その答えは・・・

今日の一曲 ♯3166「Norwegian Wood」/THE BEATLES

「バーナード嬢曰く。」で採り上げられている作品から。

第5弾は…村上春樹著の「ノルウェイの森」を。

学生の時分に徹夜で読み耽った後の満員電車の堪えたコトといったら…
アレ以来、徹夜での読書明けはサボることを優先するようになったな(ヲイ

あれから四半世紀が過ぎて村上春樹はノーベル文学賞の有力候補に。
そして今年のノーベル文学賞にボブ・ディランが選ばれようとは…
言葉を隠すのは森の中だけではないということなのか(汗)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 鯨神 哀しみをもて余す »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。