黎明の日々の光景

日々の光景の中にある美しく感じた瞬間・
きれいと感じた空間やモノ等をそのままに切り取りました。

高積雲のち曇り空

2013年10月31日 | 日記

平成25年(2013年)10月31日(木)

きょうの松山市は、朝から高積雲が空にあり、時々空を覆っていました。

昼前から松山の北側を雨雲が通り過ぎたので全体的には曇り空で細かく言うと北半分が雨雲状態で南半分が隙間の大きい高積雲が空を覆っていたので時々日差しもありましたが、午後はどんよりした曇り空。

午後4時前から晴れとなりましたが、高積雲の姿は もうありませんでした。

きょうの松山市の最低気温は、6:40に11.4度で最高気温は、12:45に21.6度でした。

7:46 羽田行き JAL1460便

8:01 空に巻積雲が広がってきました。

お昼頃の空 北側の空は雨雲状態で南の空には高積雲が残っていました。

でも その後は曇り空となりました。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

あさのそら

2013年10月30日 | 日記

平成25年(2013年)10月30日(水)

きょうの松山市は、早朝は晴れで巻雲がチラホラしていましたが、その後は巻層雲が広がり、霞んだ青空が広がる晴れでした。

松山市のきょうの最低気温は午前5時9分に11.1度で最高気温は、14時42分に22.3度でした。

  

6:34 月と巻雲

6:43

7:48 アーク塗装の JA324J

7:51 上空通過中のJAL機を見ていたら いつの間にか14上がりでANA機が飛行中

 

数日目からフィリピンの東にあった熱帯低気圧が、きょう未明に台風29号(クローサ=鶴・カンボジア)となりましたが、西に進んでいるので今のところ日本には影響なし。

 

さて土曜日の夜に松山空港を大混乱に陥れた小型飛行機の事故調査は、きのうの29日で終了。

調査を行った国土交通省運輸安全委員会の航空事故調査官によると機体の異常は特に見つから無かったそうです。

事故原因が操縦ミスか機体の不具合かの判断は、示しませんでした。要するに現時点では原因不明ということで。

今後は、折れた前輪部を詳細に調査して原因究明を行うなどして1年をめどに事故報告書をまとめるそうです。

で報道機関に対して最後まで操縦者の氏名などの情報開示は行われなかったそうです。

 


この記事をはてなブックマークに追加

きょうの月と飛行機とか

2013年10月29日 | 日記

平成25年(2013年)10月29日(火曜日)

きょうの松山市は、ほとんど快晴状態の晴れで

午後は、空にいくつも描かれた飛行機雲の多くが消え残り、巻雲や巻積雲などに変化して青空をきれいに飾っていました。

きょうの松山市の最低気温は10.7度で最高気温は、21.0度でした。

 

さて、先週ぐらいから月が午前中に良い位置にいるので

月と飛行機の構図を狙っています。

7:50 14側に離陸したJAL機が、旋回して頭上にきょうは斜めに進んでくれたので期待したのですが

かなりずれました。

7:55 ANA機 これも14上がり で旋回して頭上にやってきました。

この機体も斜めに進んでくれたので

こんな感じの構図となりました。これってもう少し自分が後ろにさがれば何とかなったかも

 さて きょうは午後に飛行機雲が多く描かれていました。

そのほとんどが消え残り、大きく変化して巻雲とかになっていました。

15:55 仕事で外に出て職場の建物とかを5分ほど自分のカメラで撮影していたので

ついでに撮影。職場にカメラが無いので いつも自分のを使っています。 

 

午後5時頃 さすがに涼しくなってきたので 職場の窓を閉めていると

いくつもの飛行機雲が重なり合って青い空にきれいな放射線状態。

写真撮りたーい。

次に北側の窓を閉めているとこちらには飛行機雲が変化したと思われる

巻積雲が広がって 傾きかけた太陽の淡いオレンジ色に染まってきれい。

写真撮りたーい。

ということで終業時間と共に 残業禁止の身の上なので 早々に職場を後に

でも もうそこには あの空はありませんでした。

  

17:16 微かに残る 巻雲とかが、薄いピンク色に染まってきれいでした。

    

ちょうど松山空港を離陸した飛行機がやってきました。 

17:19

17:22 空のVサイン

  

夕景はこんな感じ 17:24

松山市のきょうの日の入り時刻は17:20でした。

 


この記事をはてなブックマークに追加

巻雲、巻層雲の広がる夕空

2013年10月28日 | 夕景

平成25年(2013年)10月28日(月曜日)

きょうの松山市は、上空にはほとんど雲の無い青空の広がる晴れで昼頃は、飛行機雲が所々消え残り、帯状の雲に成長していました。

午後2時頃、所用で外に出かけた際に青空に巻雲が広がってとてもきれいでした。

午後3時半頃には、巻雲に巻層雲が広がってきて太陽の光も弱まってきました。

松山市のきょうの最低気温は6:35に9.6度で最高気温は、14:04に20.4度でした。

職場でも薄手のセーターとかを着込んだ人が何人もいました。

12:22 上空を通過中のJAL機

 

  

