日本史大戦略 Side-B 附 東国を歩く会 ~関東・東北の古代・中世史探訪~

『日本史大戦略』のB(Blog)面です。城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・南部氏・後北条氏など

支離滅裂ティックですが許してください

2016-09-05 18:10:36 | 歴史探訪
 今日の午前中はたまに行く町田の現場で、そこに行くたびにルート上にある小野路の小野神社に寄りたいと思っていました。

 ところがなかなか寄る機会がありません。

 でも今日は少しだけ時間があったので、欲望を充足させるために小野神社に近接を試みました。

 神社の前の道を徐行しながら、駐車場はないかなあ?と見てみたのですが、どうやら駐車場は無いようです。

 なので一先ず通り過ぎて、少し走った後にUを切ろうと思ったのですが、左に入る道が見えたので、とっさの判断で左折しました。

 そうしたら、入った途端右手に大きな説明板が見えたのです。

 何だ?と思い、車を止めて確認してみると、小野路の一里塚でした!!



 私はこのようにして、偶然史跡を発見することが多いのです。

 好きだと思っていると、向こうから寄ってくるんですよねえ。

 超嬉しい。

 ついで念願の小野神社を探訪。



 小ぢんまりとした神社ですが、歴史的にも重要なのです。

 って、説明を話そうと思いますが、実は今すでに酔っぱらっています。

 というのも、ついに年間で一番掃除が暇な9月に突入したこともあり、今日も6時間しか働かずに、I井さんの「最近帰るの早いねえ」という言葉を尻目に帰社し、たかお食堂はまだ開店しない時間だったため、サイゼリヤに入って歴史の仕事を始めたのです。



 今日は帰りがけに『新八王子市史 自然編』を買ってきたので、それを読みながら今度の近ツーさんでの講演のコンテンツを考えています。

 ところがです。

 岸本さんとFBでやり取りしているうちに、調子に乗って赤ワインのデカンタ(500ml)を頼んでしまい、それを飲み始めたらだんだん気持ちよくなってきてしまいました。



 『新八王子市史 自然編』を読んでいても、ちょっと難しい文章が出てくるとなぜか笑ってしまいます。

 理解不能なんです。

 でも酔っぱらった状態での勉強というのもなかなか楽しいですね。

 常に自分の限界にチャレンジしている私にとっては、いかに酔っぱらった状態で学習能力を高めたり、良い企画を考えたりできるかがある種のテーマでありますので、今はそれにチャレンジしている最中です。

 ワインを飲みつつ活字を読む!

 むしろ活字が酒のツマミといえる状態になりたいです。

 ヤバい、500mlは多かったかも。

 あー、でも久し振りのワイン、美味しい^^

 今しばらく、お仕事にいそしみます!

 ところで、高校を卒業後、友人がゲームを作るということでその音楽を我々human voiceで作成しました。

 そのときの一曲で、のちに「無敵の笛」と命名した曲をご紹介します。



 既述した通り、高校2年生の終わりにMIDIシステムを導入したのですが、就職が決まった高校3年の2月に、思い切って楽器を大量に買ってローンを組んでしまいました。

 もう、欲望丸出しです。

 そのときに買ったシンセは、YAMAHAのTG33、KAWAIのXD-5で、それ以外にエフェクター類などを多数購入して、装備を強化して完成したのがこの曲です。

 この曲が収録されたカセットテープは友人がコミケで50本ほど売りました。

 で、本来であればそれで忘れられておしまいなのですが、驚いたことにそれから15年以上経過したある日、昔の会社の同僚から突如メールがあり、「稲用さんの曲を路上で聴いたよ!」との知らせが入りました。

 というのも、その同僚は音楽的素養のある人でこの曲を完全に覚えていてくれたのですが、まったく同じ曲を新宿駅の近くで南米人らしき人たちのバンドが演奏していたというのです。

 彼ら南米のパフォーマーがどこで私のカセットを入手したのかは分かりませんが、著作権がどうのとか、そういうことは私はもうどうでもいいです。

 気に入ってくれて演奏してくれたのなら、むしろ嬉しいことですね。

 さて、今日の〆はハンバーグステーキ!



 最近、目に見えて食が細くなりましたが、むしょうにハンバーグが食べたかったのです。

 そしてもちろん、500mlは全部飲みました。



 ていうか、何で俺は3000円も掛けて一人でサイゼリヤで飲み会やってるんだろう・・・

 ま、人生なんてそんなもんです!

 楽しく行きましょう!

 
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 他の先生の講義を聴いてすご... | トップ | 【初期コンピューター・ミュ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史探訪」カテゴリの最新記事