日本史大戦略 Side-B 附 東国を歩く会 ~関東・東北の古代・中世史探訪~

『日本史大戦略』のB(Blog)面です。城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・南部氏・後北条氏など

【いやらしい話とばっちい話】いいムードだ。たまには掃除の話しをしようじゃないか【仲間募集中!】

2016-12-13 20:56:50 | 雑談
 今日はいやらしい話とばっちい話をします。

 とくにばっちい話の方は、食事中もしくはこれから食事をしようとしている方は閲覧しないでください。

 はい、まずはいやらしい話から。

 前回の記事にダイヤモンドの指輪(難解な用語では「ティファニー・セッティング」と言うらしい)が登場しましたが、そのお返しとして私はこれをいただいていたのです。



 銀座ティファニー本店の隣にある伊東屋のオリジナルボールペンです。

 私の名前も入ってるんですよ!

 ノックしてペン先が出てくるものではなく、頭の部分を回転させるとペン先が出てくるのです。

 その辺が上品な感じがして良いということで探題は気に入り私にプレゼントしてくれたそうです。

 でも無くしたら大変なので、とてもじゃないですが掃除の現場には持って行けませんね。

 ・・・というのは、実は本日のオープニングアクトなのです。

 探題から「私のプレゼントをオープニングに使うなあ!」って怒られそうですが、実はこれには理由があって、このブログに記事を書くと自動的にフェイスブックおよびツイッターにこの記事へのリンク記事が投稿されます。

 そのとき、フェイスブックの場合は表示される写真がこの記事の一番最初の写真なのです。

 なので、以降をお読みになれば分かりますが、次の写真がフェイスブックのリンク記事に表示されるのはちょっと憚られますよね。

 ということで、次はいよいよ、ばっちい話です。





 さて、私はばっちい仕事をしています。

 もうちょっと詳しく言うと、ばっちいものをきれいにする仕事をしています。

 本日は、お風呂・洗面所・トイレの掃除をやってきました。

 今日の現場はかなり汚れのランクが高かったので、これはブログで自分の仕事内容をお知らせするいい機会だなと思って、ビフォア・アフターを写真に撮ってきました。

 では以降はばっちい写真が掲載されているので、閲覧は注意してくださいね!









 行きますよー。









 本当に良いですか?












 ではまずはお風呂!

