。。

自分の感じたこと、得たことを

頭の中から、言葉として外に出してみないと

頭の中をぐるぐるめぐっているだけになり

自分の得たことが心でキャッチした確認ができない感じで、、、

なんらかの形で外側に表現をしてみる

特に言葉にしてみるということは

言語脳を使いながら、脳の認知を高め

どんな自分になりたいのか?

未来のビジョンが見えてくるのだなぁと感じます。

頭で考えているだけでは、決してわからないのですよね。

言葉にしてみて自分が驚くぐらい。

ネガティブなことも話すことで自分から離れていきます。

話すことで今の自分の等身大を客観的に知れるのでしょうね。

2010年1月1日からエネルギーが大きく変化するそうです。

今朝、主人に塩の会社をやっている社長さんから

メールが送られてきた内容もそんな内容でした。

> 2010年1月1日は満月(明け方)
> そして初日の出を迎えます。
> なんだか めでたいですね
>
> 12月31日は
> 夜9時ごろ月齢15です(満月、月齢15、15夜は微妙にずれます)
> お月さまを眺めながら
> 今年1年、できたこと、できなかったことが、
> あるとは思いますが、
>
> 普段、忙しいあなた
> 忙しいという字のように、
> 心を亡くしているのではないでしょうか。
>
> 月を眺めながら
> 今年1年を感謝し(良かろうが悪かろうが)
> 大きく呼吸をし、心を取り戻しましょう。
>
> 心も身体も、すっきり整理し(もちろん塩風呂)
> 新たな年を迎えてみてはいかがでしょうか。
>
> 『口は 人を励ます言葉や 感謝の言葉を伝えるために 使おう』
>
> 『耳は 人の言葉を 最後まで聴いてあげるために 使おう』
>
> 『目は 人の良いところを 見るために 使おう』
>
> 『手足は 人を助けるために 使おう』
>
> 『心は 人の痛みが わかるために 使おう』
>
> 『私を 助けてくれた人たちが してくれたことを 今度は 私がしよう』

今日一日も色々なドラマがあると思いますが

そのドラマで嫌なこと、辛いこと、情けないことなどがあっても

それら全て自分の幸せにつながっていることなんだ

と自分の心を探りながら

周りの人に、独り言でも、口に出して

得たことをしゃべってみましょう。

話すことで、自分のものになってきます。

満月は、思いをかなえていく象徴ですし

得たと感じたことがきっと種になり

2010年大きな実りになる事と思います。

感謝している自分ほど幸せな自分はないですね。

良いお年をお迎えください~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気が整った自分を感じる ~タッチフォーヘルスレベル2~

2009-12-26 23:59:49 | キネシオロジー(気と脳のバランス調整)

タッチフォーヘルスレベル2の講座を行いました。

気のバランス調整を行うタッチフォーヘルスですが

気が整った感覚が段々わかってくるのが不思議です。

2日間で行った講座ですが

一日目は、私もペアでバランス調整してもらえたのですが

二日目の今日は、人数の関係で私はペアでなれず

インストラクションするだけでした。

そのおかげで、一日目と二日目の違いを大きく感じました。

一日目の講座終了後は元気に溢れていましたが

二日目は、結構疲れていました。

バランス調整で、気があがり、元気になるのです。

人は苦手なテーマに対しては気が下がってしまいます。

苦手ではなくても、好きなことでも気が下がることはあります。

下がった気を上げるには、どんな方法が良いか?を

見つけることができるのがタッチフォーヘルスや

キネシオロジーです。

気が整うと一瞬、自分の整った気の状態を体感として

味わうことができるのです。

気の整った状態を何回も感じると

そこに戻ればいいことを

体も心も知ってきます。

それって、幸せの方向性が見つかる感じがして

とても素敵だと思います。

気づきが起こり、気づいたことを実現することに向かえ

幸せを引き寄せてくる。

そんなことができるタッチフォーヘルスは本当に素晴らしいのですが

まだまだ知名度も低く

多くの人が知りません。

とてももったいない感じがしています。

今回も自分つくりに素晴らしく役立ちました。

気が流れる感覚を味わい、

気が整った感覚を得る体験は

とてもとても心地いいですよ~

2009年の終わりに気を整え、

自分の目指す自分を体感できたことは

本当に良かったです。

今回一緒に学べた方々に心から感謝します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨーガ療法士に向かって

