“めんそ~れ~ ゆくみ”の不思議blog

科学的ヒーリング、何気ないこと不思議なこと何でも気軽に好きにゆんたく~、書きます

あるあるネタでお茶べり問答会♪

2017-05-19 15:03:41 | 最近の記事
お客様から知人同士での会話でこのような話を聞きました…

『私は何人もあの占い師に紹介してあげているのに、御礼の一言もないなんってどういうこと!』

と話されたとのことです。
お客様はその知人に、

「個人情報等もあるし、占いの内容等も含め、あえて意識して何も話さないようにしているのでは…」

“地球の理(一般常識・人が作ってきた道徳)”や“お客様を大切にする”という事をしてる人ならそのように考えて動きます。そして商売上必要です。

私が昔から人との違いを感じる時はこのような時なのですが…

沖縄で育った地域性もあると思いますが、自然の理(宇宙の真理・法則)で読み解くと

その知人の方は、
その占い師さんに紹介したことで、友人が心から笑顔(幸せ)になってくれればいい

という気持ちは100%中、50%以下

ここまで呼び込みしてあげたのに一言も感謝をいわないの気持ちが100%中、50%以上

ただ単にそれだけのこと!
単純シンプルでしょ!♪!♪

先ほども言いましたが、
“自然の理”
は人が作ってきた常識と結構違っていて、感情無しにシンプルにそういうことが起きたと言ってるだけ!!

あとはその人の価値観や道徳感や人の作った一般常識で、

自分の基準で、人を比べ人を比較し人を指し図ってるだけで

それに対して喜んだり悲しんだり怒ったりしてるだけ!

『そんなの当たり前じゃ(怒)』
と、9割の方々は言うと思います。

よく考えてみてください。だから今、些細な事でもイライラかりかりする世の中になってますよね?!!

私はイライラかりかりする日常を改めなさいと言ってません。ハッキリ言って、そんな人のことに構うのはめんどくさい!!(嫌だ♪)

ただ、大宇宙を前にしたら顕微鏡でも見えないだろうちっぽけなこの地球で考え出された

自然の流れに合わない地球の規則の中で、法律に引っ掛からない、またはグレーゾーンで通るなら

極力“自然の理”に逆らわない生き方が生きやすいですよ~♪

と淡々と話してるだけです。話して(セミナーで)お金を頂いてる私が楽しくてラッキーで喜んでるだけです。

その人がどうするかは、あとはその人の選択であって、私はイライラかりかり、鬱状態になりづらい“自然の理”を話してるだけです

そして、沖縄育ちの私は昔からそのように育ってて、本土(内地・県外に出たときに)9割の人と違うこと、どこか気持ちはいつも独り…

というのに苦しんでしまいました。
今はがぜんそんな変わり者の自分がナルシストのようにとても好きだ~♪♪

因みに、私もその占い師さんを周りの人に紹介し始めてますが、

何人そこに行って占って頂いても、占い師さんからの御礼はどうでもいいです

今度、いつそこに行くか分からないし、一回だけの縁だったかもしれません(あっ、違う。カミさんに連れていくと約束してたんだ!)

占い師さんから御礼の言葉を頂くより、紹介した方々に本物の技(業)を提供して、紹介した方々が本当に行って良かったよ~♪

と純粋にその笑顔を見せてくれるほうがよい。
何故なら、“自然の理”ではそんな人様の心からの幸せに一役かった時に

私が幸せになるレールが、ますます太く(ぶっとく)なる。
※仏徳なる…なんちゃって

私は9割の人と違うそんな見えない我欲に貪欲に動いてますが(昔っから気付かず動いてましたが)、

悩んだり怒ったりという、人の感情に左右されずに生きやすいですよ~

私のセミナーではそんな自然の理を伝えるのと体感するを取り入れてます♪♪

これからも度々、セミナーの宣伝ついでに

このような自然の理の考え方を一問一答問答でも載っけようと思います

“一問一答お茶べり問答会”はそんな事をしてます

~・~・~・~・~・~・~・~
  ∽★カズ.ゆくみ院長★∽

心とお身体の声を聴き、難病・リウマチ・ガン・難治疾患改善に取り組む
カイロblog 
http://m.blogs.yahoo.co.jp/kairo_office_yukumi
めんそ~れ~不思議blog 
http://blog.goo.ne.jp/reiki-yuntaku-komyu

5月の言葉
ありがとう、幸せ、楽しい
…落ちついた静かな幸せがある!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お身体の施術の専門家、 新米... | トップ | 全身が一気に整う、逸品手技... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL