山形の過去、現在、未来

写真入りで山形の歴史、建物、風景を紹介し、併せて社会への提言も行う

米沢を魅せる・・・山形人と北欧人に

2016-05-31 08:04:17 | Weblog
またまた久方ぶりの投稿となった。
それもFacebookの不具合で投稿できなくなった代役として当ブログを利活用することになったような次第のゆえである。

一昨日の5月29日は山形歴史たてもの研究会の皆さんに米沢芳泉町においでいただいた。
旧行方(なめかた)家(家内の祖父の生家)母屋で地区内の「芳泉町生垣街並み保存会」の会長さんから芳泉町の茅葺屋根住宅の現状とすぐ近くを流れる松川(最上川上流)の氾濫に備えた江戸時代からの対策の歴史を資料資より料にお話しいただき(地区内のご婦人連も聴講)、芳泉町の街路(主として下の町)と河川敷を散策した。

先生の説明を聴くのに精いっぱいで茅葺屋根と河川敷の撮影はすっかり怠ってしまった。上は以前に撮っておいた写真である。

それから、直江石堤、JR関根駅近くの羽黒神社と普門院を訪れた。



どちらも上杉鷹山公が儒学の師細井平洲を出迎えたゆかりの寺社で、どちらも史跡として名高い。
羽黒神社は分厚い茅葺屋根の古色蒼然とした風格満点の霊域であった。
特に屋根に草が大きく生えているのが印象的だ



残念ながら普門院は改修工事のため覆いがかぶせられ、撮影は門と逆さハートが三つの墓石だけにした。




そして、その夜には30年~20年前に山形と米沢に住んでいた米国人とノルウェー人の宣教師夫妻とその娘夫妻の家族、そして随伴のノルウェー人女性が宿泊し、翌日は李山のトトロの森を案内した。

トトロの森の近くの道路では20匹ほどの猿が道路を横断し田んぼに入ったのを目撃した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆すっかり市街地化していたと思っていたら・・◆

2016-03-20 10:34:08 | Weblog

先日、馬見ヶ崎川向こうでの用事を済ましてそこの裏通りに入ったら昔ながらの田舎らしい迷路の細道が続くわ続くわ。ここは遠く伊勢神宮に所縁(ゆかり)のある古代山形開拓の先進地。

◆山形市に合併した旧村では最も早い方だから、当然現在はすっかり市街地化していたと思いきや、広大な畑地や梅林が開けてくるなど、歩けば歩くほど(実際は自転車)興味つきないワンダーランドであった。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坂上田村麻呂すら征服できなかったもの・・

2016-03-01 09:20:48 | Weblog

 これは「山形弁」にも大いに関係することである。
 
 少しアカデミック(?垢出ミック)で長たらしい文章になったが、ご辛抱のうえ最後まで目を通していただきたし。[たぶん期待薄だろう。]
 右に古代日本史上の人物の肖像画、左に誰がしかの墓碑のようなもの。この二つは勝者と敗者を表している。
 つまり、平安初期に東北地方の蝦夷勢力は朝廷軍の将軍坂上田村麻呂に完全に制圧されたとされている。だが、どっこい蝦夷文化の象徴とも言うべき東北弁は近代に入ってもしぶとく生き続け、つい20~30年前までごくありふれた会話であった。しかしその後は何とか訛りは残っても蝦夷風言語の語彙は高齢者の間からすら欠け落ちて行く一方であり、どんな山村部でも子どもたちの会話はすっかり東京風となり、今や蝦夷風言語、つまり東北弁は絶滅危惧種となっている。「ナマラナイト」も東京風言語の前では暖簾に腕押しのようなものでしかないようだ。
 坂上田村麻呂だけでなく、前九年・後三年の役での源頼義・義家、平泉藤原氏を滅亡させた源頼朝、奥羽を掌握した豊臣秀吉、会津を始めとする奥羽各藩を制圧した薩長中心の官軍さえ征服できなかった蝦夷弁を急速に衰弱化させた現代兵器は何なのか。今なお頑なに東北弁を語り続ける東北人が存在するなら田村麻呂に抵抗した蝦夷の首領の阿弖流為(アテルイ)軍の残党の子孫なのか。もし、東北地方からすっかり東北弁が消え失せたら、京都の清水寺境内のアテルイと彼の参謀モレの供養碑の傍らにもう一基墓碑が設置されるのであろうか。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆これも歴史的建造物管理の一環◆

2016-02-02 22:14:37 | Weblog

山形市本町の旧西村写真館には冬でも建物の外観を眺める市民や観光客が居り、二階の屋根からの落雪に注意を促す措置が必要だったので、昨日工事などで使うカラーコーンを置いた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆故レジェンド社長宅庭園の雪景色◆

2016-01-29 21:56:14 | Weblog

今は山形県の管理下にある故有名社長宅は「洗心庵」として広く県民に開放されている。むろん昭和時代作庭の日本庭園だが、四季折々の美しさは伝統庭園そのもの。文字通り「心が洗われる」。昨日はここで「悪逆非道」呼ばわりされてきた山形城主最上義光公を再評価する郷土史家二名を囲んでの談話会が開催された。義光公に殺されたという弟義時は非実在だったらしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆山形レトロ建築の雪景色(その2)◆

2016-01-26 19:28:36 | Weblog

旧県庁舎を門柱越しに見ると、さらに威風堂々。
新宿の超高層ビル群の環境で働く大手建築会社のエリート社員もこの姿を見るなり「すごい存在感だ」と簡単の声をあげていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明治の貴婦人の薄化粧 [山形のレトロ洋館の雪景色(その1)]

2016-01-23 23:59:32 | 建物

山形城址公園内の旧済生館本館(明治11年建造)は12月から1月中旬にかけても積雪に見舞われることはなかったが、ようやく雪化粧するようになった。
明治建築の華と称賛されこともあって、その華麗で優美な姿は文明開化期に鹿鳴館での舞踏会に向かう貴婦人のの恰好を思わせる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西洋館屋敷に戦前の山形美人を坐らせる

2016-01-20 20:17:17 | Weblog

21年前に廃業した大正レトロの写真館で綺麗な背景画が見つかった。

また、当写真館所蔵の古写真の中に推定約80年昔の美女の写真があった。この2つを組み合わせることができるか格闘してみた。

そして、戦前(たぶん昭和15年頃)に実際にこの背景画の前で美少女が撮影された。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆江戸和傘と山形和傘の共演◆

2015-09-26 20:30:48 | Weblog
米沢の古民家内に並んだ二つの和傘。左の紫色が山形和傘で、右側の無色が江戸和傘。どちらもプレゼントされたもの。やはり和傘は和の景観と合う。でも、何かが足りない。ああ、和服の〇人か。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆80代の孫たちが初めて各人の父の生家を訪問◆

2015-09-25 20:27:01 | Weblog
直江兼続ゆかりの米沢芳泉町の古民家に首都圏在住の80代前半の孫たち4人がそれぞれの父の生家を訪れた。うち3人は初めての訪問である。1人は戦争中に学童疎開で数年疎開している。彼らは昔(約77年前)の写真を持参したが、広間の床の間のしつらえが現在と少しも変わっていないのに感動していた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加