Reiko's Travel by Camping Car

2004年4月に退職して以来亭主と二人ヨーロッパの国々をキャンピングカーで旅行している、英国在住40年の主婦です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最後のキャンプ旅行ールーアン(Rouen)へ

2017-05-04 14:40:39 | 旅行

 

 

イースターの日曜日、朝からルーアン(Rouen)へ向けて行く前にキャンプサイトから10数キロのアンボイス(Amboise)へ寄っていくつもりだった。このアンボイスはかってフランス国王の別荘宮殿だったところで、ブローシャーが素晴らしい。

この町へ入ったところで、すぐキャンプサイトのサインを見つけ、モンテリシャーのキャンプサイトより良かったかもしれない、残念なことをしたと悔やんだ。おまけに宮殿まじかの道路の混雑ぶり、フランス人はイースターでもそんなに大騒ぎで国を挙げて総移動しないかと思ったのに、駐車できるところなど絶対にない。

 

 

 

川向うまで行けば空き地があるだろうと思って行くと、ルアー河は真ん中に大きな中州を作っていて川幅は500メーター以上にもなっている。川向うの道端に停車しても、また歩いて宮殿へたどり着くのも、観光するのも大変で、とうとう諦めて写真を写しただけでルーアンへ向かうことにした。

 

 

ルアー河〈Loire)周辺には40以上の宮殿やお城が存在し、来るたび何軒か見て回りたいと思ったけど、イースターは一番時期が悪かった。

  

毎年4月はフランスもイギリスも菜の花畑が満開で目がさめるほど。

 

 

ルーアンまでは約3〇〇㎞、無料の快適な高速道路を走り、ルーアンの環状道路を過ぎたころから田舎道に入る。山桜がほとんど葉桜になった桜並木。

 

 

  

 

ルーアンから10数キロ、ここはパリから流れるセーヌ川の下流にあたり川は激しく蛇行している。

 

 

 

八重桜は今が満開でこの並木道は真っピンク。

 

 

キャンプサイトの近くの庭に花盛りなのは純白のリンゴの花。我が家のクッキングアップルはピンクの花だから、真っ白のリンゴの花は初めて見た。

 

 

キャンプサイトのお花のデコレーション。こんなハンギングバスケットも有るなんて・・・・素晴らしい。

 

 

イースターの割には道路がすいていたからジュミェジー(Jumieges)のキャンプサイトには午後早くについた。

サイトの女主人は英語がうまく,ジュミェジーアビー〈Abbey)は歩いて15分くらいだとおしえてくれた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後のキャンプ旅行ーモンテ... | トップ | 最後のキャンプ旅行ージュミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。