黎明の日々の光景

日々の光景の中にある美しく感じた瞬間・
きれいと感じた空間やモノ等をそのままに切り取りました。

側道部開通が1ケ月後に迫った松山外環空港線

2017年08月18日 | 日記

平成29年8月18日(金曜日)

きょうの松山市は、晴れ

最低気温は、25.5度で最高気温は32.0度でした。

夕方、帰宅時にかなりの遠回りをして 約1ケ月後の9月18日に先行開通する
松山外環状道路空港線の側道部の状況を撮影。

 下り側 国道56号から伊予鉄郡中線と旧国道56号を越える国交省施工の
側道橋部の降り口、ここで県道の側道と合流。前にも言ったように見えている
下りの坂路部分だけが、純粋な側道部分。その他は、将来に本線部の自動車専
用道路が出来た時点では、ICの本線ONランプ(入口)となるので、今回開通
する側道橋部分は、自動車専用道路になる。したがって、今回の開通時には、
原付や自転車や歩行者は、通行不可となると思われる。勾配もかなりきついし、
車道幅員も路側に余裕無しなのですぐ横の副道を使用となるのでは。

 

 上り側の側道部と国交省の側道橋入口 ここも将来の本線開通後は
ICのOFFランプとなるのでこの上り坂の坂路だけが、側道ということで
ここからは空港線の自専道には乗り入れできない。

 

その先は、色々と既存の市道等が切り替え等でややこしい通行状態となっているが、
県道久米垣生線(現道)交差部分 この辺りの側道の市道の歩道は、ほぼ完了。

 洗地川の橋付近

 市道の側道橋 その先に見える橋脚は、本線部のもので県管理の河川で
河川管理者は、かなり厳しいので先に橋脚だけを先行で施工したようです。

市道の側道の舗装もほぼ終わっています。

 反対側は、モーターグレーダー等で路盤工(アスファルト舗装の下の部分)
をやっていました。

主要地方道伊予松山港線と接続する県施工部分

接続する部分の交差点の三角地で残る部分にはローソンができていました。

ここまで来たら 松山空港まで行けばよかったが、さすがに夕方とはいえ、
日射しは強くて暑いので帰宅

 ANA596便 羽田行き スターアライアンス塗装機を最近よく目にします。
きのうの582便も596便もスターアライアンス塗装機でしたが、きょうは
JA711Aでした。

 空が青いのでエンジンからの黒い排気が目立ちます。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加