吉田智子(片平智子)半身麻痺でも日々を楽しんで前進しているブログ

脳血管障害の後遺症で左半身麻痺になって6年経ち本当に好きな事リライトカラーの講座を全国で開催しながら、日々を楽しむブログ

なるほどザ・アーユルヴェーダ

2007-05-30 08:57:25 | 気づき・感謝・感動

私は10年くらい前から、生活スタイルの見直しのためにアーユルヴェーダに興味を持ち、少しずつ取り入れています。

私の前世がインド人だったからなのか?(ちなみに南インドで医者をやっていたようです)とてもアーユルヴェーダやヨーガの哲学に惹かれます。

アーユルヴェーダは5000年の歴史を持っている壮大な智慧の宝庫で、医学、栄養学、哲学と様々な分野で作られています。

昨日、今日とあらためてアーユルヴェーダの基礎理論を学んでいます。

以前ブログにも書いた、クリシュナ先生の授業です。

1日目は、「病は食から」ということを強くメッセージされました。

何を食べるか?の前にどのように食べるか?が大切だと強く話されていました。

食事をする際は、食事に集中して食べる、味、食材、食感などを十分に味わいながら食べることがとても大切なのだそうです。

胃は副交感神経優位の臓器です。リラックスしていないと消化酵素も出てきません。

だから、メールしながら・・・考え事しながら・・・お喋りしながら・・・では副交感神経が優勢にならないのでしょう。

ポイントは、今食べた食べ物の材料、味付けなどを言えるくらいに食事に気持ちを向ければいいそうです。

そして、作ってくれた人への感謝と共に

当たり前のことのように思えますが、日常ほとんどできていませんよね。

早速、生活に取り入れてみようと思います。

アーユルヴェーダには宇宙の法則の智慧がキッシリと詰まっています。

アーユルヴェーダと聞くと、ゴマ油、シロダーラなんて思う方も多いのですが、行為を単に取り入れるのではなく、その行為にある背景の意味を理解し、自分の今に活かせることを取り入れることが大切ではないかと思います。

それは全ての事にも言えることですね。

私たちが生きている生活のなかで、健康は目的ではありません。

自分を知り、自分はどんな人間になりたいのか?をみつけ、その目標を掲げた時、心も体も魂も健康でなければその目標は達成できないことに気づくのです。

だから健康になることが必要その健康を心・体・魂の各側面からサポートしてくれるのが「アーユルヴェーダ」なのだそうです。

そんなアーユルヴェーダの教えが、私の胸の奥に活力を与え、ピッタリフィットして、目指すものを明確にしてくれます


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体のメンテナンスをするには自分の体を知る

2007-05-27 08:23:31 | 気づき・感謝・感動

母が3年ぶりの体の徹底検診受けに東京にやってきました

父がなくなって5年・・・その当時の母は不定愁訴も多く、痩せて、体力のない状態でした。

それからずっと、分子整合栄養学における栄養療法を行い、もの凄く体力がつき、動き過ぎて困るほど元気になりました。

今回は、渋谷にある分子整合栄養医学を元にしたクリニックで、詳しく今の体を診てもらうエコー検診を受けるために上京しました。

そして思いがけなく、色々な体の発見がありました。

76歳の母は、元気で自覚症状は何もないとはいえ、離れて暮らしている私としてはこれからも元気に過ごしていって欲しいと懇願しているわけです。

そのためには、今後の予防のために焦点を当てたケアをしていかなくてはなりません。

特に老人は肉体の消耗も大きいので、単にサプリメントを摂っていればそれでいいということでもなく、今の自分の体の状態に合わせた栄養素を必要量で摂らなくては意味がありません。

今のところ母は特に病気があるわけではないのですが、今回の検査のおかげで、今後問題として起こりえるポイントが明確になり、凄くホッとしました。

母も今後のやるべきことが見えて良かったらしく、目標に向けた栄養療法を再度張り切って始めています。

来月は、私の住む沖縄にもこの分子整合栄養医学を元にしたクリニックができるので、沖縄に住みながら詳しい検査ができそうです。楽しみ~

病気になり、病院のお世話になることがある際、どんな治療法で病気と向かい合っていくのか?の選択が日本は少なすぎて、矛盾を感じます。

そんな中、沖縄&東京に、安心して治療を選択できる病院があることは、この上ない喜びです。

現在の病院によくある3分間診療の状況だと、今の自分に必要なメンテナンス方法を見つけられるどころか、正確な病態まで見逃してしまいます。

病気だから、病気でないからという問題ではなく、[Know Your body]で自分の体をよく知り、知識を得たものを、知恵にし、キチンと将来を見据えた予防的治療やケアの必要性を痛感します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KYB運動が世界に表彰されました ~分子整合栄養学~

2007-05-23 09:08:36 | 気づき・感謝・感動

先週の土曜日、恵比寿のウエスティンホテルで、祝賀会に参加しました。

日本のKYB運動のパイオニア「金子先生」が、分子整合医学会に殿堂入りし、2007年ベストオブドクターに選ばれたという二つの栄誉ある賞を受賞されたお祝いのパーティでした。

23年前、分子整合栄養医学を元にした学問「分子整合栄養学」をアメリカから日本に持ち帰った金子先生はKYB運動(Know Your Body)を立ち上げ、素晴らしい日本語の教科書をご自分で作り、その教科書を使ってコツコツと一般の人たちに専門的な知識を教え続けてくださいました。

金子先生の素晴らしかったことは、それを単に学問として終わるのではなく、血液検査を元に、分子整合栄養学におけるアプローチで病態の変化を確認しながら、積み重ねた20年近くのエビデンス(実績)を継続的にたくさんお持ちだということです。

今回、カナダで行われた受賞式は、その実績が讃えられたものでした。

今までのKYB運動を通して経験した色々な方のお話などを聞きながら、私はこの祝賀会中ずっと、胸が熱くなりっぱなしで涙が止まらず、会の最後にはすっかり脱力感でした。

自分と自分の家族の体は、自分で守ることができる知恵を与えてくれたこの分子整合栄養学に出会えたことに、私は心から感謝の気持ちでいっぱいです。

写真は、今は亡きライナスポーリング博士と若き日の金子先生

朗報金子先生の待望の沖縄講演会が6月14日に開催されます。
テーマは「ストレスと栄養」まさに、楽しみな内容です♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨーガ療法による呼吸

2007-05-19 10:29:38 | 気づき・感謝・感動

呼吸は、人間の有意識と無意識の両方にアプローチしてくれる唯一の生体機能です。

今日は、心臓の心拍数を早くしたい!血圧を低くしたい!などと思っても、もちろん自分の意志ではコントロールできません。

意識にしても同じで、今できないことを出来るようになりたい!といくら頭で望んでも簡単にできるようになるわけでもありません。

しかし、呼吸は、自分自身でコントロールできます。腕や足の筋肉のように!

人がストレスを受けているときの呼吸は速くなり、リラックスしているときはゆっくりですね。

ストレス意識が強い時は、意識してまず呼吸をゆっくりしていくと、段々ストレスを受けている思考までゆっくりと速度が落ち、判断力を司る脳との連携もうまくいくようになり、ストレスも軽減されるようなのです。

確かに、ゆっくり呼吸していくと心が落ち着いてきます。

今日4回目のヨーガ療法「インストラクターコース」でした。

一日中呼吸の話と実技でした。

しかし、呼吸法は、本のマネをするものではなく、危険な呼吸法もあるようで、知識のあるインストラクターから学ばないといけないようです。

ヨーガのポーズは、見よう見まねでもいいみたいなのですが・・・

呼吸って何も考えないでやっていますが、肉体、精神、魂まで動かす奥の深いものなのですね



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストレスに敏感?それとも鈍感?

2007-05-16 16:27:25 | 気づき・感謝・感動

さて、自分は、ストレスには敏感になったほうがいいでしょうか?鈍感になった方がいいでしょうか?

どちらも、一長一短ですよね~

私が目指しているストレスへの希望は、目指せ鈍感!
しかし、既に感じているココロやカラダへのストレスは埋もれないように敏感に気づいていこうと思っています。

ストレスという言葉は、当たり前に聞くようになってきましたが、ストレスを悪者にしているケースもよくあるな~と感じます。

「あなたって、ストレスだらけですね~」と言われたら、なんかいい気分は確かにしないかもしれませんね。

しかし、実際、ストレスは悪いものでも良いものでもありません。

ただ単に、起きているストレス反応は、カラダとココロの不調和を表しているだけです。

ある意味ありがたい

自分の内側からやってくるメッセージですものね

何も感じなくなったら、自分をどの方向に向けたらいいのか?成長させる目安がなくなってしまいます

小さいストレスでも見逃さないでキャッチして、それを幸せな方向にシフトさせることができたら・・・

それができるキネシオロジーに出会えて本当に幸せです

さっき、私が昨日感じた大きなストレスを見つけて、先日TFHレベル1を終了した嘉数にタッチフォーヘルスをしてもらいました。

昨日は見えなくなっていた自分の未来の道が、また戻ってきた感じです。

キネシオロジーのおかげで、ストレスが嫌ではなく、見つけたい気持ちになり、常に自分の幸せの方向を教えてくれる、案内人のような位置になってきました。

ストレスに対してありがとうが言えています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加