日本史大戦略 Side-B 附 東国を歩く会 ~関東・東北の古代・中世史探訪~

『日本史大戦略』のB(Blog)面です。城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・南部氏・後北条氏など

【新宿駅から甲州道中を歩く その2】荘厳寺(幡ヶ谷不動)

2017-10-06 17:38:48 | 歴史探訪
 正春寺を出て甲州道中を南西へ向けて歩き、初台の交差点まで来ました。

 ここでは甲州街道と山手通りがクロスしています。

 ここからは甲州道中を離れ、山手通りを行きますよ。

 山手通りというと椎名林檎を思い出しちゃうなあ。

 左手にオペラシティを見ながら歩き、西新宿4丁目の交差点に来ました。



 前回の記事でチラッと浄水場の話をしました。

 浄水場があった時代に玉川上水の代田橋の少し西側から「新上水」というのを分けて浄水場に接続していたのですが、水道通りはその跡に作られた道路です。



 各地域でも異様にまっすぐな道路のルーツを探るとかつて水道だったということがたまにありますよ。

 水道通りを渡ってすぐ、左手に古風な感じの路地が伸びています。



 「ふどう通り」。

 いい道ですねえ。

 幡ヶ谷不動へ向かう道に違いありません。

 明治の地図にもこの道は載っていますよ。

 お、ありました!

 幡ヶ谷不動、荘厳寺(しょうごんじ)です。



 荘厳寺は光明山真言院と号する新義真言宗室生寺派の寺院で、本尊は薬師如来です。

 創建は永禄4年(1561)ということなので、後北条氏の支配が安定してきた頃の創建ですね。

 『小田原衆所領役帳』を参照すると、江戸衆の遠山藤六が幡ヶ谷に11貫文とあります。
 
 説明板がありますよ。





 『江戸名所図会』によると、幡ヶ谷不動尊(不動明王像)は三井寺を創建した時に智証大師(円珍)が彫刻したと伝わり、平将門の乱(939~940)の鎮定を命じられた平貞盛や藤原秀郷が陣中の護りとして奉持し、見事将門を討ち取ったあとは、下野国小山郷へ遷しました。

 ところがその後、戦国時代に武田信玄が奪い、さらに北条氏政が奪い返し、相模の筑井(旧津久井町か)の寺へ遷し、後北条氏が滅亡した天正18年(1590)に多摩郡宅部村(東村山市)の三光院へ遷されました。



 当地へは延享4年(1747)に遷されてきて、成田山・高幡不動とともに江戸期から尊崇されてきたそうです。



 何度も遷されて仏さまも落ち着かなかったでしょうね。

 つづいて山門をくぐります。



 あれ、この山門の左右にいるのは狛犬ですね。

 面白いなあ。

 これが説明板に書いてあった常夜燈ですね。



 今はこのように境内にありますが、説明板に書いてある通りかつてはさきほど歩いてきた初台の交差点あたりにあったそうです。

 本堂。



 近世の頃、幡ヶ谷村の鎮守は幡ヶ谷氷川神社でしたが、荘厳寺はその別当寺を任されていました。







 それでは、つぎは幡ヶ谷の地名の元となった場所へ行ってみますよ。


 ⇒このつづきはこちら


京王沿線ぶらり歴史散歩
かんき出版
『東京都』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【新宿駅から甲州道中を歩く... | トップ | 【新宿駅から甲州道中を歩く... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初台交差点の写真 (けいき)
2017-10-06 19:49:57
稲用さん、こんにちは!
八王子のクラツー主催の滝山城と八王子城ツアーに参加したものです。

いつもブログ、楽しみにしてます。
特に今回は私の勤務先周辺で、今日はお昼にふどう通りのイタリアンで食べてきたばかりです(^O^)

ブログの最初の二枚の写真ですが、これは初台交差点ではなく、山手通りを1ブロック進んだ西新宿四丁目の交差点ですね〜。
ちょっと気になったので、一応ご連絡まで。

あと、10/15の津久井城・滝山城ツアー、友人と申し込んでいたのですが、中止になりましたね。とても残念です。
稲用さんガイドの城ツアー、待ってますので、ぜひ企画して下さい!
では、ご活躍を陰ながら応援しています。
ご指摘ありがとうございます (稲用)
2017-10-06 20:53:38
けいきさん、こんばんは。

滝山と八王子のW参加、ありがとうございました。
ブログの記事についても教えていただきありがとうございました。今日の午前見て来たばかりなのに人間の記憶ってあてにならないですね。最近では指摘してくださる方も少なくなってしまったのでとてもありがたいです。
津久井と滝山は残念なことに最少催行人数が集まりませんでした。つぎは12月23日のお城EXPOの見学と合わせて八王子城ツアーもやるのですが、けいきさんを案内した時と同じ内容です。
城関連のツアーはこれからも企画しますので、タイミングが合えばぜひご参加くださいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史探訪」カテゴリの最新記事