2009-12-22 23:21:33 | ヨーガセラピー(自分の内側を観る)

ヨーガ療法士に向かって学ぶ19回目の講座でした。

全部で20人の症例を作って、その中の1つを

来年金沢のヨーガ療法学会でポスター発表することになります。

今日はそのポスター発表の練習をしました。

今年8月から毎週水曜日、ヨーガ療法の実習を行ってきました。

ヨーガの前と後に呼吸数や心拍数

また、体、思考、感情などを記入してもらうのですが

4ヶ月のデーターを集積してみると

大きな変化が見られます。

明らかに、呼吸数や心拍数が少なくなっているのです。

これは、気持ちが落ち着いていることをあらわしています。

毎週ヨーガを60分くらい行うことで

明らかに自分の内側は変化しているのです。

内側の変化と共に

皮膚のトラブルや、コミュニケーションの問題や

自己表現の憤りなどは改善していくのです。

内側の力は本当に素晴らしいです。

自分も気づかないほど静かに

自分の外側を変化させていきます。

今日は変性意識についての講義もありました。

神がかりになる意識のことなのだそうです。

沖縄では結構よく聞く話です。

何か聞こえてきたり、見えたり

神の生まれ変わりだと言ったり・・・

スピリチャルな世界の話をするとしても

自分をちゃんと観ているのか?

ということが大切で、

変性意識の人は自分がわからなくなっているようです。

ヨーガは「変性意識状態」にならない

勧照 座禅 瞑想は癒しとしての変性意識状態

を引き起こす可能性が予測される

しかし、変性意識状態を制御する

もう一人の自己存在がいるから病にはならない。

と書物に書いてありました。

ヨーガを行うと自分を観ている自分を感じるようになるので

変性意識状態になっても

自分がどんな方向に向かっていけばいいのか?

見えてくるのです。

キネシオロジーも禅カウンセリングも

ヨーガの一つです。

1週間に1回とか、2週間に1回とか

決まったペースで行うことで

積み重なる内側の成長が見られると感じました。

内側の変化は自覚できませんが

明らかに、外側の行動、言動、態度に表れてきます。

自分が明確で楽になっていくのです。

自分を含め人の内側の変化を共に感じることが

私の一番の喜びです。

今年、ヨーガをコンパスで定期的に行えたことは

私にとっても成功体験でした。

来年も決まった周期で行うことを増やしていきたいです。

ヨーガ療法士のための講座もいよいよあと1回で終わりです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガンと告知されたらどうしますか?

2009-12-18 01:17:49 | 分子整合栄養学(病態改善)

