手帳なわたし

手帳オタクな私。若い時からその時々の生活のスタイルに合わせて手帳を選び、使い方を工夫してきました。私の今の究極をご紹介。

「書く」を愉しむ付せんです。〜MD 付せん紙 (MIDORI)〜

2017-07-01 | 手帳・周辺


MIDORIの

MDノート

このブログを書き始めた頃に、すぐに目にとまったノート、手帳のひとつです。


2014/1/15  気になる手帳1〜MDノートダイアリー〜
↑2014年の記事なので、現在のMDシリーズとは違っているかもしれません。ご了解ください。

紙の質、色、シンプルさ、開き具合などで、

わたしのお気に入りのノートの一つなのですが、

Aサイズが基本になっています。


サイズにこだわりのあるわたしは、

B6サイズがないので、

結局使うことはありませんでした。


でも、人気なのはわかります!

わたしも、いまだにお店で出会うと、必ず手にとってしまいますから。




さて、

そのシリーズの中で、

こんなのが出ていましたので、紹介したくなりました。





わたしの持っているのは、

MD付せん紙<A6>方眼罫 


MDノートと同じ紙でできた付せんです。



サイズはやはりAサイズで、A6です。

60枚で、お値段1080円。


かなり高級な付せんですね〜。

書き心地は抜群。



裏写りもほとんどありません。


MDノートを使っておられる方なら、

付せんも同じ紙だと、貼っていても違和感なく、すっきりしますね。


ちょこっとメモして、すぐ捨てるような使い方はもってのほか。

常時携帯しておいて、

たまたまノートを持っていない時などに、

この付せんでしっかり書き、

そのままMDノートに貼り付けるくらいの使い方をしないともったいないです。


ノート代わりに持っておくくらいのもの。


今回、方眼大好きなまんじゅう顔は、方眼をゲットしましたが、

他に、罫線、無地もあります。


わたし、今回自分の手帳「主婦日記」に、

このMD付せんをつけてみました。

こんなサイズ感になります。



使えるなあ〜〜。



さてさて・・・。



キャッチは「『書く』を愉しむ付せんです」。

手書き文字の帯がなんとも見るものにワクワク感を与えてくれます。


「書くを愉しむ」って、

いい言葉ですよね。

わたし、

最近、書くことは手段だけになってしまって、

愉しんで書くなんてこと、忘れてました。


こういうアナログ感好きです〜。


ああ、万年筆を使いたくナッタ!


↓アマゾンへはこちらから。
ミドリ 付箋 MD付せん紙 A6方眼罫 19034006
デザインフィル



ちなみに、さらに小さいA7サイズの付せんもあります〜。
ミドリ 付箋 MD付せん紙 A7方眼罫 19031006
デザインフィル





二つのブログランキングに参加中です。
それぞれ、ポチッとして応援していただけると嬉しいです。
ブログを書く励みになります!

↓にほんブログ村    ↓人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ   
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「東急ハンズ限定」のダイア... | トップ | 【ブックカバー】キルティン... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵ですね~🌠 (ぶたうさぎぶた)
2017-07-01 07:46:03
これ欲しい❗
まんじゅうさんはネットで購入したのかな?どちらでお買い求めに?
確かにお高い感はあるけど、けっこう使える つまり有用に 使えるのであればこれは買い かな?
おはようございます! (まんじゅう顔)
2017-07-01 09:17:23
ぶたうさぎさん、わたしは東急ハンズで購入しました。
ネットだともう少し安く買えるようですね。
付せんと考えると、お高い。
考え方、使い方次第だと思います。

MD PAPERのシリーズは、わたし、個人的に大好きなんです。
Bサイズだったら、絶対トリコになってる!(笑)
全体の雰囲気が魅力的なんです!
こんにちは♪ (ベリー)
2017-07-01 14:36:27
まんじゅうさんは、使い終わった手帳はどうされてますか?
保存ですか?捨てちゃいますか?
もしとっておくのでしたら、どのように収納(保存)しているか教えてくださ~い。
こんばんは! (まんじゅう顔)
2017-07-01 21:54:01
ベリーさん、わたしは使い終わった手帳、全部置いてますよ〜。
今はすぐに手の届く本棚の一角に保存しています。
その様子は、一番最近だと、2017/4/25「手帳を見直す感謝な時間。」で写真をあげています。
よかったらご覧くださいね。
ここには約16,7年前ぐらいからのものを置き、それ以前のものは、夫の書斎のわたしの本棚に保管しています。
いずれにしても、割合よく見返すので、いつでもさっと見られるところに置いています。

コメントを投稿

手帳・周辺」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL