REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



 

こんにちは!熊本の村上です☆

今年の夏は猛暑日が多く、しっかり体調管理もしていかないといけませんね。

きたる8月7日、大分県にある松原ダムで開催されたチャプター大分第四戦に参加した様子をレポート致します。

ここ最近はJB戦の練習で北山湖ばかり行っていたので久しぶりの松原ダムです。

前日は勤務だった為、ぶっつけ参加で臨みました。

松原ダムは梅雨に貯水量を
大幅に落とし、そこから貯水量を回復させ、増水に転じている状況でした。

スタート直後は不人気な下流エリア、水位の増減の影響を受けにくいオイルフェンス、

垂直に近い岩盤エリアをチェック、ノーバイトの時間が長く、二時間近く経過し、スモールキーパー一本…

これはヤバイと思いまして杖立川の中流でキーパーをメイクしようと思い上がって行きました。

到着すると水は悪くない状況、スモールインレット、シェード、枝なのど沈み物があるエリアを中心に丁寧に探りますが

バスからの反応は無し…猛暑からの水温上昇を考えエリアを大幅に変更。

選んだエリアは下筌筋の岩盤エリア、当日は下筌ダムからの大きな放水はありませんでしたが、水温の低いエリアです。

すぐにエコGテールサターン2.5インチ、ベイトフィッシュSP

不用意に枝に絡まないタングステンスリムダウンショットシンカー3/32ozをセットしたタックルに持ち替え、

丁寧に深いラインに送り込んで行くと…7〜8mから重くなる違和感、フッキングしてすぐは

レギュラーキーパーかと思わせる引きでしたが4m位浮上してからが物凄いファイトでした。

2ポンドラインが鬼の様に引き出されエレキモーターで追いかける様はまさに大型犬の散歩状態 汗

我慢に我慢をして取り込んだ魚はスーパーキッカー*\(^o^)/*

取り込んだ直後、集中力全開で同じコースに落とすとナイスキーパー☆

タフな試合でしたがGテールサターンに助けられました!

トーナメントやどうしても釣らなければならない場面で物凄く安心して使えるワームですU^ェ^U




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




皆さんこんにちは。

前回、良い釣果をもたらしてくれた「スワンプイールJr.」を持って再び琵琶湖へ。

 

連日猛暑日のとても暑い琵琶湖ですが、その暑さを忘れてしまう程に「スワンプイールJr.」で熱い釣りが楽しめています。

 

南湖の夏らしいエリアにて、

TGネイルシンカー1/26oz」をセットしたネコリグに50センチ前後の良いバスさんが連発!

(こちらもニューアイテムの「レインズメジャー」と暫し記念撮影。)

 

「スワンプイールJr.」、はっきりいってヤバイです。

 

※メジャー等は十分に水に濡らしてから素早く計測・撮影しています。

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




皆さんこんにちは。

前回、良い釣果をもたらしてくれた「スワンプイールJr.」を持って再び琵琶湖へ。

 

連日猛暑日のとても暑い琵琶湖ですが、その暑さを忘れてしまう程に「スワンプイールJr.」で熱い釣りが楽しめています。

 

南湖の夏らしいエリアにて、

TGネイルシンカー1/26oz」をセットしたネコリグに50センチ前後の良いバスさんが連発!

(こちらもニューアイテムの「レインズメジャー」と暫し記念撮影。)

 

「スワンプイールJr.」、はっきりいってヤバイです。

 

※メジャー等は十分に水に濡らしてから素早く計測・撮影しています。

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




待望のニューアイテムスワンプイールJr」を持って琵琶湖に行ってきました。

このスワンプイールJr、特徴的なのは「ソフトな素材」と「極薄のヒレ」がシンクロして生まれる生命的な動き。

 

この特徴、やっぱり寺田的にはネコリグで使いたいと思いました。

(TGネイルシンカー1/26ozをセット)

 

舞台は、南湖東岸側の夏らしいウィードのアウトサイドエリア。

気温35℃の中、「サァ~」と涼しい風を感じるタイミングが釣れ始める合図。

 

アクションは、持ち上げる際にシャープなシェイクを加えた「リフト&フォール」。

40~53センチが12本、この日のバスさんはこの動きにメロメロになっていましたね。

 

「スワンプイールJr」のポテンシャル、これからも探求していきたいと思います。

  

ネコリグで使用の場合、身切れを防ぐ為に「ネコリグチューブ」の使用をおすすめします。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ニューアイテムのスワンプイールJrを早速琵琶湖で使って来ました。
   


スワンプと言うだけに先ずはネコリグで

 


まんま子ウナギですねえ〜

沖のウィードエリアでウィードの塊の中にしっかり落とす為、ネイルシンカー1/14OZを使用。
マメサイズが沢山釣れる中に時折40アップが混じります。


そして、グッドコンディションの52cmも❗️


さらにデカイ魚を二回バラすアクシデントも有りましたが、、o...rz

やっぱり琵琶湖のバスはウナギが好き❗️
次回、リベンジですね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはスタッフの石川です。

真夏の琵琶湖ガイドスタート!
先週プラで良かったエリアを目指して一直線❗

ポイントに着くなり、風無し、湖流反対嫌な予感?
おまけにマイロッド折れてるし(T_T)

ゲスト様に、レインズカーリーカーリーレインズダウンショットシンカー7gヘビダン

水深7~10mのロックエリアのシェイドパターンで!
35までのバスがポロポロと釣れるがサイズが上がらないのでポイント移動❗(湖流が反対なのが痛かったです)

午後から、マリーナ周辺のウィードエリアの展開に❗

  

ロッドが折れてしまって、ロッドが無いので ゲスト様に、スワンプイールを使って貰いました!
ネコリグにセットして、ウィードポケットに入れて引っ掛けては外すを繰り返すと、

バスからのバイト❗サイズも40UP連発 

 

終了間際に待望のビックバス👍
おめでとうございます🎵


今回、レインズから出たスワンプイール6、湖北のベイト(ハス)のサイズとベストマッチングです😆🎵🎵
ヘビネコ経験の無いゲストさんでしたが、スワンプイールを上手く使いこなしていました👍

有り難うございましたm(_ _)m
お店で見かけましたら是非宜しくお願い致しますm(_ _)m



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはスタッフの石川です


マイボートが修理中なので、

マーブルレンジャーオーナーとガイドプラに!

朝一のマリーナ周辺は、トップや巻物に反応が悪く魚からのバイト無し❗

エリアをスポーニングエリアに移動❗

魚を確認、触らずに漁礁に移動ですがヘビダンやヘビネコにバイト無し(T_T)

更にエリアを求めて北上です❗とある小さな島に到着、


レインズGテールサターン3.5ヘビーダウンショットシンカー7gのヘビダンで一本目🎵

その後もバイトは止まらず、魚のサイズがダウンすれば、シンカーの重さや、

カラーローテーションなどで、GOODサイズが出ます🎵


ヘビネコのシンカーは、3.5gにレインズスワンプ(グリパン) で!


帰りに今一だったマリーナ周辺で、バイブレーション、ヘビネコでナイスバスGET❗

来週のガイドプラ終了(^-^)
レインズワームで頑張るぜ👍



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




全国レインズファンの皆様。こんにちは、福島の橘内です(^-^)

7月10日日曜日に、裏磐梯檜原湖に行って来ました。
今回は桧原湖プチガイド!7月16日JB2桧原湖戦・7月17日JB檜原湖戦の練
習を兼て。
滅多にガイドはしないのですが、年1~2回必ず予約を入れてくれる2人。
素直で、無垢すぎる2人なので、自称「ペロちゃん釣らせる訳がないガイド」はこの2
人の為にあるかのようです・・・・(^w^)

7月の檜原湖は、私の場合2~5mのウィード地帯を攻めていきます。
得意とするウィード地帯でのネコリグスイミング!橘内流ネコスト!!
ゲスト2人様も、ウェードでのネコストをマスターしたいというので、まずは第一牧
場へ!!

 

「reins」エコスワンプミニ・スカッパノン0.9gTGネイルシンカー
で・・・・・一投目からゲスト彩ちゃんがナイスキッカ~・・・(^-^;
毎度のことですが、片方がお魚をかけると、片方がネットインしてくれるというラブ
リーなオチ付き!!!!

ゲスト彩様は、ウィードの上をチョン・チョン・チョン・

第二牧場では・・・・今度はゲスト徹君のお魚を彼女がネットイン・・・・く~~~
~~~!!!

ここでも「reins」エコスワンプミニ・スカッパノンと、TGネイルシンカー0,9g
の組み合わせは嘘つかない!!

そして、ブレイクをTGダウンショットシンカー1.8gに「reins」エコGテールサターン・スカッパノンダウンショット

・・・ゲスト彩様

兎に角午前中から二人共仲良く釣り過ぎ~~~~~・・・・・

お昼はいつもの「塩や」名物裏磐梯山塩ラ~めん~~~!!
桟橋もあるので、そのまま「塩や」さんに上陸可能。


午後からも、移動した場所全てで釣りまくる二人・・・・・(^-^;


ゲスト徹様は、「reins」ムーヴァ~Jr・グりパンのネコリグでも釣っていましたよ~~~(^-^)

今回の桧原湖では、水深2,5~5mのウィードの核部・ウィードのインサイド・ア
ウトサ.イドをネコリグメインで遊んでみました。

餌は・・・・・「reins」エコスワンプミニ・スカッパノン・に「reins」TGネイルシンカー0.9g
の最強コンビ~!!
ウィード地帯でキャスト!沈んだら、ゆっくり巻きながらシェイク!ウィードに食べ
られても意外と抜けてくれるから我慢!我慢!!(^-^)

ほらね~釣れたでしょ~~~!!
僕にもつれたぞ~~~~~


実はゲスト様は、今回で私の「釣らせる訳がないガイド」は3回目。「釣らせる訳が
ないガイド」なのに必ず釣って楽しんでくれる。
このレポートへも、今回で3回目の登場です。

よく笑い、とても仲が良く、よくしゃべり、よくよく楽しんでくれ、何時も釣り本来
の楽しさを思い出させてもらえてます(^-^)
そして何時も言ってくれる言葉・・・

桧原湖では 「reins」最高な餌ですねっと(^-^)


これから皆さんの地域は暑くなるでしょう。
いかがですか?福島県裏磐梯檜原湖は、最高な避暑地。裏磐梯山と檜原湖産スモール
マウス君たちが、皆様をお待ちしてますよ~~~(^-^)


お魚釣りは、楽しいが一番!レインの商材と共に(^-^)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7/10に開催されました広島チャプター第4戦の参戦レポートです。

前回のチャプター以来およそ一ヶ月間、公私共に多忙により湖には行けませんでした。

その為、この一ヶ月間の天候や水位状況をインターネットで確認し、

後は自分の過去の経験とデーターと当日の雰囲気でエリアを決めることにしました。

そして、当日の状況と上記の考えを踏まえ決めたエリアは、

インターセクション周辺のワンドまたはその周辺のカバー。
釣り方としてはこのエリアでフィーディングしている魚をサイトで狙うプランに決定。

フライト順が遅く、入りたいエリアには先行者が向かっていたので

ポイントが空くまで対岸のワンド内で魚を探す事にしました。

すると早速ワンドの入口あたりでキーパー~600あたりの魚が目視できたのでこれは期待が持てるかもと、

更に見ていくとキロオーバーに遭遇。
動きを観察し、近くのレイダウンに止まったのを確認。

1度こちらの気配に気づかれたのと、カバーがややこしかったので虫系ルアーによる提灯釣りを実行。
ラインを水に付けないアプローチにより、口を使わせる事に成功。
PEだったので強引にやり取り&キャッチに成功。

この1本でエリアと釣り方は決して間違ってないと判断。
更に対岸が空いたので、すぐさま移動。

エリアは張り出しと小規模のワンドが三連続で続く所。
そこにオーバーハングやレイダウンが絡むスポット。

このカバーに付いている魚を狙うのですが、ここでルアーをチビセクター(ダッピホワイト)にチェンジ。

このポイント、最初キロupをキャッチしたスポットよりオーバーハングやレイダウンがより複雑に入り組んでいるポイントですが、

小振りなサイズによるカバー通過能力、サイズの割に比重が高い事により

より遠くの距離からプレッシャーを与えず狙うにはうってつけのルアーです。(昨年のレポートにも紹介しておりますので、参考にしていただけると幸いです)

それをカバーまたはカバー周りにキャストし、ここぞというカバーで1点シェイクをしていると、何の躊躇もなくビックバスがバイト。
これも強引にカバーから引きはがしキャッチに成功!

開始1時間足らずでキロup2本、かつすぐ次のストレッチでも釣れなかったですが良いサイズに遭遇したので、これは今日はこの釣りだ!と絞り込みました。
しかし、その後は日が高くなった影響かはたまたプレッシャーなのかショートバイト&寸前で見切る状況に悩まされてしまいました。
結局、その後はキーパーの入れ替えのみで終わり、結果は3200g。少々尻すぼみな展開で終わりました。

しかし当日は思った以上に釣れてなく、ラスト1人の検量の段階まで3キロを超えているのは自分1人。

これは勝ったか!?と期待を抱きましたが、最後の方が3400gを持ち込み、捲られてしまいました。

後1本が・・・といったところでしたが、昨年のこの夏になるシーズンから、チビセクターにはほんとに良い思いをさせて貰ってます。



急遽手配下さいましたレイン様に改めて感謝致します。

次こそは、1つ上を取れるようにまた練習したいと思います。

使用ルアー
レインチビセクター(ダッピホワイト)+マス針#2をセットしたノーシンカーリグ

エコスワンプミニ(霞ジンゴローム)1/16ozレインタングステンシンカーのダウンショットリグ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




時期は少し遡りますが、広島チャプター第3戦のレポートです。

前の週にプラに入った結果、エコスワンプミニ1/16ozのダウンショットでのサイト又はブラインドで数、

サイズ共に釣ることが出来たので、当日はこのリグをやり切る事に。

開始1時間で500ベースでリミットを揃え、

サイトでサイズupと入れ替えを狙い、運良く狙っていた魚を見つけ、同リグでキャッチに成功。
しかし、当日の天候の影響と、タイミングの読み違いで

なかなか次の魚に遭遇出来ず、そのままタイムアップとなりました。

結果は2382gで10位。

たらればになりますが、上位陣のウェイトを見るとあと1本入っていれば

お立ち台~優勝に絡めただけに悔しさが残りますが、トーナメントというプレッシャーのかかる状況下においても

確実にリミットを早い段階で作れ、長い時間戦略通りの展開が出来るエコスワンプミニのポテンシャルの高さに

助けられた試合となりました。

使用ルアー
エコスワンプミニ(グリパン又は霞ジンゴローム)1/16ozタングステンシンカーのダウンショットリグ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