Reiko's Travel by Camping Car

2004年4月に退職して以来亭主と二人ヨーロッパの国々をキャンピングカーで旅行している、英国在住40年の主婦です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最後のキャンプ旅行ーコンベント・キャンピング

2017-04-19 22:50:15 | 旅行

 

 

フンダウのキャンプサイトは盆地の山側の急坂にあり盆地の反対の山は非常に遠い。その山の上が白くなっているのを亭主はあんな高い山頂に町があるよという。望遠を最大にしてみたら、白いのは雪だった。過去数年4月初めにスペインのピラニー山脈を通ってフランスへ行くが、、あそこも山にはいつも白銀が輝いている。ポルトガルの北部も冬は雪が降るのだもの山に雪があっても当然、でもポルトガルにもあんな高い山があったのだと驚いた。その高い山の頂に見える不思議な建物。

 

 

サイトに落ち着いてまだ午後の3時、日は高く気温も高くて近くを散歩してみようとサイトを出た。サイトへむかって急坂の道路を登ってきた曲がり角で猛スピードで降りてきた乗用車がキャンパーすれすれに通り抜けていった。こんな急坂であんなにスピードを出してほんとに危なかったと後になってぞ~としていた。この坂道のガードレールがあちこちひん曲がったり、ずたずたに壊れたり、皆スピード出しすぎの事故に違いない。

 

 

キャンプサイトの隣は尼僧院でうっそうとした木々と高い塀に囲まれて尼僧院は見えないが、山麓からマリア像が木の間に見える。

 

 

 

麓からキャンプサイトの横までコンベント・ガーデンがオープンしていて、帰りは恐ろしい道路脇を歩くよりはと入ってみた。この小さなブルーの花はたいしてきれいでもかわいくもないが、ポルトガル南部では見られない。

 

 

 

 

ポルトガル特産のクインス(カリン)の花これは秋のリンゴの実る時期、大きな黄色の実がなる。これで作るクインスのマーマレードは有名。

公園の中に真っ白な西洋ナシの花が満開だった。我が家の庭にもこの梨の木があるが、4月の初めに花が咲くかなーと考えてしまった。ポルトガルで一番輸出されるのが梨だとのことで、これもポルトガル中央部から北部あたりが多いらしい。

 

 

この公園は若い子たちの冒険の場で高い木から木へのつり橋や、綱渡りなどの設備が多く見られた。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後のキャンプ旅行ー再びポ... | トップ | 最後のキャンプ旅行ーフレイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。