ヒロサコレイジの9時13分・セキヤドアングラ研究所たまにジョウモンネイコ(ジョウモンネイコはここだけ!)

セキヤドアングラ専門研究所で呟くヒロサコレイジオジサン!
今日も元気でフ~らフラ!

コンカツジョウモンヨリコ・発射オーライカモネギ~!

2017年10月30日 20時51分40秒 | 預言者ジョウモンネイコはカタルーニャ

あ~あッ!
早く入れて欲しいな アタシの中に~~!
そう!この薬指に指輪をねッ!

もうしょうがないから 自分でご褒美買うしかないわ!
え~とッ
ゆびわ 指輪~~~~!!
そうだ!早い話が 100均よ~!
100円指輪で結構イケル!
それで満足 悩み女の欲求解消法でしょ?!

あら、野田のダイソー今日は何曜日なの?
混んでるじゃんか!
子供連れの 奥さんが一杯!
あら、なんじゃ? 
このぞろぞろウルサイガキンコたちは!
何なのかしら? 

あ~ソッ 彼女が産んだのね!!!
この派手な奥さん!
よくまあ チャラチャラと~~~
若いのによくやったわ 4人かいな? 
あら?
お腹も少しデッカイの??
まだ産む気かしら こんな時代にさッ!
好きモノね~~! 

アタシなんか 一個も 精子貰った事も無いのに~~~💖 
ぶん殴ってやりたい気持ち~~~ッ!

そうよ。 
計画のない おバカさんなんだわ!! 
人間計画が肝心なのに! 

アタシなんか 父さんと母さんが よく考えて 
計画的に制作した子供なんだから! 
「ハイお父さん 発射オ~らイ!」ってね!
アンタたちはナニサ! 
イクイクじゃないわよ 
バ~カ夫婦メが!!

もうこの世の中 ヤンナルワ やってられない うんざり!
もう、寒くなって来たわ!!

そうだお母さんに電話しなくっちゃ!!
「おかあさん 今日は鍋がいいわ! ねえ、お鍋にしようよ。
じゃあアタシネギ買って帰るから~!」

そう、何入れるんだっけな 

アレよあれ 

カモ肉と ネギ 
アタシネギ買わんといかんわ

ネギ 何処で売ってんだろ?
いいやチャウチャウ
カモだって買わなきゃ
そんなもん売ってるわけない。
漁師さんが川で撃ってる!
もう~くだらんオヤジギャグ考えちゃったじゃんか!!

ネギよネギ!!

太くて長いのが欲しいわね! 
ああ人生厳しいな こんなことやってんじゃ 
何時に成ったら結婚達成できるのかしら?
もう、疲れる~~~!

あッ!そういえば 指輪買うのも忘れてた!
もう、100均指輪なんて買うわけない 子供じゃないんだから!

銀座 いコット

ウン十万円の!いやウン百万円か? 

もう嫌 そんなことに お金使うのは!

元はと言えば 男がいないだけッ!

こんちくしょう~~~

ブットイネギ買って帰るわ アタシ~~~~!!

この記事をはてなブックマークに追加

ミツメジョウモンヨルコ様の肖像am3

2017年10月29日 03時04分05秒 | 預言者ジョウモンネイコはカタルーニャ

この記事をはてなブックマークに追加

関宿魔女栗鼠・黄金の蛤は甘いの!!2

2017年10月25日 20時25分42秒 | 預言者ジョウモンネイコはカタルーニャ


セキヤドマジョリス・黄金の蛤は甘いの!!(第二弾)
辛い世の中・・・たまにゃあアダルト!!!

ミツメジョウモンヨルコ様はある日突然現れるのである。

何時もの様にモヤモヤ と出現した。
「今日もアンタに言いたい事があるのよ!あの件!セキヤドマジョリスの事よ!」
「何でしょうか?セキヤド魔女栗鼠って!」
「判ってるでしょ!わかってんのに聞くんじゃないの!アンタは!!」
「判ってません!全く何のことか?」

「またしてもハマグリの話よ!」

「ハマグリ?なんですか?何の話ですか?」
「三毳山(みかもやま)に行って蛤を取って食べるの!」

まあ、こんな調子である。
三毳山にハマグリなんかある訳がない!

訳の分からない事を言ってまた私を困らせようとしているんだと思った。
「信用しない気ね。今日もアンタは!」

「信用してますよ!何でも言う通りにして居るじゃないですか、何時もだって!」

「それなら私の話をお聞きなさい!黄金の蛤は・・・アマ~~~イの!!

・・・それはね、三毳山(みかもやま)で簡単に見つけることの出来るアンタの精力剤!」

こう来ると思った。
ミツメジョウモンヨルコ様の考えはいつもこうだ。

「それで其れを探せという事ですね!」
「アンタァ、はやい!!」
「どうすりゃあ、イイんですか?」

栃木県岩舟町に行って三毳山でこの前死んだ犬を埋めた辺りを掘ってごらん💖
そしたらある!
それは真っ黒い毛が生えている。
全体が真っ黒い毛で覆われているんだ。
だが、その毛を全部手で毟ると 中には黄金色に輝くハマグリのような形をしたものがあるんだ。
だがそれは本当はハマグリなんかじゃない。その貝の中を開けると・・・・」

「どう成っているんですか?」
「あんたの未来がつまっている!」

まあ、此処まで聞いてこの話が全くいい加減な出鱈目であると予感した。
「ところで関宿魔女栗鼠(せきやどまじょりす)と一体どういう関係があるんですか?絵はセキヤド魔女栗鼠なのですが!!??」

其の時ミツメジョウモンヨルコ様をそっと見上げると、
彼女の顔が光り輝いていて目が怖ろしいばかりにこちらを睨んでいた 。

「ほ~~ら、これよ~~~~~!よみなさ~~~い!」

    ・・・・黄金の牡蠣の詩・・・・ミツメジョウモンヨルコ作

牡蠣が食べたや アマ~い牡蠣
クリ~ミ-で ジュウ―シーナ~
美味しい牡蠣が食べたいの~~~!!

アタシのフェロモン グーツグツ

アンタは精力 ムーキムキッ!

お鍋がいいか 生かいな??

レモンで行くか ウイスキー
アンタとさしつ 刺されつ イキタイノ!
ウヒャヒャ! 
バ~カ丸出し~~!!

ミツメジョウモンヨルコ様は結局 ハマグリではなく カキが食べたかったのだ!!!
それに 基本的に間違っていた。
手に持っているのは 何なんだよ!その形は???
何を考えているんだよ。
ミツメ様は!!!

セキヤド魔女栗鼠と一体何の関係があるんだよ~~~!

この記事をはてなブックマークに追加

ミツメジョウモンヨルコ作・どらどら獣道・アンタに捧ぐ

2017年10月25日 10時54分56秒 | 預言者ジョウモンネイコはカタルーニャ

明け方ミツメジョウモンヨルコ様が現れた。

もう5時過ぎであった。
私が気が付くと
彼女は少し離れたところに立って居て私を見ていた。
そして言うのであった。
「不動のものを作りなさい。次から次と違うものばかりを創るんじゃない。そんな事じゃ、誰にもわからない。自分の個性を出して印象に残るものを作るのよ。例えばミッキーマウスみたいに人の目に焼き付くものをね!それが出来なきゃアンタは最低!馬鹿な奴。さあ、いつまでもボーっとしてないで良いモノを創って私に見せて頂戴!」
しかし、どうしても私には出来なかった。
するとミツメジョウモンヨル子様は暫くして自分で書いた絵を持って現れた。

「これよ!こういう風にするの!」
そう言って見せたのがこの絵であった。
「ほ~~ら、これがドラドラケモノミチ!!」

この記事をはてなブックマークに追加

ジョウモンリリンコ・セキヤドファッション・夕陽

2017年10月20日 00時31分57秒 | 預言者ジョウモンネイコはカタルーニャ

2017・セキヤドファッション・夕陽
 モデル ジョウモンリリンコ~~
ダッテ、アタシしか いないじゃん!
しょうがないじゃんか~!
この関宿には老人しかいないもん!
だから アタシがやってんだよ~!

他に若い子がいれば 任せるもんね!
それにアタシ大して美人じゃないから、ホントはモデルに向かないんだ!
ウヒヒ、この関宿には アタシより若い女の子マジいないもんねッ。
ダッテ見たことないもん!30年間以上~
信用しないんなら 来てみるとイイよ!

だからね このセキヤドファッション 結局 誰にも合わないんだよ。
関宿の住民にはね!
だけど しまむらはあるよ!
案外イイかもよ!
行ってごらんな!

それよりアタシ あのストーカーオジサンが帰って来るの待ってんだ!
帰って来るという風の噂聞いたんだ!
あのストーカーオヤジメ 今頃どこで何してんだろう?
どうせ サエナイ人生送ってるに違いないんだ!
バカメが!
ここに居てアタシにストーカーしとけばよかったものを。

ホント 馬鹿な奴!

ほらあそこ ミテミテ!

関宿の真っ赤な夕陽が 今日も江戸川の方に沈んで行くよ!
ちょっぴり悲しいけど また明日があるんだ。
リリンコは明日も元気に生きるよ!
君もね!!!

この記事をはてなブックマークに追加

🐊ジョウモンネイコ🐊の電波預言

2017年10月16日 10時33分44秒 | 預言者ジョウモンネイコはカタルーニャ


私が語ります!
初めまして ジョウモンネイコです!
私は貴方にお話をします。
それは あなたにとって 大事な事です。
大事な事って何か?
それは あなたの運勢です。じゃなくって 今日の 予言です!
さあ、行きますよ!
聞きなさいね。

今日の困難乗り越えて 必ずお良い事ありますから
適度な努力をお願いしますね!

もう一度!
貴方には必ずいいことがあります。
今日も元気を出しなさい!!
焦っちゃダメよ~!
ジョウモンネイコを忘れないでねッ💖

この記事をはてなブックマークに追加

ミツメジョウモンヨルコ様の言葉・「全てを一新せよ!」

2017年10月15日 15時27分41秒 | 日記

2017年10月15日(サインの日付け間違い)

日曜で雨が降っていた。
彼女が突然デスクの横に現れ来た。
そしてミツメジョウモンヨルコ様は私に言われた。

「全てを一新しなさい!

古い技法をやめ、新しいモノを創って見せなさい。

そして少しは私の機嫌をとりなさい!」
と。
その顔が雨に濡れて少し光っていた。
何処をどう通って来たのかと私は思った。
「ちょっと2階で書いてきますから!」と、言って私は2階に逃げた。
気を落ち着けて書いたものがこれである。
だが、日付を間違えて17と書いた。

それで私は今までの漫画のような書き方をやめ、少し抽象的な書き方をした。
1時間以上かかって書いたものを彼女の前に広げて見せた。

「ふん、今までよりは少しはイイ。だけど、こんなんじゃあ、私は満足しないの。気合を入れて書きなさい。あの女に笑われないようにね!」と言って微笑むと、すぐ去って行った。

この記事をはてなブックマークに追加

変貌記念日・Transfiguration anniversary

2017年10月12日 20時59分36秒 | 日記

この記事をはてなブックマークに追加

ミツメジョウモンヨルコ様の肖像

2017年10月11日 18時29分26秒 | 日記

ヒロサコレイジ作・ミツメジョウモンヨルコ様の肖像

私はこの方の為に妻、子、友人知人、親戚、兄弟(妹)まで捨てた。
近頃ツイッターで知り合ったいい話し相手の女も捨てた。
この努力こそミツメジョウモンヨルコ様に気に入られる方法と確信する。

2017年10月11日

この記事をはてなブックマークに追加

ヒロサコレイジ四十八顔面図

2017年10月10日 21時08分19秒 | 日記

何日か前からミツメジョウモンヨルコ様はわたしに言っていた。
「顔を書きなさい。私のではなく他の顔。それを顔面図と名付けなさい!」
だが私は其のことは気に成っていたのだがツイッターなどに夢中になってやって居なかった。
その事で何度か彼女は幻の様に出現した。
それで私は何か憂鬱な気分に成って暫く何も出来なかった。
庭の工事などをしていたが何か気分が悪くフェイスブックにも全く触れておらず電話が鳴っても全く出る気が無くなった。
 夜中の3時ごろ目が覚め またミツメジョウモンヨルコ様の言葉を思い出しどのようにしようかと迷った。
「やればすぐ出来る事をなぜやらない!」と、何度も催促があったが私はそれを無視していた。
 他の女の事が気に成っていたからである。
其のことを彼女は知っていたのだろう。
それで家にいる猫を遠ざけて私を困らせた。
 私はしばらくの間猫を近所重中探し回って夜それを見つけて家に帰ったが猫を閉じ込めておくことも出来ず最後は逃がしてしまった。
 猫は家の中でフンをすると帰ってこなくなってしまった。
それが深夜の3時過ぎだ。
私が顔面図を簡単に書き出せない理由が他にあった。
 だがそれは今ここで言えない。
深夜に猫が死ぬ悪夢を見た。

しかしそれを二日かかって今日やっと完成させ歯医者から帰った後投稿したが、
pcが上手く起動しなかった。
それで今に成ってやっと出来た。
これで少しは気分が良くなるだろう。

この記事をはてなブックマークに追加