れいんぼう

心に花一輪

天国からの手紙

2017-08-13 | 日記

秋風が 窓から吹き込む

爽やかな目覚めで飛び起き 顔を洗い すっぴんのまま 墓参り・・・

家から1~2分の場所 自転車で気持ちのいい風を切る

まだ5時過ぎなのに 墓地には 沢山の人が・・・

先日作った可愛い多肉ちゃんも お供えしようと  と言うより 彼に見せたくて・・・花とともに・・・

一応お供えして 墓地で最初にお逢いした人にプレゼントした。

この墓地は 自治会の管理ですから 顔見知りの方がほとんど・・・

勿論 私が多肉をやっていることをご存じなので 大喜び・・・

 

家に帰り 彼のお部屋の掃除

書類が山ほど   その山の中から 3枚の書きかけの文章が出てきた。

 

天国からの手紙

「多肉植物の一番美しい時期 何処までも続く 多肉の園で ぺス(我が家に居た可愛く大きな犬)が嬉しそうに

お父さんを見上げながら 二人での~~んびり散歩している」

手紙を読んでいてそんな光景が見えた気がしたところで 目覚めてしまいました。

夢でいいから 又 ラブレターを下さい。

 

多肉ハウスの前に郵便受けを 置いています・・・・・・・・

 

これから 少しずつ 書いてみよう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お洒落な 素敵な 物作り | トップ | 急に ” 秋 ” »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事