孝之を笑えない

今日の一曲 ♯1612「Port o Call」/BERTIE HIGGINS

邦題は「愛してるよ、サバンナにて。1955年」

…今から20数年前(4半世紀だw
音楽に虜となった少年が初めて自分で買ったアルバム(MTですが)からのナンバ-
それから数年の間は1枚のアルバムを買うのにレコード店を数時間徘徊するちょっと困ったお客だったとか(汗)
そして10年が経つ頃には金にモノを言わせて(たかが知れてますがw)手当たり次第にCDを買うようになり…
更に10年が過ぎた今では新譜は滅多に興味を示さないノスタルジックなリスナーに…

「時間が一番残酷で優しい」とは「君が望む永遠」の中での名台詞ですがよく言ったものです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« yes he know me ぐっがー♪ »
 
コメント
 
 
 
1982カサブランカかぁ… (pato)
2007-02-21 09:17:29
丁度私が音楽と離れつつあった頃なのですね…。
自由にCDを買える環境が羨ましく思えます。
CDの時代になったら続々と昔のアルバムが再発され、揃えるなら今しかないじゃん!と我に返ったっけ。
でも禁欲生活は続くわけで。
…ってそのわりにいつ買ったの、このCDの山は!になってますが(^o^;ハハハハ

「時間の中で一番残酷なのは結婚」

肋骨は大丈夫かな?
 
 
 
おそらくは新星堂にて。1982年w (ますたー)
2007-02-21 21:59:22
pato様

>1982
ズバリです♪
当時のアルバム@¥2800は中学生には大金だったので二ヶ月で1枚というペースでした。

>自由にCDを買える環境が羨ましく思えます。
>「時間の中で一番残酷なのは結婚」
まぁ色々なモノと引き換えですのでw
一人…また一人と周囲が脱落するのを尻目に一人買い続けています(汗)

>肋骨は大丈夫かな?
ご心配ありがとうございます。
肋骨付近の筋肉(と贅肉w)が痛んでおりましたが収まりつつあります。
服用している薬の副作用もあって筋肉痛が起こりやすいのでその影響かと~

ヨタヨタと低空飛行に拍車が掛かっていますが飛び続けたいものです(汗)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。