吉田智子(片平智子)半身麻痺でも日々を楽しんで前進しているブログ

脳血管障害の後遺症で左半身麻痺になって6年経ち本当に好きな事リライトカラーの講座を全国で開催しながら、日々を楽しむブログ

感情を越える生き方を望んでいますか?

2009-07-29 00:39:26 | ヨーガセラピー(自分の内側を観る)

今日は、月1回のヨーガセラピストコースでした。

2年間のこのコースは、ヨーガの智慧をたくさん学びながら

ヨーガセラピーによるエビデンスを作っていくのも

このコースの内容になっています。

今日は、5人の実習者に5ヶ月間のオーム瞑想法を行い

実習前後のバイタルデータを発表する日でした。

なかなか、ヨーガの宿題を手がける時間を作れなくて(作っていなくて)

昨夜は、夜中までかかって、なんとか仕上げました。

宿題のために、データーをまとめるのはやはり本意ではなく

来月は、自分の研究のためにデーターをまとめていきたいです。

データ発表とは別に授業もあります。

今回の授業内容で、心に残ったことがありました。

ある物語の内容なのです・・・
 
  3人の異なる存在から質問された「父」←大いなる存在

  1人は神、1人は人間、1人は鬼

  「私は、これから人生をどう生きたらいいのか?」と

  その質問に対して父は一言「ダ(Da)」と言った

  その一言を聞いて

  鬼は、「Dayaa=慈しめ ということですね」と父に言った

  父は、「そうだ」と答えた

  同じ質問に対して人間は、「Daana=与えよ ということですね」と父に言った

  父は、「そうだ」と答えた

  神は、「Damana=自制せよ ということですね」と父に言った

  父は、「そうだ」と答えた

このやり取りを聞いていて、最初はピンときませんでしたが

一つの「ダDa」という言葉を聞いて、神と人間と鬼のそれぞれは

全く違う解釈をするのです。

自分の中で大切だと感じていることはその人の今までの行いの中にあるということです。

鬼は、日頃、人に迷惑をかけるので、逆に「慈しむこと」が大切と思い

人間は、日頃、与えてもらうことを欲しているので、逆に「人に与える」ことが大切と思い

神は、感情を越えることが、最も神に近づくと思っているので、自己制御が大切だと思ったという話です。

これから人生をどう生きたらいいのか?という質問に対して

それぞれが描くことは、自分の今までの生き方が背景にあるということを

つくづく感じました。

ヨーガセラピーは、外からのストレス、刺激に対して、強くなっていく

ヨーガを通して、そんな心と体つくりをしていくセラピーです。

今、症例を作りながら、コンパスでもキネシオロジーを取り入れた

ヨーガをスタッフ向けに毎週1回継続して行っており

私自身、コンパススタッフになんか変化を感じる今日この頃。

目標が明確になったら、ヨーガでバランス調整されるので

今まで留まっていた感情に対してもケアされています。

感情を越えた瞬間を感じれたら、とても気持ちいい。

自分の中から溢れるパワーを感じるから。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

意識のチェンジはビジョンの実現

2009-07-27 13:01:12 | 禅カウンセリング(愛とエゴ)

7月25日~26日は、東京で禅カウンセリングの中級、上級コースの

再受講をしてきました。

東京の暑さは、沖縄に比べて少し柔らかい気がしました。

3月から禅カウンセリングを学び始め、人に伝えていけるレッスンのために

毎月続けて禅カウンセリングのセミナーを受講しているのですが

少しずつ脳が変化していることに気づきます。

禅カウンセリングをマスターしたという目安は

自分の描くビジョンを実現していることですと

今回、石丸先生がおっしゃっていました。

禅カウンセリングは自分の望むビジョンをリアルに描くことに役立つ

素晴らしいアイテムです。

もし、そのリアルなビジョンを実現できないとしたら、

「実現を邪魔しているのは自分だけ!」

そうなんですよね~

明確に描けたビジョンは、必ず実現するという法則を体験しています。

禅カウンセリングをマスターすると、右脳と左脳のバランスがとれ

目指すことにストレスがないので、ビジョンを実現させるアイディアが浮かび、

行動がともない、実現するという感じなるようです。

私も3月から何度もテーマにしていることが数々あるのですが

振り返ってみると4ヶ月の間に結構叶っていることに気づきました。

自然に叶っていくので不思議です。

25日の夜は、初の禅カウンセリング体験会が行われました。

今回、禅カウンセリングを知らない方で、親子関係の大きな問題を持っているAさんが

クライアントとなられて、石丸先生がカウンセリングをするという体験会となりました。

その方の問題は・・・
    中学2年生の娘が、言うことを聞かず、怒ったらクソババァーと
    暴言を吐き、Aさんの髪の毛を引っ張って手に追えない

    石丸先生  いつからですか?
    Aさん   小学5年生の頃からです。

    石丸先生  どうなっていたらいいですか?
    Aさん   娘が自分の言うことを聞いて穏やかになってくれたらいい

    石丸先生  カウンセリングやセラピーの法則は、人を変えることは
          できないということです。娘さんが何も変わらないとして
          自分を変えるとしたら、どうしたいですか?
    Aさん   私が家から出ていって、娘が困るしかないです。

    石丸先生  そうですか、家を出たらいいのですね。そうすることを
          ご自分は今幸せに感じますか?
    Aさん   幸せではないです。そうしたらいいかわかりません。

    石丸先生  娘さんが今の状態になった心当たりは何かありませんか?
    Aさん   今、反抗期ということもあると思いますが、
          それだけではない気がします。今まで厳しく叱ってきた
          ということもあるかもしれません。

    石丸先生  いつからですか?
    Aさん   2歳の時から言うことを聞かなかったら、パシッと娘を
          叩いていました。

    石丸先生  今、どんな状態になると娘さんは暴言と暴力になりますか?
    Aさん   娘の話に対して私がアドバイスをすると、自分のことを
          わかってくれないと言って暴言、暴力になります 

    石丸先生  アドバイスをするとわかってくれないと言って暴言、暴力に
          なるのですね。それを続けていくのですか?
    Aさん   間違っていることは、娘に私が教えないといけないし、でも
          続けてはいけないとは思います。

    石丸先生  続けないとしたらどんな方法がありますか?
    Aさん   わからない???

対人関係のストレスの場合、相手が変われば自分の問題は解決すると、

無意識に思っているケースは多く

相手に変わって欲しいという目線のうちは、全く問題は解決しません。

それは、外側に答えがあると思っているから見つからない

と石丸先生はおっしゃいます。

では、自分をどう変えたらいいのか?という視点になってから、

自分の内側を見つめ始めるのですが、それでもなかなかすぐ答えは出てきません。

しかし、自分の内側を見つめ始め、矛盾点をカウンセラーが整理していくだけで

段々と答えが見えてくるのです。

どんなに複雑な、大変な問題でも、解決したいと望んでいるその人が

自分の内側を見つめると必ず答えが見つかっていくのです。

そのプロセスをリアルに見せていただきました。 
    
    石丸先生  では、Aさんが娘さんに対して行える事は、
          どんな選択肢がありますか?どこを変えたらいいのですか?
    Aさん   1.私が家を出るか?
          2.世間のルールをまず私が置いて、娘と楽しく同じものを
           観て笑える時間を過ごすか?です。

    石丸先生  Aさんにとってどちらが幸せな選択ですか?
    Aさん   家を出ることは最も辛いことなので、
          娘と同じを物を見て楽しく笑って過ごすことから始めてみます。

禅カウンセリングは、クライアントに一切アドバイスをしないカウンセリングです。

だから、必ず、その人のパワフルな答えが出てくるのです。

Aさんの中から、今一番自分が幸せだと感じる選択が出てきたとき

自分がどんな対応を娘にしたら、自分が幸せなのか?

描けているように見えました。

自分の外側を見つけている時は、決して描けず、また出てこない言葉でした。

この体験会のおかげで、とても学びの多い2日間となりました。

写真は、最後に石丸先生が受講生にプレゼントしてくださったポストカードです。

ポストカードであらためて見るオバマ大統領に、もの凄いパワーを感じます。

明確さパワーなのでしょうか?

禅カウンセリングを受けると、意識の「チェンジ」が起こります。

東京で、8月15日16日と禅カウンセリング初級コースがスタートしますよ~

なかなかない機会ですので、セラピスト、カウンセラー、管理職、母、父などの方々

お盆ですが、ぜひ予定が合えば受講されてくださいね。

必ず役に立ちます。

カウンセリングで明確になった後のセラピーは、クライアントにとって効果10倍以上です。

問い合わせ tokyo@con-pers.co.jp  03-3401-6044(担当:宮城)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皆既日食と新月の願い

2009-07-21 10:57:48 | 気づき・感謝・感動

昨夜、スピリチャルマスターちゃーちゃんからメールが来ました。

7月22日までに全部許してください。
皆既日食は、それまでの古いエネルギーシステムが死ぬ日。
再び太陽と月が離れた時は新しいエネルギーシステムが始まります。
死と再生のリセットの儀式です。
22日に生まれ変われるように、古いものは全部終えておくということです。
あなたが作り上げてしまったカルマを消すためには、
他人があなたに行ったカルマを許せばいいということです。
理由なくです。あなたが他人からされたことは、したことだからです。
カルマの連鎖を止めるために、あなたで、ここで、終わりにしましょう。
他人のカルマを許す、他人からされたカルマを許す。
あなたにされたカルマを許す。
これがカルマを消す最高の方法です。
汝、自分を自分で傷つけし。人を恨むと幸せは絶対手に入りません。
命はひとつです。
嫌いにならないで人と接する。
許すのは一体性を体験するために、最高の霊性修行。
神は全体でひとつだからです。』
2009年7月22日、日食が起こります。
日本では、全国で部分日食を観察することができます。
また奄美大島北部、トカラ列島(注1)、屋久島、種子島南部など、
皆既日食帯と呼ばれる細長くのびた地域・海域内では、皆既日食を観察することができます。
皆既日食になると、太陽のまわりにはコロナが広がって見られます。
また太陽表面から吹き出ている赤いプロミネンスなども観察することができます。
まさにダキニカードのソーラーリターンの時ですね。
しかも、11時35分●新月と重なるという超ミラクルな日。
この奇跡の日に、新月の願い事ができるのも素晴らしいですが、
ソーラーリターンのエネルギーフィールドをシャクティーで満たし、
世界のすべてが新しく輝きに満ちた再生を迎えることができるよう
祈ることも素晴らしいですね。リセットの大チャンスの時です。
22日の日食で、人生や運命のリセットを完了したい方は、この日までに、
いらないものや事、終わらせたいこと、すべて捨ててしまいましょう!
実際にいらない物を片付けるのもいいし、意識でやめたい習慣に
光を送り続けるのもいいかもしれません。
自分なりに捨てるということを意識して、整理していくことが大事だと思います。
捨てられるものは捨て、やめたいものはできる限りやめる!
シャクティで満たし続けましょう。きっと、すごいことが起こります!
この日に向かうエネルギーの場に乗って、手放しするということを学ばせてもらえるのですね。
そして、皆既日食当日、シャンティに過ごし、すべてを宇宙に神にゆだねられると素晴らしいですね。
ちなみに東京では4分の3くらい、日食が始まるのが9時55分33秒、
日食の最大時は11時12分58秒です。
オームやガーヤトリーなどマントラを唱えながら過ごされてもいいし、
ただただ、シャンティに瞑想してこのソーラーリターンのエネルギーフィールドに浸りきっていてもいいと思います。
皆さんにとって、素晴らしい再生が訪れますように・・。God Bless You.

なのだそうです。

なんだか、明日は凄い日のようです。

この内容を見た人は、何かの縁です。

魂が変化を望んでいるのかもしれません。

目標設定をしてセッションするのも最適な日かもしれません。

「許せない」という言葉から思い出されることをテーマに

私も今日中にリリースしようと思います。

テーマを思い浮かべて、その内容にXという文字を貼り付ける事で

リリースできますよ。

強力なリリースをご希望の方はコンパスまでいらしてくださいね。

そして、明日は新月。

明日12時30分以降23日5時までにお願い事をしてくださいね。

22日夜はコンパスハーモナイズショップ(沖縄)でブレインタッチヨーガ(無料)行います~

23日夜は、禅カウンセリングの練習会(受講生のみ)を南青山で行います~

何が起こるか楽しみです♪



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

治療のパラダイムシフト ~KYB25周年講演会~

2009-07-17 10:24:56 | 分子整合栄養学(病態改善)

昨日7月16日木曜日、沖縄で25周年記念講演会が行われました。

栄養素を使って病態の改善を行う分子整合栄養医学は、ライナスポーリングが提唱した栄養療法です。

分子整合栄養療法をKYB運動(自分の体は自分で知りましょう)として25年前から日本に伝えてこられた金子先生(メイン写真)が

久しぶりに沖縄で講演会をしてくださいました。

15日に来沖された際、バランスリーコンパスにも立ち寄ってくださり、

「世界中の一流スパに僕はいくけど、このお店は決してひけをとらないね~」

と大変嬉しいお言葉をいただき、とてもとても嬉しかったです。

キネシオロジーのバランス調整に使う、音叉にも大変興味を持たれていて、

金子先生の治療に対する幅の広さにあらためて感激しました。

金子先生を師として、分子整合栄養学を学び7年になります。

ドクターも難しいと言われる金子塾に毎年参加し、学問は少しずつ積み重ねないと得れないと思いながら大切に学んでいます。

しかし、学問を学んでも、周りの人の役に立つかどうかはわかりません。

大切な周りの人たちに得た知識を役立てるには、十分なカウンセリングの後、知識を智慧として活用しなくてはいけません。

KYB25年の活動の素晴らしさは、知識が智慧となり、多くの人に役立ったエビデンスがあることです。

3万人の会員数を持ち、医療に+分子整合栄養療法を使って、今までにない成果を出しているエビデンスは凄い。

それは、「医師」:「患者」:「コーディネイター」という3つのスタンスをとっていることで成果を出しているのです。

コンパスもそのコーディネイターの役割をいただいて5年になります。

コーディネイターは、専門的なドクターの治療方法を、患者サイドの目線となって

患者がスムーズに治療を選択し、治療し続けていけるようにヘルプしていく

また、患者の意向や不安などを医師に伝えて、医師の考えが患者にスムーズに伝わるように治療内容などを説明する

そして、治療に必要な栄養療法の相談を受ける

コーディネイターの役割があってこそ、患者の望む治療をスムーズに行えるように考えているのもKYBです。

自分や自分の家族が病気になった時、治療方法を選択できるほど知識がないし

また、自分のやりたい治療方法を見つけてもそれを行ってくれるドクターがいないのが現状。

そんな患者目線の丁寧な治療を、分子整合栄養医学を基に行ってくださる医師が今では多くなり、

まさに医療のパラダイムシフトが起こりつつあるのを感じます。

今回は、KYB渋谷クリニック院長の宮澤賢史院長と西原にある玄米クリニック森田悦雄院長も

講演してくださり、分子整合栄養学を使って治療されている臨床現場での内容を話してくださいました。

宮澤先生が、渋谷クリニックというところは、

クリニックというより、医師と患者とコーディネイター(ディレクター)の話し合いの場です

とおっしゃっていたことに印象的で、医師の立場でありながらコーディネイターとも話し合って、

患者さんの病気に取り組んでいこうとされていることに感激しました。

そして森田先生は、今まで自分の医療は自己満足だったが、

これからは分子整合栄養学を用いて、患者さん主役の医療をやっていきたいというお話でした。

志だけでは、なかなかできないことだと思いますが、そういう医療を実践していこうとされている森田先生は本当に素晴らしい。

こんな先生が沖縄にいらっしゃることに心から感謝しています。

懇親会も大変温かく、楽しい時間でした。

懇親会での宮澤先生とヨッシー(夫)のまるで兄弟のような2ショット



これからも、大切にこのKYB・分子整合栄養学の治療法をお伝えしていきたいです。

今後、この分子整合栄養学を学ばれたい方、自分の体を管理されたい方など

まずは、コンパスでKYBのメンバー登録をされ、少しずつ学ばれてください。

自分と家族の将来にとても役立つと思います。














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビジョンサークル ~

2009-07-13 19:48:06 | キネシオロジー(気と脳のバランス調整)

土曜日、日曜日は、ビジョンサークルを受講してきました。

ブレインジムというキネシオロジーの中にあるワークで

ビジョンを広げる、ビジョンを叶えるために、その感覚を開く内容になっています。

ブレインジムは、5年前、フェイシャルリフレクソロジーの資格を取った際、知りました。

学習障害を持った子供たちにもバランス調整を行えるキネシオロジーです。

治療家とクライアントというスタンスではなく

人と人というスタンスで大人のバランス調整、

子供とだったら、遊びながら体を動かして、結果バランス調整

という内容なので、多くの人の役に立っています

これから、私はインストラクターになるのですが

症例をつくっていかなくてはいけません。

無料モニターに興味のある方はお知らせください。

リアルなストレスや、いま痛みのある方、

苦手な事があってできるようになりたい方など

お問い合わせください。

今回、ビジョンを高く持つことで、大いなる力を借りることができる

そんなメッセージをビジョンサークルで得ました。

ビジョンを叶えるために、

道具が必要(文章力、パソコン力、お金に対してなど)

道具が揃ったら、コミュニケーション

伝える、受け取るがお互いの間でスムーズであること

これらのことを問題なくやれることばかりではありません。

ストレスを感じることも多いですよね~

そこで、ビジョンサークルに出てくるエクササイズを自分で行うのです。

体操のような面白い動きですが楽しい動きです。

エクササイズ後の私の脳は、感覚的に変化していました。

私のビジョンも明確になりつつあります。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加