Do you climb?

山とキノコとたまにネコ。

2016.10.8 国見山 * 高知県本山町 * 茸祭

2016年10月11日 | 国見山(本山町)




登山口に着いてクルマを降りて気が付いた
後ろのスペアタイヤの隙間からでてきてリアガラスを登っている
キミはいつから引っ付いていたのかい?











またまたやってきた赤荒峠
白髪山頂は雲の中











国見山の森が気になっていたー! いざまいらんっ!











ヒメアザミ











だいいちきのこはっけん たぶんクサウラベニタケ











ザラエノハラタケ 老菌
傘表面の鱗片は雨で流されているし











緻密で美しいひだは真っ黒になっていた











ドクツルタケ










ドクツルタケ











傘裏面のアップ











傘表面










ナニカの老菌










もっと繁殖してほしいので基本的にはもがないけれど
マイルールで群生しているのと胞子を飛ばした老菌に限りもいでOKなので
ひとつもいでみた ムラサキシメジかな?
もちろん見た後は元のように埋め戻すよ。










ホコリタケ










ドクツルタケ









タマゴタケ老菌










傘の中心部にわずかに赤色が残っていてツバの名残もある











カラカサタケ
図鑑に「カラカサタケのツバは可動式である。」と書かれていて
いつか試してみたいと思っていた・・・
やっと試せた!動くよー!まじで。
上へ参りまーす!下へ参りまーす!としばらく楽しんだ











ちょっと古いやつだと遠慮なくいじれる。
新しいキレイなやつだと、いい状態を他の誰かにも
ぜひ見てほしいのでこうはいかない。









シロヨメナとトリカブト











これは・・・?










なんだろう?
もがなくても傘とか見られる場合はもがない。
カワムラフウセンタケ










タマゴタケ











タマゴタケ群生かと思ったらなんか違う
ツバもツボもないし柄がだんだら模様じゃない。










アカヤマタケかトガリベニヤマタケあたりかな











タマゴタケ











キレイな紫色の茸











ナンダロウ?











これもあちこちにボコボコでていた











ニセアシベニイグチ老菌 後ろに小さいの。











これももすごい群生だった










ので、失礼して一本もいでみる・・・?
もいでみて分かったのはひだは密で柄は中実においは腐葉土臭
これは雨上がりの地面のにおいだったかもしれない。

アカカバイロタケが近そう。
老成すると不快な干しニシン臭(乾燥時に強い)だって・・・。
干しニシンのニオイってどんなんだろう?








ベニタケ科もむずかしい ドクベニダマシかな?











これは柄にほんのりと紅がさしているのと傘表皮が剥げていて
傘の縁に条線が見えているのが特徴 さて誰でしょう?
傘の縁に近い部分が赤く縁どられているので
・・・ヤブレベニタケかなぁ?











カワリハツ











密なひだがクリーム色になっている












ケショウハツ











ドクツルタケ




















アカカバイロタケ






























ケショウハツ










ウラグロニガイグチ




















シロハツモドキ










ヒメコナカブリツルタケかと思ったら










ツバがある・・・











シロタマゴテングタケ











同上




















ツチカブリ






























傘表面 円錐形のイボイボ










膜質のツバと肥大した柄の基部
テングタケ科は簡単でしょーと思っていたけれど
見れば見るほどわけわからん。











これは間違いなくタケリタケ
ベニタケ科やテングタケ科のキノコに別の菌に侵されてできる奇形種
見れば誰でも思うはず、まるでち〇こ・・・。












ドクツルタケ










カワリハツ
































このイグチ 管孔がものすごく密でつるっつる
ナニイグチなのかサッパリ?











タマシロオニタケ










全体的に白色だけど時に淡褐色を帯びる









傘の表面にはイボがあるが落ちやすい
柄は表面に鱗片があって柄元は球根状









チチタケ










乳液分泌中











カバイロツルタケ













ガンタケ










キホウキタケ










ドクツルタケ










ツルタケ










落葉から出ていた2ミリくらいのキノコ
キュウバンタケ











アカモミタケ











ガンタケ











テングタケダマシ










同上











タマゴタケ 夏~秋 










傘の大きさは5~18cmと幅がある これは8cmくらい






























幼菌から成菌までずらり いちばん大きいのは傘径15cmくらいだった









ガンタケ










国見山山頂











ミカエリソウは咲き終わっていた



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村



『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.10.2 小檜曽山 * 京柱... | トップ | 2016.10.9 甫喜ヶ峰森林公園  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL