ぺんぺん草のひとりごと

何気ない日々のこと、ふと気になったこと、
そんなこんなを、気負わず、気ままに、思いつくまま・・・

実家発掘品 ~法螺貝~

2017年02月11日 11時08分22秒 | 実家の片付け


床の間の辺りの発掘を進めていると、
その姿を現した物体。



はぁ~
『木彫りの熊の置き物』的な、
貰っても邪魔になる土産物だな~

手前のが『法螺貝(ホラガイ)』なのは分かるけれど、
奥の貝は不明。
ちょっと調べてみたら、
『唐冠(トウカムリ)』と言う貝に似てたけど・・・



勝手に処分するには、目立ち過ぎるので、
一応、母に確認。

お母さん、これ要るの?
    『それは、〇〇(母の実家)から、
     わざわざ貰って来たのよ
何のために?
    『・・・・・・』
処分していいでしょ、コレ。
    『・・・沖縄の、なのよ』



祖母の物だったのだろうか?
それとも、曽祖父の物か・・・?



曽祖父は、戦前、内地からのお役人として、
沖縄に赴任していたらしい。
だから、祖母は、女学生時代を、
沖縄で過ごしている。

この大きな『法螺貝』が、
どう言う経緯で、母の実家にあったのか、
それはわからないが、
母にとっては、
祖母や曽祖父に繋がる思い出の品なのか?
 


処分は、見送りだな~。



それにしても、デカい



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風水・・・!? | トップ | 日曜日の午前中 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
立派だね~♪ (鳶助)
2017-02-11 18:12:15
お母さんのお母さん達の思い出だもんね~
沖縄って覚えてるんだから、それなりに大事なのかも ……
なずなさん、大変だね~
くたびれない様にね~
反省 (ume)
2017-02-11 21:14:23
立派な貝ですね。
これは躊躇しますね。
思い出の品は扱いが自分でも大変。
難しさが、伝わってきました。
わたしも自分の片付けしよう…
鳶助さん、おはようございます。 (なずな)
2017-02-12 10:17:27
思い出のあるモノだ、と、匂わされると、
なかなか処分できなくて、困ってしまいます。
弟は、「母さんがいなくなってから、一気にやるしかないよ」と言うのですが、
私はスッキリとした空間で暮らして欲しいのです。
私の、独りよがりなのかな~?
umeさん、おはようございます。 (なずな)
2017-02-12 10:24:44
価値感は人それぞれだから、
自分の考えを押し付けるのは、
マズイとは分かっているのですが・・・
『思い出』と言うモノは、特に難しいですね。

コメントを投稿

実家の片付け」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。