日本史大戦略 Side-B 附 東国を歩く会 ~関東・東北の古代・中世史探訪~

『日本史大戦略』のB(Blog)面です。城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・南部氏・後北条氏など

【歴史活動・初期の記録その2(改-2) 上山城】ダメだ・・・。当時のことはほとんど思い出せない・・・【1998年12月30日】

2017-09-23 21:12:16 | 歴史探訪
 今日もジジは多忙です。

 掃除機がけ。



 さすがダスキンさん家のワンちゃんだね。

 ジジ曰く、「ダス犬ちゃん、あなたさあ、尻尾がモップになってるけど、全身をモップにする覚悟はできてる?」

 トイレ掃除。



 余りにも熱心に拭くのでガラケーのカメラでは捉えきれない。

 掃除が終わったら歴史の勉強です。



 凄まじい集中力で勉強をするのでガラケーのカメラでは捉えきれない。

 さすが稲用さん家のワンちゃんだね。

 実はさっきの米沢城の記事はジジが書いたのです。

*     *     *


 米沢城を見学し、お昼ご飯も食べたので安心して旅を続けられます。

 米沢駅からは奥羽本線に乗り、かみのやま温泉駅で下車します。



 今度は上山城へ行きますよ。

 歩き出してほどなく、丘の上に天守閣が見えてきました。



 丘を登って到着。



 上山城は最上家と縁戚の上山氏の居城でした。



 天守の中に入れるそうなので期待してきましたが・・・

 あらら。





 そうだよねー。

 今日は12月30日だからさすがに開いていないですよね。

 仕方がないので天守閣を周りから見て留飲を下げましょう。

 線路方面を望見。



 ※やはり上山城でも遺構の観察はほとんどしなかったようなので、あれから19年も経ってしまいましたが、改めて上山城を考察してみます。

 この日は米沢から上山へやってきたのですが、上山城は山形盆地の最南端にあり、米沢盆地から山形盆地に侵攻してきた敵を迎え撃つには絶好の場所にあります。

 『日本城郭大系』によると、上山城が築かれる以前は、上山城から西方1.3kmの地点にある虚空蔵山に伊達家家臣の小梁川貞伴が高楯城を築いてこの地を治めていました。

 小梁川貞伴の高楯城は享禄元年(1528)に武永義忠の攻撃によって落城し、義忠は天文4年(1535)に上山城(月岡城)を築き移り住みました。

 しかし城跡の説明板を読むと、元々は虚空蔵山には羽州探題斯波兼頼の曾孫上山満長が居城していたようですね。

 その子孫を永正11年(1514)と同17年(1520)に伊達家が攻撃したというので、これが小梁川貞伴のことでしょうか。

 でも、説明板にはこの頃の城主は上山義房とあるので、満長の子孫の義房が城主だったときに、小梁川貞伴に攻められて落城し、それをまた享禄元年(1528)に武永義忠が奪還したのでしょう。

 そして月岡城を築いて移り住んだのは武永から上山に改姓した義忠ということでしょうか。

 つまり、高楯城から月岡城に移り住んだ上山の領主は、羽州探題斯波兼頼の子孫の上山氏が代々務め、それを伊達家が奪い、すぐに武永義忠が奪還したという流れになります。

 でも、この武永義忠という人物が何者かが分かりません。

 義忠という名前からして義房の子供のように思えますが、『戦国人名事典 コンパクト版』によれば、鶴岡城主武藤氏の一族とあります。

 鶴岡の武藤氏・・・

 本当かなあ?

 『陸奥・出羽 斯波・最上一族』によれば、永正12年(1515)、最上家当主義定は伊達稙宗の妹を正室に迎えて伊達家に屈服したあと、永正17年に没しています。

 義定没後すぐに、最上家一族や最上家に従っていた周辺の国衆が反旗を翻し、その筆頭が上山義房でした。

 ところが、上の説明板にもあるように永正17年のうちには上山城は伊達稙宗に攻められて落城し、稙宗は山形城に入城しました。

 このとき稙宗勢として上山城を落城せしめたのが小梁川貞伴でしょう。

 小梁川氏は陸奥国伊達郡小梁川を本拠とし、稙宗の臣下として活躍した親朝の盛宗は、伊達家第11代持宗の三子です。

 つまり伊達一族なのですね。

 貞伴は親朝の弟か子供だと思われます。

 さて武永義忠に話を戻すと、義忠は「Wikipedia」によると義房の子だそうなのでそれでいいとして、月岡城は伊達家の支配から逃れていました。

 ところが、元亀・天正の頃(説明板の「天亀」は間違いです)には伊達輝宗に散々攻められたようで、その頃上山満兼から里見民部(里見氏部は間違いでしょう)に城主が変わったようです。

 その後、関ヶ原合戦の後、最上家は57万石の大名として徳川政権の元で存続し、元和2年(1616)には最上義光の五男兵部光広が3万石で支藩主となります。

 しかしそれも短い命で、元和8年(1622)には最上家は改易となってしまいました。

 そして江戸期の上山城については・・・

 うーん、こう言ってしまうと書いた方に失礼かと思います、正直申してここまで説明が下手で誤字の多い説明板も珍しいですね。

 「革命」は「幕命」でしょうか。

 上山城の歴史についてはこの辺でやめておいて、城自体を良く見てみましょう。

 ①「日本古城絵図」所収「出羽上ノ山ノ城」(「国会図書館 デジタルライブラリー」)より加工して転載)



 当時撮影した写真はこのページに上げているものしかなく、今となってはどんな構造になっていたのかまったく思い出せません。

②「日本古城絵図」所収「出羽上山城図」(「国会図書館 デジタルライブラリー」)より加工して転載)



 だた、私が入ろうとして入れなかった天守は、1982年に建てられた模擬天守で、二の丸跡に建っているようです。

 そして本丸には月岡神社があります。

 当日、月岡神社に行ったような行かなかったような・・・

 もう記憶がありません。

③「諸国城郭絵図」所収「出羽国之内上山絵図」(「国立公文書館 デジタルアーカイブ」より加工して転載)



 もっと広域のこの絵図を見ると結構立派なお城ですね。

 でも現在見ることのできる遺構は本丸西側に西内堀のほか、土塁や石垣の一部、それに庭園だけのようです。

 せめて写真を沢山撮っておけば記憶が蘇ることがあるかもしれませんが、何しろ今のデジカメと違ってフィルムにも現像にもお金のかかる時代でしたからね。

 24枚撮りを入れて、大事に撮っていた時代でした。

 まあ、またいつか訪れることもあるでしょう。

 ということで、次は山形城です。

最上義光 (織豊大名の研究6)
竹井英文
戎光祥出版

『山形県』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【出羽内陸部最北の前方後円... | トップ | 平和祈念展示資料館/稲用章... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かみのやま温泉 (りひと)
2017-10-22 15:37:54
父が亡くなる前に親戚と一緒に行った温泉ってそこじゃないかな?今度母に聞いてみます。
上山との記事中の文字見て、私の好きな上と書いてカミと読む民族が関係していそうでワクワクします。

あと、この先の記事をみたいんで頭の中に入ってはこないんですけどキーワードとして気になるのがまた小梁川の梁なんですよね。岡山だか山陰で事故あったんですけどその前からこの字気になってます。高橋も高梁って字もありますからどっかの記事にも通じるようにも。
あと伊達さんのブレーンでお城作るのもかなり興味深いです。あと里見氏もうちの方にも関係しそうでチラホラと出るんですよね。
あと他にもあったけど、また大雨か台風かでどこにも出られるようになった時に集中して拝見しますね。

それにしても稲用さんなんか私が自分でも知らないような事知ってるのかなあ?って思うくらいドンピシャな情報にかぶり付いてます。七夕からなのですけど不思議です。

この十年くらい体当たりで体験した事に今度は論理的な要素と歴史的理解がバウムクーヘンみたいにまとわりつく出してきて重層化して理解出来るようになってきてます。

所詮感覚人間なので他の方にはびっくりな事だろうと思う事でも自分に素直に忖度しないで言えちゃうのでまあ打たれる事が今後起こるんだろうなあと。18日の護国寺でのおみくじでも出たんで諦めてます。身体を痛めつけられるか命取られない限り良しとして人生は残り楽しんで行こうと思います。地図みてみますね。4602

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史探訪」カテゴリの最新記事