吉田智子(片平智子)半身麻痺でも日々を楽しんで前進しているブログ

脳血管障害の後遺症で左半身麻痺になって6年経ち本当に好きな事リライトカラーの講座を全国で開催しながら、日々を楽しむブログ

習い事

2006-07-29 08:52:31 | 気づき・感謝・感動

昔はそんなことなかったのに、社会人になって、自分を磨きたい意識が芽生えてきて、自分の目指す生き方がなんとなく見えてくると、なんか学びたくなりませんか?

学生の時は、学ぶことに楽しさなんて感じなかったのですが、歳を重ねてスクールやセミナーに参加すると学べることにワクワクしている自分がいます。はじめて学ぶ事の楽しさを知った気がします。
それはきっと、自分で選択した事を学ぶからなのでしょうね~

今朝、最近登録したサイトから配信されてきたのですが、ネットのカルチャースクール版ができたようです。
興味あるカテゴリを選ぶと、動画で教えてくれるのです。おまけに無料
凄い時代になったものですね~
家に居ながらにして、仕事のちょっとの合間に、自分の興味ある内容を自分のペースで学べる!まさに、時代にマッチしているのかもしれません。

私もこれからじっくりいろんなカテゴリーをチェックしていくのですが、なかなか面白そうでワクワクします。http://www.unself.jp

興味ある方は、チェックしてみてください。もしかしたら、私とクラスメイトになっているかもしれませんね~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キネシオロジーのストレスケア

2006-07-24 12:14:28 | 気づき・感謝・感動

キネシオロジーを本格的に学び始めて、昨日で120時間を終了しました。
学べば学ぶほど、深く面白い世界です。
今回のセミナーは、感情について深く学びました。日々の生活を、人生をいかに楽しいものにしていくか?は、感情のコントロールや、いつも癖のように無意識に出てくる感情の処理が、大きく関わっているということは、コンパスを通してつくづく今まで感じています。
ホリスティックトリートメントも、マインドカラーも結局はそこに一番焦点を当てていて、その人に合わせた方法が見つかればいいな~と願い、日頃、その方法を探しています。
今より人生を幸せにしたければ、自分が日頃描く感情(思い込み)が変化するだけでいいのです。それだけで自分が感じる人生は大きく変化するからです。
その一つの方法としてキネシオロジーは、またまた素晴らしい~
筋肉や体にあるポイントから自分の意識にもアプローチしていけるからです。
もちろんフェイシャルリフレクソロジーもその一つですが、誰にでも日常自分自身でできるキネシオロジーを私は今、学んでいます。来年から一般の皆さんにセミナーとして伝えていきたいと思っていますので本当に本当に楽しみにしていてください
取り急ぎ、7月30日(日)のマインドカラーフォロー3(東京)には、このキネシオロジーも登場させますので、ご期待ください

私が国際キネシオロジストになるまで最低4ヶ月はかかりますが、実践を含めた猛勉強を続けてとにかく楽しくがんばります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリートメントからの気づき

2006-07-17 23:54:57 | 気づき・感謝・感動
コンパスは、サロンプロデュースも行っています。

4人のお母さんだったTさんが沖縄市にサロンをOPENして2年目となりました。
Tさんのサロン立ち上げは、最初から私が担当させてもらい、「お母さんと女性を応援するサロン」というコンセプトも一緒につくり、それに合わせた技術、知識の個人スクールも受けていただきました。Tさんが描いてこられた想いが本当に素晴らしいナチュラルエステティックサロンとして形になったのです。
今日は、そんなTさんが何か相談があるということだったので会うお約束をしており、丁度今月はTさんのバースディ月だったので、バースディトリートメントもお誘いし、コンパスではまだデビューしていないスペシャルコースを私担当でさせてもらいました
ストーンフェイシャルとフェイシャルリフレクソロジーを組み合わせた100分スペシャルコースです
あらためてストーンのパワフルさと、フェイシャルリフレクソロジーの開放感を私自身も感じながら行えた充実時間でした

トリートメント終了後、Tさんとランチしながら、「何か相談があったのですよね?」と聞いたら、「さっきトリートメントを受けて全て解決しました」とTさんがおっしゃったのです
私にとって、その言葉は何より嬉しい言葉に感じました

理屈ではなく、体に働きかけて、心を前向きに、シンプルにすることが、トリートメントを通してできたら・・・セラピストとしてとても目指すところです

自分の選択したいことをちゃんとキャッチできるTさんの事をあらためて考えると、仕事はじめる時に自分の人生のコンセプトも一緒に立てられたのかもしれません。だから何か迷っても自分の戻る場所をちゃんと知っているのですね

使命を持った仕事は、本当にたくさんの事を気づかせてくれます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FIFAワールドカップからのメッセージ

2006-07-10 10:48:58 | 気づき・感謝・感動
台風も沖縄からサッサと立ち去り、話題のワールドカップも終わってしまいました。
私は全くサッカーファンでもなく、試合を見ているとドキドキし過ぎてずっと見ていられないくらい小心者ですドキドキ・・・・
しかし、サッカーの経過だけはとても気になり、ニュースを録画までして追っていました。(小心者の私にとってはニュースのダイジェスト版が丁度良いのです)
何でそんなに気になるのか?というと、勝敗ではなく、試合中のドラマや展開、選手の表情など、なんかチーム全体の気持ちが見える気がするからです。

決勝戦もジタンが頭突きで退場になりましたね~何かあったんでしょうね
皆がって感じた事だと思いますが、それも人生!なんかジタンにの思いにもなりました。

今朝のNHKのニュースでも、3人の有名人の方がコメントをされていてとても心に残りました。
1人目のコメント…今回のワールドカップを見ていてドンドン各国の選手にハマっていった。ひざ下ソックスなのにタイツのように長く見える長身の選手の素早い動きだったり、凄いパワーでゴールを守り抜いていくキーパーだったり、色んな国の選手の動きや表情が目に止まり、それらの選手たちをよく観察したりしているうちに世界旅行した気分になった
2人目のコメント…日本の戦い方に不甲斐なさを感じた。チャンスが来てもピンチになってもどちらの時も精神力が弱いために活かせず、自分が責任を持ちゴールするという意志を持っている選手がいないために、ゴール前でボールを回しているだけに見えた。負けてもいいのだけど、負け方が大切なのだ!日本の教育問題から見直さなくてはならのでは?
3人目のコメント…なんと言っても注目はジタン。34歳というサッカー選手にしては高い年齢で、体力的にも限界のようにも思えるが、歳を重ねたからこそできる華麗なテクニックをたくさん私たちにみせてくれて、その実力は決勝戦までフランスを導いた結果であり、その内容は「ジタンの最後のプレイを観たよ!」と世界中の人たちが今後自慢として語れるものになった

今回のワールドカップからたくさんの感動とたくさんのメッセージをもらったのですが、やはりジダンの動きが私も印象的で、歳を重ねる事は華麗さを身につけることができ、歳を重ねる事は結果に深さを増し、歳を重ねる事は生き方そのものが人を感動させるのだと、心のヒダに浸みわたりました

ますます歳を重ねることが楽しみです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加