Reiko's Travel by Camping Car

2004年4月に退職して以来亭主と二人ヨーロッパの国々をキャンピングカーで旅行している、英国在住40年の主婦です。

最後のキャンプ旅行ーアルベロベッロ(Alberobello) イタリア

2016-10-15 16:52:42 | 旅行

 

 一晩中ほとんど眠れずへとへとに疲れてバリーの港から約70㎞程離れたアルベロベッロの町へ向かったのは朝の9時過ぎ、キャンピングプラッツが町の真ん中にあり、プラッツの管理人に聞くとここを右に曲がってまた右に行くとあたりは全部と言われて半信半疑、行ってみて本当に驚いた。あっちにもこっちにも面白いキノコのお化けのような屋根が見える。この町に入る前にところどころに同じような屋根の家?小屋?が見えたのでこの地域一帯なのが分かる。

 

 アルベロベッロは美しい木という意味だそうだがこの黒っぽい石の板を積み上げて作られた屋根は木には見えない。

 

 この石の板はこの地域で採れるものらしく、英国でみられるスレートとは厚さが違う。煙突の上の風車がローマの軍人みたいで気に入った。

 

 お土産店があちこちにあり観光客は住民の何倍もいそうだ。インターネットで見ると16世紀40家族がここに土地を得て農耕に従事し、この石積みの家屋には税金がかからないことから、地域一帯が同じようなつくりの家になったとのこと。

 

 観光用に一軒の家を解放していて、入ってみたがベッドルームとリビングルーム、キチンはどこにもドアがなくトイレ・風呂だけがカーテンで仕切られていた。壁の厚さも相当なもので、夏は涼しく冬はあたたかだろうと思われる。

 

 シンプルなリビングルーム。ここアルベロベッロは1996年にユネスコに指定された。

 

 

 

 教会の屋根も同じつくりの巨大な丸天井で、祭壇がカラフルだった。右の写真は雪景色の写真看板を映したもの、こんなにイタリアの南でも雪が積もるのに驚いた。

 

 木曜日はストリート・マーケットの日で、町の大通りいたるところに食べ物の屋台やたくさんの靴の店、衣類の店が並んでいたが午後1時過ぎに閉まりだした。おいしそうなキノコやオリーヴの漬物、いろいろな種類のキノコが売られていた。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後のキャンプ旅行ードブロ... | トップ | 最後のキャンプ旅行ーマテー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。