ライン出版編集部

一人一著作を!
rein(独)を信条に
誠実な出版を目指す
ライン(rein)出版のブログです。

武蔵野ごったのらそば

2009-09-28 00:26:35 | Weblog
甚五郎という店で珍しいおそばを食べてみました。

ネギやナスを少量の油でとろとろに炒めて(たぶん)
そばの上にのせ、すりゴマをバァーッとかけてある。
少し甘めのつゆもかけてあり、
素朴なんだけど意外なおいしさ。

あとで知ったのですが、
行列のできるお店だったようです。
のらそばは売り切れることもあるんだそうで、
そういう意味では味わえてラッキーだったのかな。

鬼笑うどんや地獄うどんなんてものもあったらしいのに
気づけなかったのが情けないです。
もっとよくメニューを見るべきでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いも街道

2009-09-28 00:24:00 | Weblog
というかどうか定かじゃないが、
ここまできたらおみやげはいもですね。

ケヤキ並木通りにずら~っといもを売る農家が。
ベニアズマ5キロ1000円が相場です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いも神様

2009-09-28 00:05:49 | Weblog
所沢の三冨(さんとめ)へいってきました。

このあたり、新田開発の区割りが残っていて
歴史的にも意義のある土地柄ですが、
サツマイモの名産地、川越いもの産地でもあります。
三冨農業は、たしか雑木林の落ち葉で堆肥を作り
有機栽培をしていたはずで、
サツマイモもひときわおいしいんだとか。

なぜ、きょう、忙しい編集のさなかに三冨なんぞへ行ったかといいますと、
おーっと、それも今は明かせないので
またの機会にするといたしましょう。

毎度思わせぶりで申し訳ありません。

で、いも神様にお参り。
社の前に「なでいも」なるオブジェがあって
これをなでると健康、家内安全、子孫繁栄にご利益があるそう。
2回もなでてしまいましたよ。

雑木林で道に迷いました。
でも、国木田独歩さんが
「武蔵野は道に迷うことを苦にしてはならない」
と書いたことを思い出し、
迷うも楽し、とばかり大いに歩き続けたのでした。
結果、万歩計の数字は跳ね上がりました。
(いいことだ)

そして、自然の恵みです!
どんぐりをたくさん拾いながら
宮澤賢治の世界にも浸ることができたのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つばさ最終回

2009-09-26 09:21:25 | Weblog
「私は川越のおかんになる」
と、意外にもあっけなく終わってしまいました。
(ネタバレ御免!)

すごいね、恋よりラジオぽてとを選んだんだ!

きっかけが自発ではなくても
そうした流れにのるという出会いとか始まりはよくあるもの。

reinがぶんか村を発進するきっかけになったのは
一緒に情報誌を作りたい、という人からのオファーでした。
その後発病し、闘病する中
あきらめようかと弱気になっていた私に
主治医が「やる後悔とやらない後悔、どちらを選択する?
どうせならやってみては?」と助言。
(医師がそこまでいうか!?)

そこで退院後、スタートさせたというわけ。

創刊時に郷土史のオーソリティにご挨拶に行くと
「あなたがぶんか村の村長なんだからがんばって」
とゲキをとばされる。

そのときは「村長だなんて」と笑ったけど、
まあ、自分で築いてきた村だから。

村民、いえ仲間や協力者、ファンも増えて
いまやぶんか村の人口はどれくらいになっただろう。

つばさが「川越のおかん」なら
reinの「ぶんか村の村長」もありかな?
(もちろん政治活動はしません)

さて、つばさの実家である川越の老舗、和菓子屋の「甘玉堂」。
甘玉というお菓子はきっとこのあと川越名物になると思うけれど、
テレビを見ていて「食べた~い」と思った視聴者は多いだろう。

お彼岸に供えた仙太郎の「老玉(うばたま)」は、
中身こそ違うけれど
(こちらはこしあん、甘玉はいも)
見た目はそっくり。

中身をいもにこだわらないという方は
池袋東武デパートに仙太郎のお店があるので
老玉を味わってみて。

話がそれますが、
以前ぶんか村で紹介した仙太郎は
「身土不二」が信条の和菓子屋さん。
本拠は京都です。
国産厳選の材料だけ、というこだわりようで
最中もぼたもちも、ほかにもいろいろありますが、
とにかく何もかもがおいしい。
なかなか池袋まで行けないので
reinは京都駅伊勢丹地下で買うことが多いです。

その仙太郎の老玉がモデルではないか
と思うような甘玉でした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

癒しの銀モクセイ

2009-09-24 23:14:24 | Weblog
疲れて家に戻ると
ジョウロに水を張って
銀モクセイが生けてあった。

香りよし。

ホッとする瞬間。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

野ぶどう

2009-09-24 23:11:02 | Weblog
自然の色とは思えないほど様々な色の実が
一本の枝にちりばめられて
まるで宝石のよう。

自然美に見とれてしまう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やさしい魚

2009-09-23 00:13:44 | Weblog
19日に和光サンアゼリアで
埼玉フィルハーモニー合唱団の定期演奏会が開かれた。

団長さんより招待チケットをたくさん預かって
近所のお店や合唱活動をしている知り合いに配った。
その甲斐あって、でもないだろうが
満席で大盛況だった。

「やさしい魚」は川崎洋さんの詩に新実英作氏が曲をつけたもので
4曲から成る。

「体温計のケースに
しのばせて
手渡そうとした恋文は
とうとう渡せないまま
あれから
どこへ行ったのだったか」

というフレーズがあって
ちょっとドキッとさせられる。

このコンサートでおもしろかったのは
ジョン・ラターのレクイエム。
レクイエムといえば重い感じがするものだが、
このレクイエムは軽快でやさしい感じの曲想。
初めて聴いた。

プログラムの表紙には
ラターが学んだケンブリッジ大学クレア・カレッジの写真が使われている。

アンコールを2曲、
それが終わるまで席を立つ人がほとんどいなかったのは
このコンサートの成果といえるのではないだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わかりますか?9月のサクラ

2009-09-22 19:12:32 | Weblog
先日一輪咲いているのを見つけたサクラですが、
きょうは6輪も咲いていました。

どうしたことでしょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おべんとう

2009-09-22 00:38:51 | Weblog
これは最近のお弁当です。

毎朝勤め人のために作ります。

器は大館の曲わっぱ。

ほかにサラダとくだもの、飲み物をつけるのが定番。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

お墓参りⅡ

2009-09-20 22:18:19 | Weblog
昨夜のラジオ深夜便で
きょうは行楽日和、お墓参り日和となるでしょうと言っていたが
その通りの秋晴れとなったため
飯能方面に墓参りへ。
お線香の香りに包まれながら手を合わせ故人と対話。
磐梯山麓、キョンジュへの旅の報告をした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加