『 HARD & LOOSE 』 れいめい塾 津市久居

塾頭の『れいめい塾発 25時』
三重県津市久居にある学習塾『れいめい塾』の塾頭のブログです。

津東なら必ず三重大学合格させる、約束さえ守ってくれたらね

2017年03月13日 00時51分02秒 | 塾の風景

やっと新高3の英単語のプリントを打ち終える。

まあ、海斗(津東2年)が諮問試験にやってきたからね。まだまだ危うい覚え方、新しいヴァージョンを作ったわけだ。

 

丈一郎(津東卒)が三重大学教育学部に合格した。志望は数学のセンセだった、ところがセンター試験でこける・・・ビハインド60点。俺は、そんなにビハインドがあるなんて知らなかった。数学のセンセになりたいのなら勝負すればいい、アカンかったら浪人すればいい・・・そんなノリだった。偏差値的に合格しそうだから教育学部の学部を決める・・・生徒たちの指標となるガッコの先生になるのに、その弱気はない、そんな打算は子どもたちに失礼だ。まずは真っ向勝負でいい、骨はウチの塾が拾うのだ。

さて、丈一郎・・・ビハインドがあっても気にならなかった。ウチの塾には島左近たる岡山大安寺れいめい塾の大西塾頭がいてくれる。丈一郎、彼の薫陶を受け、国語で60点のビハインドをひっくり返す。ちなみに三重大学の二次試験の配点は2教科で400点、そのビハインドが60点・・・さすがに大西マジック。

その丈一郎が津東に合格を報告に行ったとか・・・「それがですね、会う先生、会う先生に、受かったと言ったんですよ。すると先生方、『知ってるよ、ブログ見たから』って言うんですよ。津東の先生も先生のブログよく見てますよ」

・・・津東の先生方、感謝します。

で、海斗・・・余りにひどい成績に苦情しきりの先生方、それでも海斗は「塾の先生はこれでも三重大学に合格させるって言ってくれてます」なんぞと言ってるらしいが・・・津東の先生方、本当にすいません。

そりゃ、俺が言うカリキュラムをきちんとしのいでくれれば、俺も三重大学なら保証する。だって、過去10年間、津東の生徒は全員が三重大学合格。唯一、去年の幸祐は警官になったけどな。それでも去年でなら潤奈(27期生・三重大学教育学部)、そして今年の丈一郎、ちゃんと仕事はしている。津の下位層と津西と津東、知識的には変わらない。問題は受験生としての覚悟だけだ。

俺が言うことを守ってくれれば、約束さえ守ってくれれば・・・その覚悟があれば、津東であろうと久居であろうと三重大学には合格させる。

でも海斗、去年の末以降、甚ちゃん(6期生相当・県職員)と皆で約束して以降、俺が指示すること、全然してへんよ。

 

・・・と言いたいが、昨夜は諮問試験にやって来た。諮問試験は当日中が基本的なルール、ゆえに遅いけどな。それでも一応はやった・・・ attitude の意味が言えやんかったけどな。

とりあえずはしばらく付きあったる。今しがた作ったプリントにも attitude を入れておいたよ。だからこの1枚、すぐに覚えろや。

 

ともあれ、明日新高3は全員がするように・・・できない、じゃあ塾を辞めればいい。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文字と戯れる | トップ | 2017-03-13 09:09:30 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

塾の風景」カテゴリの最新記事