14:03 所用で出かけた際 青空に巻雲が広がっていました。

17:21 きょうの松山市の日の入り時刻は17:21

17:23

17:25

17:28 もっと夕焼けを期待していたが、だんだんと色褪せてきました。

 

松山空港での小型機の事故ですが、航空事故調査官による現地調査の2日目は、

事故機の機体詳細調査、滑走路等の場面の痕跡等の調査や機体整備関係書類の確認などが行われたそうです。

 

さて、事故のせいで大変迷惑を被った多くの人達が、かなり激しく怒りを抱いているようで JA4159所有者 等の 犯人探しのネット検索を繁雑に行っているようで

私のブログでも きのうのデータで16回検索されていました。 それ以外でもJA4159で5件ありました。 きょうもその検索がかなり多いようです。 


この記事をはてなブックマークに追加

最低気温9.4度の日曜日

2013年10月27日 | 日記

平成25年(2013年)10月27日(日)

きょうの松山市は、晴れ。

朝の最低気温は、いきなりの10度以下の午前6時36分に9.4度(きのうの午前6時の気温が16.0度)で

最高気温は、12時50分に20.4度でした。

きのうの土曜日の午後6時半に鹿児島県喜界島の喜界空港を出発した小型プロペラ機(JA4159・ビーチクラフト式A36(ボナンザ36))が松山空港に着陸の際に前のめりとなり2回バウンドして前脚支柱が折れて前輪脱落、プロペラも破損で滑走路上で動けなくなって停止。

そのため、松山空港の滑走路は3時間も閉鎖されました。で一部報道では、当該機から松山空港への着陸要請をしてからの着陸だったようで飛行計画書がどうなっていたかは不明。

空港閉鎖の影響でJAL系とANAとジェットスターの計13便が欠航し、JAL系とANAとジェットスターの到着予定便が目的地変更で広島空港や高知空港等に着陸となりました。

今朝も松山空港では始発便に影響が出てANAは7:40の羽田行きと8:15の伊丹行きが欠航し、JALの7:35羽田行きは何とか運航してくれるらしいが20分程度遅れる予定でしたが、実際に14側に離陸した姿を確認したのは8時23分。

いつまでも離陸しないJAL機をあきらめて自宅に戻ると

14上がりでJAL機が飛び立った。

8:26 離陸後上空を通過中の 7:35発予定だった 羽田行きJAL機

始発便で唯一運行予定のJAL機を延々と待っていた時に

7:55に 松山空港を14側に離陸した小型機

14:38 ANA機

15:02 午前中は快晴状態で 午後からは時々、雲が流れてゆきました。

 

数日前からのどが痛かったのですが、きのうから急に肩とか首とか上半身が筋肉痛状態で夜には頭が痛くて熱っぽくて風邪薬を服用して早々に寝ました。きょうも自宅で静養でどこにも出かけず。

 

さて、小型機による空港閉鎖で約1,700人以上もの人に多大な迷惑をかけたようで、一部の方は松山市内のホテルが満室で空港ロビーで夜を明かしたそうです。

で、ちょっとした交通事故でも当事者の氏名等は公表されるのに今回の事故を起こした飛行機の操縦者の住所氏名等は、なぜか公表されていません。

ちなみに事故を起こしたA36は、1947年に初期型が生産されてから現在も生産中で単発小型プロペラ機の世界のベストセラー機らしいが、この事故機体JA4159は、過去の国土交通省の航空重大インシデント調査報告書(当事者の懲罰目的でなく、事故原因等を究明して事故防止を図る目的の調査報告書です。)で報告されています。ただし、現在は所有者が変わっているかもしれませんが。

その報告された案件は、2006年(平成18年)11月に名古屋空港の誘導路で管制の離陸許可前の待機中に到着機のJALのボンバルディア機が管制の着陸許可を得て滑走路に進入している状況を現認しながらも管制指示の無線を聞き間違えて許可も無く滑走路に進入してあわや大惨事寸前ということでJAL機は、危険回避で着陸をやり直したそうです。この時は飛行訓練中で機長(教官)と練習生が乗っていたそうです。

これって練習生が間違ってやってしまったのではなくて、管制指示の無線を聞き間違えて錯乱状態だったのはベテランというべき機長(教官)で自らフットブレーキを踏むのを止めて前進しようとしたら、当然のことだけど練習生側もブレーキを踏んでいたので ブレーキ解除で急いで発進すると訓練生に言って自ら操縦して滑走路へ進んだそうです。  

この時の報告書内に 飛行計画書の目的地は調布飛行場とあり、訓練生の供述でも「調布での交信は」「前日に調布飛行場から」とあるので この当時の駐機場所は調布飛行場であったと推測されますが、現在はそれも不明です。


この記事をはてなブックマークに追加

土曜日の飛行機と空

2013年10月26日 | 日記

平成25年(2013年)10月26日(土)

きょうの松山市は、早朝は東の地平線付近に雲が残る程度で青空の広がる晴れ。

午前中は、時々空一面に雲が広がる晴れ時々曇り。午後は、今にも降りそうな雲が時々広がる曇り時々晴れでした。

松山市のきょうの最高気温は、20.1度で最低気温は14.4度でした。

朝の月 6:42

 

8:09 台風一過の真っ青な秋空を期待していたが、白っぽい青空の晴れとなりました。

12:20 

  

14:48                                  14:50

15:29 この白い機影は、ボーイング787ですね。

15:33

午後は、こんな黒い雲が広がり、時々青空が見える空模様で夕方もこんな感じの空で夕日は見えず。

 


この記事をはてなブックマークに追加

大雨の一日

2013年10月25日 | 日記

平成25年(2013年)10月25日(金)

きょうの松山市は、昨夜からの大雨状況が昼頃まで続きました。

夕方には雨も止みましたが、少し風が出てきました。松山市の日雨量は101.5ミリでした。

松山市のきょうの最高気温は、18.4度で最低気温は17.2度でした。

夕方の松山中央公園付近の石手川 さすがに暗いのでフルオートで撮影

各所に増水の名残が見られます。

 

松山外環状道路 インター線 石手川橋梁辺り

この大雨で重信川では 国道56号(出合大橋)下流250mにある出合観測所で、午前4時50分に3.68m等を観測、はん濫注意水位3.00mを超えました。

大雨の影響で午前0時から国道33号の愛媛県の久万高原町中津~柳井川、高知県仁淀川町森山~久万高原町中津が通行止め。

午前2時40分から国道33号の久万高原町柳井川~久万高原町中黒岩も通行止め。

この区間では、規制基準雨量の連続雨量250ミリをはるかに超える雨量で久万高原町日野浦で連続雨量359ミリ。久万高原町岩川で466ミリでした。

午前2時55分より高速道路の松山道の新居浜IC~いよ小松JCTも雨で通行止めでその後は、通行止め区間が土居IC~川内IC間に拡大し、今治小松自動車道の今治湯ノ浦IC~いよ小松JCTも通行止め等となりました。

鉄道もJR予讃線の観音寺から宇和島までが、運休で予土線も愛媛高知間も運休。

松山市では昨夜の22:48に大雨洪水警報が発令。

で気象庁のHPを見ていたら愛媛県全域が大雨警報とかで真っ赤になっているのに一か所だけ小さい黄色の注意報箇所がありました。

それは、松山市の南に接するエミフルMASAKIのある松前町でした。


この記事をはてなブックマークに追加

雨の合間のだんだんワンツー号

2013年10月24日 | 日記

平成25年(2013年)10月24日(木)

松山市は、午前中は曇り時々雨。

お昼頃は空も明るくなって時々日差しもありましたが、午後からは再び曇りで午後2時頃から本降りの雨状態で午後6時頃からかなり強い雨となっており、午後7時現在の日雨量は31.5ミリ。午後10時現在は56ミリ。

松山市のきょうの最高気温は、23.1度で最低気温は18.4度でした。

6:30 の空 雲の隙間にわずかに青空が

12:49 郡中線 土居田駅西側付近 伊予鉄だんだん125

 

台風の影響で四国内でも台風の北側の前線が刺激されて大雨となっています。

14:15から高知県の国道55号の東洋町~室戸市の区間が規制基準雨量の連続雨量250ミリを超えて通行止めとなりました。

15:50からは同じ高知県の国道33号の越知町横倉~仁淀川町森山の間も規制基準の連続雨量250ミリを超えて通行止めとなっています。


この記事をはてなブックマークに追加

雨の一日

2013年10月23日 | 日記

平成25年(2013年)10月23日(水)

きょうの松山市は、朝から曇り時々小雨で昼頃から本降りの雨で夜も雨が降り続いています。松山市の午後8時現在の日雨量は23.5ミリ。

松山市のきょうの朝の午前6時は19.4度でしたが、夜になって気温は徐々に下がり続けて午後7時に最低気温は18.7度。

最高気温は、午前11時15分に21.1度。

8:03 小雨降る中 松山空港を陸側に離陸した太陽のアーク塗装のJAL機

 

直接的には、影響が少ないとみられている台風27号・28号ですが、今後も複雑な動きが予想され、

刺激された秋雨前線による長期の大雨の可能性もあるので、この週末までは要注意です。

 

ところでフィリピン辺りの海上では、台風が発生しやすい気象状況が続いているそうで11月になっても複数の台風が発生し、

日本列島に接近する可能性があるそうです。

 


この記事をはてなブックマークに追加

火曜日の空

2013年10月22日 | 日記

平成25年(2013年)10月22日(火曜日)

きょうの松山市は、晴れで午後3時頃には層積雲がうね状に広がって曇り空となり、午後6時半頃にわか雨が降りました。

松山市のきょうの最高気温は、13:06に26.5度で最低気温は6:02に14.8度でした。

きのうと同じような ブログ写真構成

8:02

12:13 ANA  JA711A スター アライアンス特別塗装機

かなり無理な姿勢で撮影した 真上を通過中の機体

 

さて帰りに、花園町通りでのイルミネーションを撮影と思っていましたが

風が強くて、雨が降りそうだったのでやめました。

17:20 西の空

 


この記事をはてなブックマークに追加