relaxin's

思いついたままに。気が向くままに。

ブルース・ブラザーズ

2005年02月12日 04時05分23秒 | 写真、旅
アメリカ横断の道程にて。
ジャズ発祥の地でもある憧れのニューオリンズでの一コマ。

観光客で賑わう広場の一角で、二人はご機嫌なブルースを披露していた。
足で地面にノックしながらリズムをとり、
声色で空気を緊張させたり緩和させたり、
とにかくそこには独特な世界、ひろがりがあった。

悲壮感はなにもなく、飾り気もない。
言ってしまえば、かなりぶっきらぼうなパフォーマンスだが
不思議と人を引き止め、惹きつけるものがあった。

歌い終わると、ギターの男は観客たちに捲し立てる。
「さあ、金だ、金をよこせ」と。
それはあまりにもぶっちゃけすぎてやいないか?
観客たちは笑いながらも、目をそらしはじめる。

ある女性がつかまり、セント(小銭)を取り出そうとすると、
「ヘイ!5ドル分の価値はあるぜ!」
みたいな突っ込みを受けたりしている。

それがなければなぁ…
なんて僕なんかは思ってしまうが、
彼等にしてみれば、
それがなければよぉ…といった感じなのだろう。

収めた写真では、音を再現することはできないが、
それでよかった気がしてくる。むしろそれが。

乾いた空気感から伝わってくる、足音やしゃがれ声を
掠れゆく記憶の中でリプレイしてみる。
掠れた音が鳴る。
きっと来年はもっと掠れた音が鳴るだろう。
記憶にも年をとらせたい。



コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーダースーツ | トップ | 骨折り損 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
後日談 (relaxin's)
2005-02-12 04:21:34
帰国後、何気なく英語の教科書を眺めていると、なんとそこにこの二人の写真が!



単に教科書の挿絵的役割で

この二人が出ているだけだったが、

にしても奇遇。



有名なんだろうか、はたして。

「街ではちょっとした」レベルなんだろうが、変な再会を果たしたもんです。
Unknown (rai)
2005-02-18 16:36:09
これ自分って写真撮ったん?!

すごいねーーー。

RAIも写真撮ってるよ

写真っていいよね。

年もとるけど写真もとる (relaxin's)
2005-02-19 02:26:16
写真は自分で撮って、焼いてます。

いや、正確には焼いてました。

大学の頃はあからさまな暗室目的で

写真部にも所属してたから、夜忍び込んで

朝まで焼いてたりしました。

モノクロしかできないけど。



最近じゃあ焼くことができないから写真そのもの

から遠ざかりつつある。いかん、遺憾。



レンズはともかく、目にカビが生えないうちに

埃をはらってやらなければ。



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL