第二黎明期的日記

劇団第二黎明期のあれこれです 新潟市中央区西堀前通4-730 シアター西堀DOMO 電話070-6573-1119

とりあえず飛び込みます。

2016-10-31 | 阿倍早千代
演劇をやっていると音楽だったり朗読だったり様々な所からお声掛けいただきます。

声を掛けて頂いたら基本観に行きます。

舞台表現という大きなくくりの中で何か得るものがあるかもしれないという下心満載で。

で、先日はじめての浪曲でした。

まさに未知との遭遇だったのですが、そういう人のためのはじめの一歩に合わせた構成だったよう。

古典と新作、その間に新潟出身という浪曲師さんの紹介。

90分の尺の中に色々が詰まっていました。

良く通る声、元はコント作家さんを目指していたとのことで新作はほぼほぼコント(笑)

古典芸能を観るといつも思うのだけど、師匠がいてその下で研鑽努力する人達のあの裏打ちされたしっかりした感じ、あれはいつも特別だと思う。

観ていて気持ちがいい、下心は満たされました。

さて、黎明期です。

うちの師匠、なんて言うと本人が嫌がりますが今回は主宰が主演を勤めています。

ゲストのAiさんともなかなかのコンビネーション。

Aiさんがうっかりセリフを飛ばしても慈愛に満ちた返しをしています。

あ、さてはAiさんのこと好きだなと思う瞬間です。

フフフ、お楽しみに。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おりかえし?そしてお願い | トップ | 今日は何の日♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

阿倍早千代」カテゴリの最新記事