Reiko's Travel by Camping Car

2004年4月に退職して以来亭主と二人ヨーロッパの国々をキャンピングカーで旅行している、英国在住40年の主婦です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最後のキャンプ旅行ーピエンザ(Pienza)

2016-10-24 18:43:00 | 旅行

ラポラノ温泉から南に40㎞程タスカニーの高い丘の上の中世の町ピエンザ(Pienza)へ行こうと思ったのは、キャンピングプラッツがあり、そこから町の中心まで200メーターと書いてあったからで、ここがユネスコの町だとは行くまで知らなかった。

 

 

 町へ行けばインターネットカフェに行けると思い、田舎の素晴らしい景色を愛でながら山道に差し掛かった。急に子鹿が飛び出し道を横切って行った。その後にこの鹿に注意の看板を見、見たよ、見たよ、と喜びながら七曲の急坂を登って行った。

 

 

 

 ピエンザの町は15世紀にこの丘で生まれたバチカンのピウス2世がルネッサンスタウンを作ろうとしたのが初めで1457年から4年で完成したものだという。右上のPalazzo Piccolomini はドゥオモの横にありどれもユネスコ指定(1996年)のルネッサンスの建築物。

 

小さいながらドゥオモは大聖堂と呼ばれている。中はたいへんシンプルで,改装中だった。町全体がきれいな石畳の静かな雰囲気で、チーズと靴のお店がそこかしこ。チーズは羊のミルクから作られたもので時代を経たものは周りが緑色のカビでおおわれている。

 

 

 このピエンザは高い丘の上で周囲の景色のすばらしさはユネスコが2004年 World Cultural Landscapes に指定したのがうなずける。この日は全体がかすんでいたため、はっきりした色彩には欠けるが本当に息をのむくらいに素敵な風景だった。

 

 

町の正門とPalazzo Borgia & Jouffroy( 博物館)の内部。

 本当に小さな町で1時間だけ駐車場に2ユーロ払って停め、街を一回りして景色の写真を写し、インターネットカフェーでメールをチェックしただけでこの街を去ることにした。特記すべきは中国人団体がここにも来ていたことだった。

キャンピングプラッツは無くて駐車場にトイレがあるだけだった。

 

 

 

この日は6時間かけて、高速道路を通ってモデナのキャンピングプラッツに着いた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後のキャンプ旅行ーラポラ... | トップ | 最後のキャンプ旅行ーミラノ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。