手帳なわたし

手帳オタクな私。若い時からその時々の生活のスタイルに合わせて手帳を選び、使い方を工夫してきました。私の今の究極をご紹介。

子供の頃のドキドキが今、甦る〜清水次郎長(1971〜1972・フジテレビ)〜

2017-05-18 | ドラマ・映画・漫画




本日の記事は、マステの紹介に続き、2本立てです。

よかったらお付き合いください〜〜。



小学校の高学年の頃でしたか、

学校から帰った午後の時間、テレビでやっていた『清水次郎長』

再放送か再々放送だったかわかりませんが、

おやつを食べながら、こっそり見ていたわたし。


なんとも胸がきゅっと締め付けられる

ドキドキの1時間が楽しみでした。


たぶんわたしが、

生まれて初めてドキドキした大人の俳優さんだったと思います。

竹脇無我さん。

真面目そうで清潔、スマートな雰囲気。

また、声も甘く、子供ながらうっとり。

彼の歌う「旅姿三人男」の曲が大好きでした。



芸能雑誌や漫画雑誌の後ろのほうの広告部分で、

人気俳優さんのブロマイドの販売写真が載っていましたが、

その1センチ四角くらいの小さな写真の中に、

竹脇さんを見つけて、切り取り、大事に持っていたのが懐かしい。


彼の『姿三四郎』も『大岡越前』の榊原伊織さんも素晴らしくよかったですが、

わたしの中ではやはり「竹脇無我」といえば、『清水次郎長』ですね!



だいぶ前から、ネットで昔のドラマがアップされていないかずっと探していました。

けれど、長いこと見つけられずにいました。

もう見られないかなと諦めかけていた時、

DVDが発売されたことを知りました。



BOX1、BOX2に分かれていて、

両方ではかなりのお値段。

アマゾンではかなりディスカウントされていますが、

それでもまだまだ高い。

買う勇気もお金もなく、しぼんでおりました。


夫が「今年の誕プレ何が欲しい?」と聞いてくれましたので、

ちょこっとこの話をしてみました。

無理元で。

すると、夫、

「どっちも買うのは無理だけど、BOX1だけだったら、いいよ〜〜」と。


わたし、

失神しそうになりました(笑)。


すぐ欲しくて、誕生日を待たずに手元に届けてもらいました。


この胸の高鳴り・・・。

何なんでしょうね〜〜。

初恋にも似た甘酸っぱい思いが胸の中に広がってきました。


ドラマに、ドラマの主人公に恋するって、こういうことなのかしら・・・。


竹脇無我さんはずっとひいきの俳優さんではありましたが、

ご存命の頃、他の役をやっておられる時は、こんな思いを持って見ていたということではなかったのです。


まさに「清水次郎長=竹脇無我」で、

はまっちゃったんでしょうね〜〜。


わたしのハマり方って、こういうパターンかもと改めて思いました。


例えば、

独断と偏見を許していただければ、

「沖田俊(われら青春)=中村雅俊」

「宮本武蔵=役所広司」

「ハン・ソロ(スター・ウォーズ)=ハリソン・フォード」

「ファン・テギョン(イケメンですね)=チャン・グンソク」

「大岡越前=加藤剛」

「エリオット・ネス(アンタッチャブル)=ケビン・コスナー」

「デニス・フィンチ・ハットン(愛と悲しみの果て)=ロバート・レッドフォード」

「湯川学(ガリレオ)=福山雅治」

とか。


さらに言うと、

バイプレーヤーでも

「大政(清水次郎長)=大木実」

「柳生石舟斎(宮本武蔵)=西村晃」などもそうかも。


役柄と俳優さんが、わたしの中でぴたーっと合った時、

もう、その役柄の俳優さんにぞっこんになってしまうのです(笑)。

こういうの、わたしだけなのかしら・・・。



マーさんはそんなわたしの嗜好を見て、

「文部省推薦みたいな人が好きなんだね〜」と(笑)。

確かにマーさんのごひいきはGacktさんですからね〜。




ともあれ、

DVD手元に届きました〜〜。







ほんと、久しぶり。

40年以上ぶりに、

その映像を見た時、自分はどう感じるんだろう、

どうなるんだろう・・・。

自分の中の何かが動くかもしれない、変わるかもしれない・・・。

そんなことを考えると、かなり楽しくなりました。




↓アマゾンへはこちらから。
清水次郎長 DVD-BOX1 HDリマスター版
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)



清水次郎長 DVD-BOX2 HDリマスター版<完>
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)



↓二つのランキングに参加しています。

それぞれポチッと押して、応援してくださると嬉しいです。
よろしくお願いします。


↓にほんブログ村    ↓人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ   
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長期の予定などに使えるマス... | トップ | こんなのを持ってたら?!〜... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
時代劇 (sweetpotato)
2017-05-18 08:50:17
子供の頃、チャンネル権が父だったので、良く時代劇を観ていました。
大河はもちろん、大岡越前も銭形平次も水戸黄門もリアルタイムで観ていた記憶があります。
清水次郎長の記憶が曖昧なんですが、キャストを見ると覚えがある…(^^;;
今思うと、品のある次郎長という気もするので、マーさんのお言葉は当たっているかも!

GACKTさん贔屓のマーさんとは、気が合いそうです(^^)v
Unknown (かずちゃん)
2017-05-18 11:08:59
この記事を読んで気が付きました
私もそうだと・・・
私も今でもどの俳優さんが好きというよりも、このドラマの時のこの役のこの人
そういう好きになり方をするタイプだと(笑)

私の場合ほとんど韓国ドラマですが・・・(笑)

でもマーさんの文部省推薦っていうことばに大笑い
座布団5枚あげてください
銭形平治と勘違い! (れお)
2017-05-18 17:26:08
まんじゅう顔さん。
こんにちは。

清水次郎長だったのですね。
私は「銭形平治」と早合点してしまい
夫に「銭形平治って大川橋蔵のイメージだったけど
竹脇無我さんも演じてたんだね。」と今朝の食卓で夫に
言ったら「大川橋蔵~~~っ。これはまた古いね」と
言われてしまいました。ていうか笑われました。
街頭テレビ世代に言われたくないよ

朝から低レベルのやり取りの夫婦です。

絵手紙の「ポチッ」は良いですね。
ポチッとする時、何となく嬉しい。
こんばんは! (まんじゅう顔)
2017-05-18 18:08:47
sweetpotatoさんも子供の頃は時代劇でしたか〜。どの番組も確かによく見ましたね。夜7時から8時までは子供主導でアニメを見てて、午後8時以降は、我が家も大人のチョイスで見てたように記憶しています。
どれも家族団欒で見られるような、勧善懲悪ですっきりするドラマでしたね。
マーさんの言葉は、わたしが「加藤剛や竹脇無我が好き」と言ったことに対するリアクション。
マーさんはちょっと不良っぽい雰囲気の俳優さんが好きで、息子を石原裕次郎みたいにしたかったようですよ。
でも、堅物に育っちゃって、彼(わたしの夫)こそ、文部省推薦ですわ〜(笑)。
マーさん、「子育てに失敗した」って、息子に向かって言ってますもん(笑)。
もしsweetpotatoさんが、Gackt派だったら、マーさんと盛り上がると思いますよ〜。
こんばんは! (まんじゅう顔)
2017-05-18 18:17:55
かずちゃんは、韓国ドラマなんですね〜〜。
わたしも一時期、すごくはまりまして・・。どの番組のどの俳優さんなのか知りたくなりました。また機会があったら教えてくださいね〜。
わたしはチャン・グンソクのファンですが、彼の作品でも好き嫌いがあります。記事にも書いた『イケメンですね』のファン・テギョンと、『ラブレイン』のイナがドツボでした。

マーさんは面白いでしょ?わたしがすっきりイケメンの真面目そうな人が好きなので、それをそんな言い方でまとめました。
言われた時、大笑いしてしまいましたよ。
「文部省推薦」が好きだから、わたしゃ、マーさんの息子と結婚したんですよ〜って言いたいところ(笑)。
もちろん俳優さんとは比べものにはなりませんけどね(笑)。
こんばんは! (まんじゅう顔)
2017-05-18 18:37:28
れおさん、その早合点、分かります、分かります。
時代劇といえば『銭形平次』でしたよね〜。大川橋蔵、いい俳優さんでした。子供心に「かっこええなあ」と思ってました。でも、今見たら、余計にいいなと思いました。昔の俳優さん、色っぽい。

街頭テレビ〜〜???力道山???それだったら大川橋蔵は古くないですよね〜〜(笑)。わたし、街頭テレビ知らないもん。
れおさんご夫妻の朝の会話が聞こえてきそうで、すごく楽しかったです。
こういう古い番組って、夫婦で話題にすると面白いですよね。どんな番組が面白かったか、我が家もよく話します。ちょうどわたしぐらいの年代の方々はテレビ世代ですから、話題が広がる、広がる。楽しいですね。

絵手紙のポチに気づいてくださり感激です。
一度作ってみたかったのです。
さらにポチっとしてくださってて、それも超感激!
ありがとうございます!!!励みになります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL