ライン出版編集部

一人一著作を!
rein(独)を信条に
誠実な出版を目指す
ライン(rein)出版のブログです。

笑っちゃったんだけど

2017-12-16 11:38:52 | Weblog

歩いていたらこんな看板に出くわして、おなかを抱えて笑ってしまった。

なんじゃこれは…!

と、それが笑い話ではなかった。

曲折はあるものの、利休のお祖父さんの名は田中与四郎だそうから

利休の姓が田中であるというのもうなずける。

これまで知らなかったことの方が恥ずかしくて苦笑い。

知ってました~?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しき…

2017-12-15 10:25:26 | Weblog
新庁舎の内部。
公開されたのは1,3,5階のみであった。


エントランス、1階フロア。
まだ床にカバーがしてある状態。
この色も悪くないなと思ったんだけれど。


こちらは3階。
真新しい設備の中、職員たちもさぞ仕事に励めることだろう。


延長コードの色にご注目!
赤ですよ~。
イタリアンカラーなのかと思いきや
(設計事務所はミラノ万博で日本のパビリオンを設計した会社)
災害時の自家発電機とつながっているコードだそう。
普段使いは白だった。


西側の窓には西日対策として遮光用のパネルが取り付けられている。
西日が差しこむときにできるシルエットがおしゃれな感じ。
先日も載せたが、この位置から富士山が見える。

安全、安心でしかもピッカピカの庁舎は1月4日からスタート。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだあったのね

2017-12-15 02:31:13 | Weblog

銀座通りにて。

戦後間もないころからずっと続いているのか。

久しぶりに見かけたような妙に懐かしさを覚える風景だ。

スマホで撮影している人が結構いたのには驚いた。

でもそれは、背後にいる子猫ちゃんに向けられていたのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セザンヌ最終章

2017-12-13 00:54:08 | Weblog




この一年、どんなにセザンヌに振り回された?ことか!

あまたの画家のうち、なぜセザンヌだったのだろう。

南フランスで見たサント・ヴィクトワール山に始まり、

国立埼玉病院に飾ったセザンヌの模写、

ル・シネマで見た「セザンヌと過ごした時間」、

そして「北斎とジャポニスム」では、模写したのとそっくりな作品と対峙した。

ワシントンD.C.まで行かずとも「サント・ヴィクトワール山」を西美で鑑賞できてラッキー…

と思ったら、私が模写したほうはロンドンのコートールド美術館にあった。

だから最終章はしばらくお預けだ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新庁舎見学会

2017-12-11 10:36:41 | Weblog
とっても寒~い朝から行われた。

稼働するのは年明け1月4日からだ。

まずは新庁舎見学オープニングの風景。


新庁舎から旧庁舎を見たところ。

昭和40年代に建てられた当時は周りに何もなく、雑木林の森にそびえるまさしくランドマークであった。
雨漏り、耐震不安、また老朽化も随所に目立ち、この度の新築となった。
旧庁舎に取材で訪れたシングル時代は、
まさか当市に根を下ろすことになろうとは夢にも思わなかった。



5階の西窓からは、平林寺の雑木林越しに富士山が望める。
2階にいた職員の女性に「新庁舎から富士山が見えるってことはありますか?」と尋ねると
「今朝私も見てきたばかりです。5階から見えますよ」とにこやかな対応。
市民の方々がしきりにカメラやスマホで撮影していた。
雪をかぶった真白き富士はまことに美しい。
ダイヤモンド富士の格好のスポットになるかもしれない。

内部については別途リポート。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Sさん、絵本カフェですよ

2017-12-11 00:05:07 | Weblog

高円寺で見つけました。

行ってみてはいかがでしょうか~?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒い朝

2017-12-11 00:00:04 | Weblog


♪北風ふきぬく 寒い朝も
心ひとつで あたたかくなる…

といっても、しごく寒かった9日朝。

畑の中の細道を歩いていたら霜柱が。

心ひとつではなかなかあたたかくなれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペガサスとプロメテウス

2017-12-10 23:49:41 | Weblog




闇夜に彫刻発見!

何かな?と思いストロボ撮影してみた。

どうしてギリシャ彫刻のようなものがここにあるのか?

それは、謎。

中野駅南口から紅葉山公園に続くもみじ山通りにて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

めでたい風景

2017-12-09 01:58:13 | Weblog




こうしたディスプレイを見かけると

いよいよお正月だな~という気がする。

街はクリスマス一色だけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『明日へー戦争は罪悪であるー』という映画

2017-12-08 15:43:43 | Weblog
昨夜中野ZEROで上映された。



数年前に製作協力者の一人からチケットをいただいていたので観に行った。
何年もかかってようやく上映にこぎつけたものだ。

老いた落語家が語り継ぐ、叛骨の僧侶の言葉が軸になっている。
「戦争で、人殺しだけはするな」

僧侶とはいえ、あの時代にこうした発言をするにはどんなに勇気の要ることだったろう。

戦時中に「このような良心の人、慈悲の人、まことの仏教者の居たことに」
妙心寺派前管長で花園大学総長の河野太通氏は涙を禁じ得なかったという。

興業映画ではないので、会場はいつもと違った空気が流れていた。
居合わせたのは、主義主張や問題意識をちゃんと持っている方々ではなかったか。

出演者の舞台挨拶があった。


左から監督の藤嘉行さん、脚本の土屋保文さん、主演の中原丈雄さん、岡本富士太さん、小倉一郎さん、小倉レイさん、松本ふみかさん。
出演もしていた谷川清美さんが司会を務めていた。

上映箇所はきわめて少ないため
口コミで伝えていかなければということだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加