ぺんぺん草のひとりごと

何気ない日々のこと、ふと気になったこと、
そんなこんなを、気負わず、気ままに、思いつくまま・・・

『金継ぎ』 その4  完成!

2017年08月26日 11時51分00秒 | 日記


4月に依頼していた『金継ぎ』やっと出来上がりました



4ヶ月かかりました。



欠けていた時の状態です。





私の完成予想図は、こんな感じだったのですが・・・



ほぉ~



へぇ~



うぅ~ん・・・

20年程前に3000円位で購入した器を、
6000円かけて『金継ぎ』で修復して頂きました。
これを、お高いと思うか、安いと思うか・・・
人それぞれでしょう。
私は、大満足です。



本日、早速の出番です。



辛子明太子を乗っけ~



土曜日限定の朝ご飯のひととき。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゆで卵を綺麗に切る! | トップ | 秋刀魚好きなムサシ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キレイですねぇ・・・🐵。 (Mobile)
2017-08-26 12:07:22
金継ぎはとてもキレイですねぇ‼
コストパフォーマンスは疑問ですが。
江戸時代は焼き継ぎという方法で茶碗やお皿を再生してたそうです。
ものを大切にするのはイイことですね。
Mobileさん、こんにちは。 (なずな)
2017-08-26 13:01:09
そんなに上等でもない器を、6000円もかけて修理するなんて、
馬鹿ですよね~(笑)
あるところで、三つ足高台すら知らない人に、
東南アジアからの輸入品と言われ、
ムキになったかもしれません。
でも思い入れのある器、これからもずっと使い続けたいのです。
なんということでしょう~♪ (鳶助)
2017-08-26 14:19:16
だよね~ ( *´艸)

高くても、一生もんだから、いいんじゃん♪
なずなさんをムキにしてくれた人にも、感謝だねー (^○^)

いつも朝食、美味しそうだなー (´ρ`)
鳶助さん、こんばんは。 (なずな)
2017-08-26 22:42:49
やっと出来上がって、私のもとに戻って来てくれました!
うれぴ~(死語?)

同じ作家さん、窯元、探して見たけれど、
そんなに著名な方のでもなさそうで、
じゃあ!と金継ぎで修復。

もう、割らないように、気を付けま~す。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事