雑木と宿根草とクレマチスの小さな庭づくり

土ばかり砕石ばかりの庭を緑と小花でいっぱいのナチュラルガーデンに・宿根草やこぼれ種で咲く一年草と手入れが楽な雑木中心です

プリペットカスタードリップルと千鳥草、西洋オダマキ

2017年04月24日 | 常緑中低木


 【プリペット カスタードリップル】

   モクセイ科 常緑低木

 斑入りのプリペットで冬になるとカスタード色に葉色が変化します。



 暖かくなってニョキニョキ伸びてきたな~。 
    斑入りが緑に戻りそうだな~。

 少し刈り込もうかな~とよく見ると…


    花芽です。ヾ(≧∇≦)
 伸びた枝先には花芽がたくさんありました。



 斑入りではない緑の葉が伸びてきたらカットしないと緑に戻ってしまいます。

 なのでカットしようかな~と思ったのですが、花が咲き終わるまで待つことにしました。


 カスタード色に変化する前の様子です。⇩
     一昨年の9月初旬です。



  寒さにあたりカスタード色に⇩
     今年の3月下旬です。


 冬の間、株元のビオラやアリッサムにも陽があたるように下枝は払っています。

 寒さでポロポロと葉が落ちますが、落葉するという感じでもありません。

 我が家では常緑で冬越します。

 新芽が綺麗に出てくる頃、小さな芋虫がつくことがあります。

 (なんていう芋虫だろう?緑じゃなくて黒っぽい小さなヤツ)

 我が家ではこのプリペットとコムラサキシキブの新芽によくつく虫です。

 早め早めにベニカXファインスプレーを吹いています。

……*……*……*……*……*……*……

    色が変化したと言えばこれ!⇩

    【千鳥草 ザ・ブルー】⇩




 咲き始めた時は違う色だったんですよ。⇩
 こんなアンティークローズ?でした。



 これは秋に【千鳥草ザブルー】のラベルがついた苗を買って地植えしたものです。

 咲き始めたら全然違う色だったのでおかしいな…と思ったのですがこの落ち着いたピンク?色も素敵なのでそのまま楽しんでいました。

 最初に咲き始めた花が全部終わり、後から伸びた花芽が咲いてきたら濃い紫色でした。

 これこそ【ザ・ブルー】の色です。(*'▽'*)
   不思議なこともあるもんだ…(笑)



 種まきからの千鳥草も個体差はありますが伸びてつぼみがたくさんついています。

 まだ咲いているものはありませんが、すく~っと伸びていますよ~。(≧∇≦)b






……*……*……*……*……*……*……

  つぼみと言えばオダマキも(//∇//)


    【西洋オダマキローズバロー】⇩





  【西洋オダマキ ブラックバロー】⇩



 他にブルーバローとノラバロー、ウィンキーダブルレッドホワイトが宿根していますがまだつぼみは伸びていません。

 昨日は曇りがちで吹く風も冷たく感じました。

     またおいで下さいね。(*^^*)

      
人気ブログランキングへ

     にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月のシンボルツリー | トップ | ヨーロッパブドウプルプレア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

常緑中低木」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。