黎明の日々の光景

日々の光景の中にある美しく感じた瞬間・
きれいと感じた空間やモノ等をそのままに切り取りました。

水曜日の空の飛行機

2017年04月19日 | 日記

平成29年(2017年)4月19日(水曜日)

きょうの松山市は、晴れで夕方には、飛行機雲が何本も空に描かれ、
やがて巻層雲が広がってきました。

最低気温は、14.5度で最高気温は19.5度で昼前から風が強くなりました。

 7:57 ANA582便 JA819A 

 17:31 ANA 596便 JA711A スターアライアンス塗装機

 17:50 JAL JA8985 夕方 多くの飛行機が空に飛行機雲を描いていました。

 18:01 中国南方航空 B-7185

 

 

さてローカルな話 松山市の旧余土中学校跡地 きょうの日経新聞を職場で読んでいたら
余土保育園が跡地の再利用の教室に移転しているとのことで 状況を確認してきました。

 旧余土保育園 ちょっと、この保育園の父兄にはガラの悪い人種が多くいて
 この周辺の狭い道路で傍若無人の無茶苦茶な運転をしていて、ひかれそう
 になったので「危ない」とか注意すると「ぶち殺すぞ」等、からまれたことがありました。

 時々、園の前で子供を迎えに来た父親 (同業者の土木系)(くわえたばこの母親
 もたまにいましたが)の品の無い方々が、園の周辺には迎えに来た車がぐるりと違法
 駐車状態なので車の離合ができないとか、そこ空けろとかで子供たちのいる前で
 「どけ、ぶち殺すぞ」とか 怒鳴りあっているのを何度か見かけましたが。

 中学校の校舎で新しかった教室の一部を残して増改築で
 1階 余土保育園 2階 余土児童クラブ 3階 子ども総合相談センターとなるようです。

柔剣道場を改修増築等で余土公民館として再利用
体育館は、公民館付属体育館として再利用

 中学校敷地にあった 森 恒太郎(盲天外)等の石碑は ここへ移設

 校舎と体育館等を分断していた市道の一部は、片側歩道設置と
若干の拡幅で整備されています。

南側 県道側からみると 旧校舎の面影が

 消防ポンプ蔵置所


敷地にかなり余裕があるのは、 余戸駅近くの交番裏の住宅地の路地沿い
にある余土支所(借地で築40年以上経過)も将来的に中学校跡地に移転
新設予定。

 

 

『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりに見えた石鎚山とか | トップ | 木曜日は晴れのち曇り »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL