日本史大戦略 Side-B 附 東国を歩く会 ~関東・東北の古代・中世史探訪~

『日本史大戦略』のB(Blog)面です。城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・南部氏・後北条氏など

【東国を歩く会】第13回歩く日 江戸城北の丸および見附・神社めぐりと将門伝承【参加者募集!】

2017-10-02 12:45:10 | 東国を歩く会
 告知がギリギリになってしまいましたが、東国を歩く会の第13回歩く日を開催します。

 日にち:10月15日(日)
 集合場所:JR浅草橋駅 東口改札出たところ(※「浅草」駅ではないですよ!)
 出発時刻:9時
 参加費:初めての方は1,000円 それ以外の方は200円
 お昼:自由昼食
 解散場所:四ツ谷駅(予定)
 歩行距離:12㎞くらい


※さきほどいったん8日に開催すると発表しましたが、15日に変更します。変更の理由は、職場で無断欠勤の多かったメンバーがついに今日付けで「もう来なくていいよ!」待遇になり、その煽りを受けて私も8日に出勤することになったためです。

 探訪個所は、江戸城三十六見附のうち、浅草橋見附からスタートして、北側にある見附(残念ながらすべて石積みはありません)をめぐりつつ、牛込と四谷の見附(こちらは石垣が残っています)を見ます。

 つまり、江戸城の奥州街道や中山道方面の防衛ラインを探るわけです。

 そしてその道程で、江戸城北の丸に侵入し、前回の江戸城探訪を加えると、江戸城の普段行ける場所はこれでコンプリートとなります。

 北の丸では、江戸城の惣構えが完成した1636年当時から唯一残っている門である田安門を見ますよ。



 基本的にはN島さん的表現を借りると、「見附を見つけながら」歩くのですが、チョコチョコと神田明神ほかの神社に参ります。



 神田明神の境内神社には、江戸の神社の根本ともいえる江戸神社がありますよ!



 そしてこの辺を歩いていると、将門の影がチラチラと見え隠れするのです・・・

 という感じなので、参加希望の方は、このブログの左側(PCの場合)にある「メッセージを送る」からでもいいですし、メールでもフェイスブックでも軍用犬(ただし土佐犬)でも何らかの手段で私までご連絡ください。

 なお、完全なる趣味の会ですので、その辺はご了承ください。

*     *     *

 
 さて、一昨日と昨日(9月30日と10月1日)は、クラブツーリズムでツアーナビゲーターとして宗像へ行ってきました。

 女性12名+男性3名の合計15名様のご参加、どうもありがとうございました!

 これに乗ったわけではありませんよ。



 行きの機種は737でした。



 初日は大島探訪。



 宗像大社中津宮。



 沖津宮遙拝所からは、なんと!

 沖ノ島が見えました!



 今の季節はほとんど見えることはないらしいのですが、世界遺産登録の記念として特別にタゴリヒメが計らってくれたのかもしれません。

 砲台跡と沖ノ島のコラボ。



 御嶽宮の本殿。



 その裏は島内最高所の224mで、後背地には祭祀遺跡があったそうですが、現状ではよくわかりません。



 宿泊したホテルからの夕景。



 織幡神社の神体山も見えます。

 やったー、夕飯のビールは「福岡づくり」だー!



 2日目はまずは辺津宮。



 そして本ツアーでのメインイヴェントである、宗像大社秋季大祭の初日に行われる「みあれ祭」です。



 先月の半ばには、沖津宮のタゴリヒメが大島の中津宮へ迎えられ、次女のタギツヒメと合流しています。

 その2柱がこの日、船団を率いて末っ子のイチキシマヒメのいる辺津宮へやってくるわけです。



 船団は大島をでると一旦地島へ向かい、そこから陸に近づき、この会場の前を横切り、神湊へ向かいます。

 私は祭りにはあまり詳しくないのですが、こういった船に神様を乗せてやってくる祭りは聴いたことがありません。



 これはカッコいい祭りですよ。

 今年は思ったより見学している人が少なく、まだ外国人観光客も少なくとても良い雰囲気ですが、来年はもしかするとごった返すかもしれません。

 というわけでお昼ご飯。



 刺身、すごく美味しい。

 天ぷらも美味い。

 午後は、宮地嶽神社と境内の古墳。



 車のお祓いをしているところは初めて見ました。



 最後に竹原古墳で装飾壁画を見て福岡空港へ。

 スターウォーズラッピングだ!





 私は記憶にある限り、初めて映画館で見た映画がスターウォーズで、まだ保育園児でした。

 以上、簡単にご報告しましたが、私のツアーはまだまだたくさんありますので、一緒に行ってみたい方は、クラツー発行の「歴史への旅」をご覧ください。



*     *     *


 そして最後に。

 話が全然変わるのですが、私はDeathK!Nに勤めて、なんと5年目に入りました!

 若いころの会社員時代は2年か3年で転職を繰り返し、体調不良で苦しんだ30代半ば以降は、1日や2日で辞めたり1週間や1ヶ月で力尽きて寝込んだりしていた私が、なんと人生の最長記録の丸4年の勤続を果たしました。

 それだけDeathK!Nは働きやすい会社なのです。

 すでに当時から一緒に働いている従業員(直雇用)で特に関りが多いのは、同じ掃除メンバーのM森さんと、業務担当のI井さんとF田さんだけになってしまいました。

 この方々を含め、仲間たちにはとても感謝しています。

 そしてもちろん、お客さんあってのお店だということも忘れていません。

 これからもよろしくお願いいたします。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加