歴史は語る

フェイスブック「史跡探訪の会」「おおさか維新にエールの会」もよろしく。

歴史は語る・承平・天慶の乱

2015-01-19 05:23:03 | 例会・催事のお知らせ



四十四、「承(じょう)平(へい)・天慶(てんぎょう)の乱」将門の乱

天慶二年に平将門の乱が勃発した。関東で起こった内乱。下総・常陸の一族間の私闘を繰り返する中、平将門が常陸の国を焼き払って、次々に勢力を広げ下野・上野まで国府を襲い国司を追い払い、自ら新星と称し、坂東各地の受領を任命するまでに至った。
その後勃発する純友の乱と合わせ「承平・天慶の乱」と言う。
関東の承平の乱が収拾に向かっていた頃、西国では不穏な動きが出てきた。
瀬戸内海では海賊の被害が多発し、従七位伊予堟藤原純友は海賊の討伐に当っていた。所が承平六年頃(936)には伊予の日振島を拠点に千艘を組織する海賊の頭目になっていた。
純友が説得し、鎮圧した海賊は朝廷の人員整理で職を失った富豪層出身の舎人たちが多くを占め、税収の既得権を主張し通行税なる物を徴収していたようである。
純友の配下は海賊鎮圧後も、瀬内海地域に土着させられ、武功勲功認定で失地回復を狙っていた者が、受領たちの自分たちより高い身分に武功を横取りされたりして快くは思っていなかった。
赴任する中央の受領の搾取の対象に成ったりし、任国の受領支配に不満を持つ者ばかりであった。
純友に関していえば父の従兄の藤原元名が承平二年から五年にかけ伊予守であったという。
天慶二年(939)純友は部下の藤原文元に備前介藤原子高と播磨介島田惟幹を摂津国須岐駅に襲撃させた。
それも残虐な鼻を削り捕え、妻を奪い、子らを殺したと言う。
この事件に朝廷は驚愕し、共鳴するかのように将門が謀反を起こしたのかと恐れた。
朝廷は天慶三年(940)小野好古を山陽道の追補使、次官に源経基を任じた。
朝廷は東国の将門の乱に兵力を集中させていたので、取り敢えず純友を懐柔を図り従五位を授けたが、純友には歯止めがきかなかった。
その内純友の情報が次々増幅されて京にもたらされた。
純友が淡路島の兵器庫を襲撃し襲っていると言う知らせが都の届き、京の各地に放火が相次ぎ、小野好古は「純友は船に乗り都に上りつつある」という報告を受けて朝廷は京へ襲撃をするのではないかと、宮廷の十四の門に兵を配備、藤原慶幸が山城の入り口に派遣し都への警護を固めた。
この一連の放火と純友の関係は定かではないが京では疑心暗鬼に陥っていたことは確かだ。
折しも将門の討伐が完了されたと言う報告が届き、この知らせに動揺したのか純友は日振島に船を返した。
これは将門の討伐が落着し、その兵を西国の純友討伐に差し向けられることが可能になったからである。
東国からの、兵が召還され兵が帰京するや朝廷は純友討伐に積極的になり、藤原文元・子高襲撃犯として追討の令が出された。
朝廷も東西同時の事変に困惑したが、将門の事変を解決した自信の勢いで純友討伐に集中することが出来る様になった。
一方純友は四百艘で出撃し、伊予国、讃岐国を襲い放火。備前國、備後国の兵船百艘を焼いた。そこから長門国を襲撃って、官物を掠奪した。
二カ月後大宰府と追討の兵が純友軍と戦い、これに純友軍が敗れ、周防国も襲われている。さらに土佐国幡多郡も襲撃をした。
天慶四年(941)純友軍の幹部の藤原恒利が朝廷軍に降り、それを期に朝廷軍は純友軍の本拠地日振(ひぶり)島を攻めてこれを破った。
純友軍は西に敗走、大宰府に入り占領する。純友の弟の藤原純乗は九州は柳川を攻め、大宰府権師の橘公頼の軍に浦池で敗れた。
一方朝廷側は小野好古率いる官軍が九州に到着し、官軍は陸路から、海路から攻めた。純友は大宰府を焼き、博多湾で迎え戦った。
純友軍はこの戦いで大敗し、八百艘が官軍に奪われた。純友は小舟に乗って伊予に逃れるが翌月には警固使橘遠保に捕えられ、その後獄死したと伝えられている。

※この頃相応する様に将門と純友が中央に不満を持って反旗を簸(ひ)るが下については、地方に活路を見いだそうとするもの、都から下級役職として赴任させられたものが、赴任先の富豪受領者や国衙との軋轢に、また赴任先の地方の官僚脱落者らの不満を吸収し勢力を増大させて一気に都の対する対抗勢力になった。
また地方の治世に手薄で支配の及びにくい不備を突かれた型となって表れて事変が噴出したようである。
双方の事変は赴任先の親族が少なからず関わり、将門の場合関東に活路を見いだした土着した親族の者との支配構造に争うが周辺を巻き込んでいった感があって、事態が大きくなるにつれ中央に対抗勢力に変化していった。
また純友の事変は、取り締まる者が、捕えられる側にまさに下剋上の世界である。何れにせよ地方の不満勢力を吸収し朝廷の対抗勢力になって行ったようである。
とりわけ掾が土着した役人との利権争いに、鎮圧に差し向けられた官人や兵らの鎮圧後、御用済みで放置、行き場を失った浪人が純友に活路を求めて集団化し海賊に変化した。時代に阻害された者の吹き溜まりの様なものだった。
またこう言った動きは「もののふ」武士の台頭となって領地を持って国主になっていた基になったのかも知れない。

★平将門(?~940)平安の武士、桓武天皇の曾孫の高望(たかもち)王(おう)の孫。鎮守府将軍平良将の子。身内の女を廻る争うで、叔父国香を討つ、坂東で新星の王朝を打ち立て、関東の諸国を除目し領地を与える。当初不満を持つ土着の豪族の反目を吸収しつつ勢力を拡大して行った。
★興世王(?~940)平安期の地方官『将門記』によると武蔵国権守の時に、同国足立郡司の武蔵武芝と対立し、平将門との調停で和解した。
新任国守百済貞連と対立して将門の下に身を寄せる、将門の常陸国府の襲撃後、坂東各国襲撃を促し将門新星即位後の受領除目で上総介となった。
◆受領は本来は国司の交替に際し、後任の国司から職務の引き継ぎがあって、完了した証明書を受け取ることで「受領」とされて来た。
国司が遙任の時は介、権守が受領となった。また留守所が成立し受領は常駐せず、目代を派遣して代行させるのが一般的である。
また家司が受領を代行することもある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

著書紹介・『古事記が語る古代の世界』川村一彦著・新刊

2015-01-18 08:30:19 | 例会・催事のお知らせ

>◎『古事記が語る古代の世界』【改訂版】川村一彦著・昭和28年1月発行・A5版288頁・@1800円
日本人の古代や起源を解くにあたり、「記紀」を無くして語ることはできない。
特に『古事記』の「奇想天外」な神話の世界に、一つ一つに古代の謎を解く鍵が秘められている。驚天動地の説話の展開にも古代史実への暗示がある。また『古事記』が献上されて1300年、今、改めて『古事記』を読み解くことで、古代社会の情景や心情、時代の趨勢と背景を、徐々に解き明かされて行くと思われる。@1800円送料、振込当方持ち。hikosann_3926@1.zaq.jp…TEL,FAX06-6935-3322
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◎著書紹介・『古事記が語る古代の世界』川村一彦著・1月発行

2015-01-18 08:27:45 | 例会・催事のお知らせ
◎『古事記が語る古代の世界』【改訂版】川村一彦著・昭和28年1月発行・A5版288頁・@1800円
日本人の古代や起源を解くにあたり、「記紀」を無くして語ることはできない。
特に『古事記』の「奇想天外」な神話の世界に、一つ一つに古代の謎を解く鍵が秘められている。驚天動地の説話の展開にも古代史実への暗示がある。また『古事記』が献上されて1300年、今、改めて『古事記』を読み解くことで、古代社会の情景や心情、時代の趨勢と背景を、徐々に解き明かされて行くと思われる。@1800円送料、振込当方持ち。hikosann_3926@1.zaq.jp…TEL,FAX06-6935-3322
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歴史が語る・43・承平・天慶の乱

2015-01-07 05:12:13 | 例会・催事のお知らせ
四十三、「承(じょう)平(へい)・天慶(てんぎょう)の乱(らん)」将門(まさかど)の乱(らん)

平安中期、ほぼ同時に起きた関東での平将門の乱、瀬戸内海で起きた藤原純友の乱が起きた。
関東に起きた乱は、当初身内同士、平一族の私闘(土着豪族同士の勢力争い)からから端を発した。
桓武天皇の曾孫の高望(たかもち)王(おう)は平姓を賜わって臣籍に降下した。平は都にいても何の展望もないので活路を見いだすために下総介になって関東に下った。
この将門の乱は活劇を見るような奇想天外な展開をして将門が敗れて幕を閉じるが、この混乱を見ても如何に、この時代に朝廷の東国の統治が未整備かが窺い知れ、受領と国衙の軋轢が複雑な利害関係が生じていたかが窺える。
この上に複雑な荘園(しょうえん)制度(せいど)と重なって、国衙の力が低下していたか理解が出来る。
その頃は受領に対して地方の富豪層の抵抗への鎮圧の任に当り、その武功を朝廷に認めさせ失地回復を図ったものと考えられる。
高望らは武芸(武士)に坂東の治安維持を期待と委託をされていった。
関東各地に所領を持ち土着をした。身分としては、安定した権利を有する所領と異なり、毎年告がと公田の一部を経営請負として契約を結ぶ形での保持する不安定な所領だった。
高望王の子の一人平良将は下総国佐倉に所領を持ち、その子将門は京に上がって官人として出仕し、また摂関藤原忠平の従者ともなっていた。
父良将が早世したために帰京した所、父の所領の多くは伯父の国香や良兼に横取され、将門は下総国の豊田に本拠にして力を保持、培った。
この頃、女論(女関係、女沙汰)によって不和になった。どうやら源護の娘、良兼の娘の巡る争いが起きた。また一説にこれらの娘を娶ることを望んだが適わなかった。
また一説に良兼の娘を妻にしていたが、源護の息子が横取、横恋慕(よこれんぼ)をしたといった話も有って、女を廻る争いが原因で、源扶(たすくふ)、隆、護(まもる)の三兄弟は常陸国野本に陣を敷き待ち伏せたが、これを将門は打ち破り、さらに常陸国の石田にある伯父の平国香の館に火を放ち攻撃をかけ、国香を討ち取ってしまった。
国香の息子の貞盛りは京に上がって出仕していたが、左馬充になっていたが、事の次第を知って帰郷するが復讐より和睦を望んでいたと言う。
三人の息子を将門に討たれた源護の恨みは根深く、婿の平良正に訴えた。良正は本拠地の常陸国水守で兵を集めて将門の本拠地に向かって兵を向けた。
将門もこれに応戦、鬼怒(きぬ)川(がわ)沿いで合戦となって将門が大勝利をした。良正は兄の良兼に助勢を訴え、これを承諾した良兼は貞盛を説得し味方につけ大軍を動員し良正、良兼らと合流し、南下し豊田を攻める体勢をとった。
一方将門は百騎を率いて出陣、連合軍は将門に先手を取って攻めかかったが、必死の抵抗に一旦は退却した所、将門の本隊が到着し、連合軍は総崩れになって下野国国府に逃げ込んだ。
将門は国衙(こくが)側(国府、国衙は国の出先機関で国衙役人がいた。)に将門の正統性を認めさせ豊田に引き上げた。
その後、源護の訴えにより平将門に朝廷から召喚状が届いた。将門は直ちに上京し検非違使で尋問を受けた。朝廷は微罪として将門に恩赦が出され将門は東国に帰った。
同年、またもや良兼は軍を起こし、下総国と常陸国の境界の、子飼の渡しで高望王と将門の父の良将の像を押し立てて攻め寄せた。
これには将門軍も士気喪失し退却した。
勝機に乗じた良兼軍が将門の豊田に侵入掠奪狼藉の限りを尽し、将門の妻子を捕えてられてしまった。
すぐさま態勢を整えて将門は迎撃し打ち勝ち良兼は筑波山に逃げ込んだ。将門は藤原忠平に良兼の暴状を訴え、朝廷から良兼の追補の命が下り、良兼軍と転戦したが、良兼は失意のうち病死をした。
将門側の攻勢に身の置き所が無くなった平貞盛は東山道を経て京へ上がろうとする。
将門は朝廷に告訴されるのを恐れた百騎を率いて追撃、信濃の千曲川付近で合戦となって貞盛側は被害が甚大、かろうじて身一つで逃亡し、上洛をした貞盛は将門の暴状を訴え、将門に召喚状が出された。
貞(さだ)盛(もり)は東国に帰っても将門に追い回され、以後東国を流浪するのであった。
天慶二年(939)武蔵野国に赴任した権守、興(おき)世(よ)王(おう)と介源経基が郡司武蔵野芝と争いになった時に、将門は仲裁に乗り出した。結果和解させたがその詳細は分っていない。
その後、武芝の兵が経基の陣営が包囲され経基は逃げ出して、京に到着した経基は将門興世王、武芝の謀反を訴える。
将門の元主人の藤原忠平が事の次第を調査するために使者を東国に送った。これに驚いた将門らは関東五か国の国府の証明書を添えて送った。
これによって朝廷の疑いは解け逆に経基に嫌疑がかけられ誣告(ぶこく)の罪で罰せられた。
将門の名声を知った朝廷は叙位任官で役立たせようとした。
この頃武蔵権守となった興(おき)世(よ)王(おう)は正式な受領として赴任してきた武蔵守百済王貞連と不和になり、興世王は任地を離れ将門を頼るようになった。また常陸国の住人の藤原玄明は受領と対立し租税を納めず、問題を起こし、やはり将門を頼るようになって来た。
玄明は国衙から追補状が出て常陸介藤原維幾が、将門に玄明の引き渡しを求められたが、玄明を匿い応じなかった。
維幾と将門の対立がこうじて合戦になり、将門千人を率いて、出陣した。一方維幾は三千の兵で迎え撃ったが将門の軍に撃破され国府に逃げ帰って、国府は包囲され降伏をした維幾軍は国府の印璽(いんし)を差し出した。
将門軍は国府とその周辺で掠奪、乱暴の限りを尽した。これまでの身内争いを逸脱しその時点で朝廷に反旗を翻したことになった。
興世王の進言で将門は軍を進めて下野国、上野国の国府を占拠、独自に除目を行い関東諸国の国司を任命した。
将門の謀反は直ちに京に知らされ、また同時に西国で純友の乱が勃発し、朝廷は驚愕し、所社寺に祈祷が命じられた。
天慶三年(940)参議藤原忠文が征夷大将軍として将門追討軍が京を出発した。一方将門軍は五千の兵で常陸の国に出陣し平貞盛と、維幾の子爲憲親子の捜索を続けたが行方は掴むことが出来なかった。
間もなく貞盛と下野国押領使の藤原秀郷と合流し四千の兵を持って進軍、将門軍は千人足らずの兵しか残っておらず、時を移しては不利と考え貞盛・秀郷軍は将門軍率いる藤原玄茂率いる軍と下総国川口で合戦になった。
この合戦で将門軍振るわず退却した。勢いに乗った貞盛・秀郷軍は将門軍の本拠地を攻めた。
将門軍は兵を整えても僅か四百人、貞盛・秀郷軍に京からの藤原爲憲軍が加わり合戦が始まり、最初は春一番の強風を背に矢戦で優位に立って善戦、貞盛・秀郷・爲憲連合軍を撃破したが、その内風向きが変わり連合軍は風を背に反撃、将門は先陣を切って戦ったが流れ矢が将門の顔面に命中しあっけなく討ち死にをした。
将門一派は皆殺された。将門の首は京にもたらされ梟首(きしゅ)された。
功績を称えられた秀郷に四位下、貞盛、爲憲には従五位下が授けられた。

※平将門の乱は私的な勢力、領地争いで朝廷は見ていたが、受領と国衙のいざこざと、身内同士のしかも女論での絡みと相まって、助長するかのように土着豪族の不満を将門は吸収し、勢力、関東地区での支配地拡大で「新星」と言う王城を築き支配下の豪族に除目までやってのけた。
これを見て朝廷にとって座視する訳が無く、参議藤原忠文が征夷大将軍として将門追討軍が京を出発した。
そこに貞盛・秀郷軍が参入、一進一退の結果官軍の勝利、討ち取られた将門の首は京に送られた。
将門の乱は地域の不満を吸収し膨張したが連携とまとまりの無さに、一過性の坂東の反乱に終わった。

★平将門(?~940)平安の武士、桓武天皇の曾孫の高望(たかもち)王(おう)の孫。鎮守府将軍平良将の子。身内の女を廻る争うで、叔父国香を討つ、坂東で新星の王朝を打ち立て、関東の諸国を除目し領地を与える。
当初不満を持つ土着の豪族の反目を吸収しつつ勢力を拡大して行った。
★興世王(?~940)平安期の地方官『将門記』によると武蔵国権守の時に、同国足立郡司の武蔵武芝と対立し、平将門との調停で和解した。
新任国守百済貞連と対立して将門の下に身を寄せる、将門の常陸国府の襲撃後、坂東各国襲撃を促し将門新星即位後の受領除目で上総介となった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加