人は歳を重ねていく中で、色々な体験をしていきます。

多少無理をしても、ずっと元気でいるイメージがありますよね。

40歳を過ぎて特に感じるようになったのは

体の変化です。

年々体が変化しているように感じます。

人の細胞は生きている間、スクラップ&ビルドしていると学びました。

骨も筋肉も皮膚も臓器も全ての細胞が

それぞれのサイクルで材料(栄養素)を使って

細胞を作り変えています。

そのサイクルが最も早いのが胃腸粘膜1日から3日、

骨髄も早いサイクルなのだそうです。

そんな細胞の作り変えが、あるとき誤作動が起こし

それは異形細胞となって現れます。

そしてその細胞が正常に戻らなかったら

異形細胞はガン化していきます。

ガンというと一部の人だけに縁のあるものだと思いがちですが

どの人の体にも加齢や過多なストレスと共に

ガンができ、ガンが消えるを繰り返しているようです。

正常な細胞が発ガン因子によって異形細胞になりガン化し、

ホメオスターシスの力でまた正常に戻ったりしているということです。

一人前のガンが作られるのに10年はかかっていると聞きます。

そして、人の強力な免疫システムを破って細胞が一人前のガン細胞になるのは

ガンにとっても至難の業なのだそうです。

そのくらい、人間の免疫システムは強力だということです。

以前は、ガンと聞くと得たいの知れない恐怖心がありました。

7年前に分子整合栄養学を通して、生化学を学び始めて

体のしくみ、病気のしくみがわかるようになってきたら

得たいの知れた異変細胞というとらえ方になってきました。

ガンと告知されると

確かに慌てるかもしれません。

しかし、このときこそ冷静に判断していかなければならないのです。

ガンは目の仇にされがちですが、

ガン細胞も自分の細胞が変化していったもの。

突然現れた得たいの知れない細胞ではないのです。

ガンと向き合い

事実を整理していくことがとても大切。

事実の中に感情が入り混じってくると

本当に自分にとってベストな選択ができなくなるのです。

人には避けられない宿命と変えられる運命があると

以前からよく聞いてきましたが

起こっている事実(ガンがある)が宿命で

変化となる選択(どこに向かってどんな意識で治療するか)

が運命となるのではないでしょうか?

分子整合栄養学の素晴らしさは

手術や化学治療をする際、

体の全身状態を血液の状態で詳しく調べる指標があることです。

手術や化学治療は体(細胞)にとって

とても大きなダメージとなります。

そのダメージは体力を消耗し、治療効果も低下させるのです。

できるだけ体力をつけて、しっかり治療することが

本当に重要だと感じます。

ガンと告知されたら

事実だけを正確に把握し

手術や化学治療が必要だったら

充分に耐え抜く身体予備能力

体つくりをすることが大切です。

それには栄養が第1の必須アイテムになると感じないわけにはいきません。

恐怖でいっぱいになり焦ると自分の治療選択というより

多くの人が混沌とした状態で手術や治療に選ばず進んでいきます。

知識もないし、ガンと聞くとなんだか急がないと

手遅れになってしまう気分になるからでしょう。

だからこそ、少しでも治療の選択を整理してあげられ

クライアント自身がベストな治療方法を選べる

お手伝いをしていきたいです。

ガンで人は死なない!

治療に対して自分の体力が追いつかずに命を落とすということ。

その意味が理解できるようになったのも

生化学を少しずつでも学んだからです。

分子整合栄養学勉強会は

客観性を持って自分の病気と向かい合うためにも本当に貴重です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16回目のクリスマスパーティ 東京

2009-12-13 00:47:14 | 気づき・感謝・感動

毎年恒例のコンパス南青山店のクリスマスパーティが

今年もセルリアンタワーホテルで行われました。

お声をかけるのはコンパスにご縁を持っていただいている

30人弱のお客さま達です。

白ワインで乾杯して

前菜→スープ→魚介→牛フィレ→デザート→コーヒー

南青山店のスタッフが書いたお一人お一人の紹介文を

司会の私が読みながら皆さんは美味しいお食事を始めます。

今回は南青山店のスタッフからの思いが熱く

読み応えのある紹介文でした。

全員を紹介したら、今年のテーマに沿って

テーブルで1年の振り返りを話します。

今年のテーマは

「人間関係でストレスに感じたときの自分の心の状態を振り返る
 ストレスを感じたとき、どんなことをしてケアしているのか?」

このテーマを考える時の参考にするのは、

この後全員で歌うテーマソングに続く内容になるようにしています。

お食事しながら、飲みながら、テーマと共に1年を振り返り

最後1時間くらいかけて27人

ひとりひとりの異なるシェアーを聞きながら

心に深く染み渡る時間を過ごします。

そして、2009年のテーマソング合唱。

今年は初めての英語の歌で、

やはりマイケルジャクソン

「HEAL THE WORLD」を選びました。

日本語訳を読むと本当に素晴らしいメッセージが含まれている歌でした。

 世界を癒すことは、自分の内側を癒すことだ

 自分の内側にある愛に気づくことだという

メッセージをこの歌から受け取りました。

ストレスからも実はたくさんの事を受け取っているのかもしれない・・・

何も無駄はないのですね~

毎年、本当に心が温かさで満タンなクリスマスパーティになります。

2009年も集まった方々の温かさでしっかり充電できました。

16回もお客様と共に過ごすこのクリスマスパーティを続けているなんて

本当に感謝でいっぱいです。

それも、南青山店のスタッフ、りょうたとはるちゃんが

お客様と築いてきている温かい変わらぬ関係があるからこそです。

本当に本当にありがとうございます。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加