ぺんぺん草のひとりごと

何気ない日々のこと、ふと気になったこと、
そんなこんなを、気負わず、気ままに、思いつくまま・・・

ホウレン草のお味噌汁 と、言うことは・・・

2017年01月30日 16時31分02秒 | ウチ猫




休日ぐらいは、まともな朝ご飯を食べたい。



今日のお味噌汁は、ホウレン草~



そんな土曜日の朝の出来事。



いつもご訪問頂いている方々には、
きっと見当がついていらっしゃると思うのですが・・・





洗って置いたホウレン草を、当然のように食べるミオ。

「ちょ、ちょっと待ってよ あげるから~」





もう、どんだけホウレン草好きなんだ~。



ハイハイ、どうぞ召し上がれ。



うん、ムサシにもあげるね。





美味しいですか~?







かなり奪われてしまいました・・・


『猫』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足フェチなイチロー | トップ | アキチ食堂の梅が咲いた! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わ~い、美味しそ~♪ (鳶助)
2017-01-30 18:26:18
シャケに、メンタイ、サラダもあり~で、めちゃくちゃ美味しそうじゃん♪
近所だったら、お呼ばれしたいわ~♪

相変わらずのミオちゃんにムサシくん!
ヘルシーだけどね~♪
そのうち、ムサシくん、味噌汁ごと飲みそうじゃん (^^;
鳶助さん、こんばんは。 (なずな)
2017-01-30 19:09:29
こそ~っと冷蔵庫から出しているんですよ。
大根や、トマトなんかには反応しないのに、
ホウレン草を始め、レタスや水菜を取り出すと、
いつの間にかやって来ている二人組。
匂いがするのかな~?
不思議です。
Unknown (大自然の法則)
2017-01-30 23:45:32
『盲亀の浮木』
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、合計4人。
このようにさかのぼって考えてみましょう。 
10代前を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと約100万人!!
そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
そのように考えてみると、先祖の大切さがわかり、お墓の重さがわかります。
先祖に手を合わせて感謝しましょう。
おはようございます。 (麻乃)
2017-01-31 08:39:27
エエっ!!
猫ってほうれん草たべるんですか?

知らなかった、、。

ウチのルビーにも試してみるかな。

今日、頑張ってきますね。
アドバイス凄く嬉しかったです。

有難うございました。

コメントを投稿

ウチ猫」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。