 洗い場と浴槽はなかなか良い感じですね。





 これくらい汚れていると見た瞬間にワクワクしてきます。

 お掃除、楽しい~。

 しかしながら、私の力不足で結果はこの通り・・・



 特に浴槽内は汚れが完全にシミとなって素材と一体化しており、これ以上はダメでした。

 サビに関しても相当頑張ったんですが、完全に消えるまでは行きませんでした。

 とくにサビは厄介なので、皆さんも例えばヘアピンとかそういうものは放置しないようにお薦めしますよ。

 そして私的にはこれくらい行っちゃってる場合はバスタブの交換をお薦めします。

 蛇口もかなり使いこまれていますね。



 それがピカピカになりました。



 ハウクリ(ハウスクリーニング)屋さんは金属部分を光らせるのが大好きなのです。

 カビは天井にまで進出していますね。



 カビに関しては、カビ取り剤をまいてしばらく放置したあとに、水で流して雑巾で拭くだけで結構綺麗になります。



 でもゴムのパッキンに着いたカビはなかなか手ごわいんですよねえ。

 ちなみに私たちはこんなコスプレでカビ取り剤をまくんですよ。



 防毒マスク+ゴーグル。

 これをしないと目が痛くなり涙が出てきて、鼻水は一日垂れ放題、味覚も完全におかしくなりご飯が美味しく食べられなくなります。

 古い人のなかにはこういう装備をしないでカビ取り剤をまく人もいますが、ぜったい寿命が縮まっていると思います。

 ドア付近ももちろん汚れていますね。



 でもまだこれくらいなら軽いほうかな。



 はい、次は洗面台。



 そんなでもないですね。

 なのでこれくらいの洗面ボウルなら数分でこんな感じです。



 でも見ての通り、ゴムパッキン部分のカビは残っちゃいました。

 あ、数分とか言いましたけど、カビ取りだけは時間がかかりますよ。

 そして最後は掃除の仕事をする人もあまりやりたがらないトイレット。



 でも陶器でできた便器ってかなりきれいに復旧できるんです。



 この尿石は凄いね。



 写真では水が溜まっていませんが、ここを掃除するときはまず水を抜くのです。

 さすがに少し時間がかかりました。



 おそらく一般に売られている洗剤ではここまで落ちないでしょう。

 私の勤めているお店は一応掃除を生業としており研究所もありますので、それなりのものを洗剤メーカーと共同で作っており、結構いい洗剤が揃っています。

 しかもこう言ったら会社に怒られるかもしれませんが、使い放題です。

 いや、本当はもっとコストを気にしないとダメですね、ごめんなさい。

 ちなみに私はハウクリの仕事をはじめてまだ4年目ですが、入った時に最初に立てた目標が、「まずはトイレを任されるようになろう!」でした。

 なので、最初の頃はかなりトイレ掃除の数をこなし、今ではお店で「尿石マスター」を標榜していますが、テクニックだけを見たらベテランの方々の足元にも及ばないので、きっと仲間からは生意気な奴だと思われていることでしょうね。

 しかしながら、幸いなことに私は敵が尿石だろうがウ○チだろうが、まったく躊躇なく突撃できるのです。

 対象が汚れていると闘志が湧いてくるのです。

 敵は強い方が面白い・・・フフフ・・・

 とか言いながら、この時はさすがにお風呂のドアを開けた瞬間、引きました。



 半笑いで萎えました。



 あ、この写真は以前もこのブログに出していますね。

 それだけ強烈だったのです。

 絶対ここで人死んでると思いましたからね。

 ちなみにうちのお店では殺人現場や孤独死現場の掃除を行う「特殊清掃」は受けていませんよ。

 人が溶けてシミになっているのを消したり、外部まで漏れてくるほどの強烈な臭気が漂う部屋中に山のようにいるウジ虫をやっつけたりするわけですから、そういった掃除と比べたら尿石とかウ○チなどというものは可愛いものです。

 というわけで、今日は歴史の話ではなく、掃除の話をサラッとしてみました。

 今は大掃除シーズンの真っただ中ですね。

 上述の汚れは比較的凄い方だと思うので、あそこまで汚れてはいないとしても、もしご自身でお掃除をするのが面倒だなあとか、ばっちいからやりたくないなあとか思いましたら私までご連絡くださいね。

 私はばっちいのをきれいにするのが大好きなので、喜んでやらせていただきますよ。

 上述以外にも、キッチン、レンジフードの分解清掃、エアコンの分解清掃、ガラス・サッシ・網戸、ベランダや玄関、フローリングの洗浄およびワックスがけなどができますので、なんなりとご相談ください。

 もちろん、掃除をしながら同時に歴史の講義をご所望であれば、歴史講座の方は無料でお付けいたします。

 例えば、私がキッチンやレンジフードをお掃除しているときにリビングのソファーにくつろいでいてくだされば、掃除をしながら日本史のお話をお聞かせしますよ。

 おそらくこのサーヴィスが無料で付いてくるのは国内に何万人いるか分からないお掃除屋さんの中でも私だけかもしれません^^

 ちなみに時々記事には書いていますが、お掃除の仕事をやってみたいという方を相変わらず絶賛募集中です。

 私はIT業界に18年もいて、社会に出てからほぼずっとデスクワークでした。

 40歳を超えてから掃除の世界に飛び込みましたが、今までやった仕事の中でもトップクラスの面白さで、ばっちいことは確かですが体力はそれほどは要りません。

 もし興味のある方がいらっしゃいましたら私までご連絡ください!





ジャンル:
就職活動
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【いやらしい話し?】ある種... | トップ | 【北区飛鳥山ツアー】今だか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑談」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事