手帳なわたし

手帳オタクな私。若い時からその時々の生活のスタイルに合わせて手帳を選び、使い方を工夫してきました。私の今の究極をご紹介。

異変があっても、今年も手帳で段取り!「クリスマスリース作り」

2016-10-31 | 手帳(主婦日記)・書き方(〜2016)


今、ちまたはハローウィンですが、

わたしはむしろ

もっと先のことで、しっかり手帳で段取りをしていることがあります。

それは、ここ20年近く作り続けている「クリスマスリース作り」と、

クリスマスに出す「クリスマスレター」の段取りです。


今回は「クリスマスリース作り」について触れたいと思います。


↑2014年のリース

わたしは、

「クリスマスリース」をほぼ生花で作るので、

その生花がでてくる時期をしっかり見極めて

生花店を回らないと、結局手に入らないということになってしまいます。


ここ数年は、

毎年、手帳にきちんと段取りをして、

それぞれの生花を買った日や買った店を書き込み、

作っていく流れが残してありますから、

それを見ながら準備を進めていくことができます。


「主婦日記」を使っての段取りの具体的な仕方ですが、

まずは、早い時期から「11月の予定」の部分に「クリスマスリース作り」と書き込んでおくようにしています。


そして、11月の声を聞く頃に、

アドベントに入る日曜日を目指してリースを作りあげられるように、

さかのぼっていつ頃までに材料を揃えたらいいかを考え、

リースを作るであろう週のウイークリーの「MEMO」に

用意すべき生花をひとつずつ、リース作りに必要な用具

などを書き出しておくのです。

書き出すのは黒いボールペンで。

いつごろ作るかなども。


この段取りを見ながら、

11月に入った頃から、いくつかの生花店を回る計画を立てるのです。

生花ですから、買ってから作るまでに時間がたつと鮮度が落ちますので、

短い期間にさっと集めてこなければなりません。


揃ったら赤◯。後で思い立ち、買った生花や店の名前もボールペンで書き込んでおきます。


↑これは昨年の分。




ところがです。

今年は大きな異変がありました。

それは、わたしが段取りを始める前、なんと10月の上旬に

同じ職場の方が、「ネットで一緒に注文しよう」と声をかけてくださったからです。

生花もネットの時代なんですね!



昨年のこの時期、その同僚の方にわたしの作り方をお教えしたところ、

初めてにもかかわらず、クリスマス前に素晴らしく素敵なリースを作られました。

彼女は若いこともあって、その際なんとモミなどをネットで注文。

それがとても良かったようです。


ですから今回、

「注文するなら、一緒にしませんか」と声をかけてくださったわけです。

二人分の量を想像して必要な生花を今までと同様、「MEMO」欄に書き上げましたが、




注文に関しては全部彼女にお任せしゃちゃいました。

あちこちのお店を回るよりも、ネットでは欲しいものが一気に手に入ります。

はなどんやアソシエ


わたしが個人的にすることといえば、

職場の森でつるをとってリース台にしておくこと、

ボンドやワイヤーの用意くらいです。

すべては、お店から生花が届くのを待っての製作になります。


ただ、彼女も言われていましたが、

生花が届く日ははっきりしていません。

だいたい11月20日前後とのこと。


いつもはアドベントに入る前の週に作り上げ、

アドベントに入ると同時に飾っていましたが、

実際のところはいつ来るかによりますね。



新しい試みで、

届く生花の量や質、届く時期もはっきりしないので、

ちょっとドキドキ。


でも、こういうことって、

躊躇していては、何にも挑戦できません。

うまく調整できなくてもいいと腹をくくって、

今年はネット注文の生花で、リース作りをしたいと思います。



クリスマスリースの段取りが簡単になったので、

今年は、

地元の公共施設で11月の下旬に行われる「クリスマススワッグ作り」にエントリーしました。

「クリスマススワッグ」は、リースに比べて簡単なので、

子供がまだまだ手のかかる頃に、自己流で何度か作りました。

今回、講師の先生にきちんと教えてもらえるので、かなり楽しみです。




↓二つのランキングに参加しています。

それぞれポチッと押して、応援してくださると嬉しいです。
よろしくお願いします。
手帳・手帳術 ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父子でそれぞれ断捨離してみ... | トップ | 懐かしの絵手紙・わたしの人... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やまぼうし)
2016-10-31 04:04:07
リース作りは習われたことがあるのですか?

生は素敵ですよね。

私はこういうセンスが全くないので既製品で済ませます。

家の中のお花類は絶対生!と決めていますが

リースまでは頭もアイディアもそして材料集め

大変なのですね。

完成を楽しみにしていますので画像は大きくアップして見せてくださいね。

楽しみにしています
クリスマス! (sweetpotato)
2016-10-31 08:32:54
もうそんな時期なんですね〜
まんじゅう顔さんが作られる豪華なリースを、今年も楽しませていただきます(^^)
私はといえば、昔作った手のひらサイズのフエルトリースや、キットのリースを交代で飾るだけ。
新作がないのがイマイチ…(^^;;
子供たちが成長して、家でクリスマスを楽しむ雰囲気が無くなったのも原因かもしれませんね。
こんばんは! (まんじゅう顔)
2016-10-31 20:59:15
やまぼうしさん、クリスマスリースはきちんと習ったわけではないのです。
結婚した頃、絵手紙をご一緒していた、ひとまわりぐらい年上の女性の方がとにかくお上手で、最初の頃はその方と何年か一緒に作っていました。その後、彼女は遠くへ引っ越され、わたしは一人で作るようになりました。
彼女は、いつも秋になったらハサミと袋を持って公園を散歩するような人でしたから、生にこだわり、わたしもそれを受け継いでいます。
今年は自分で見て、生花を購入するのではないので、手元にくるまでドキドキです。
また作りましたら、アップさせていただきますね。
こんばんは! (まんじゅう顔)
2016-10-31 21:05:43
sweetpotatoさん、そうなんです。11月になっていないこの時期ですが、生で作ろうと思うと、かなり準備が必要なんです。
まあ、今年はネットで一気に注文してもらいましたから、随分楽ではあるのですが、どんなものが手元に届くかはちょっと気になってます。昨年の同僚の作品を見る分には、すごくいいものだと感じていますが。
sweetpotatoさんちには、手づくりのリースがあるのですね。布のリースも温かみがあってわたしはいいなと思います。
確かに子供達が大きくなると、我が家でも飾り付けは少なくなりました。大きいクリスマスツリーは飾りません。むしろ、小さなタペとかクロスで雰囲気を出すくらいにしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL