Reikoのお花の絵

私の楽しみ ボタニカルアート

カラスビシャク

2017-07-12 09:34:29 | 植物画(ボタニカルアート)

カラスビシャク:サトイモ科
日本全土に分布
半日陰から日当たりの良い道ばたや田畑に自生する多年草
別名:半夏(はんげ)・狐の蝋燭(きつねのろうそく)・蛇の枕(へびのまくら) 
苞の部分を カラスが使う柄杓(ひしゃく)に見立てて名付けられたようです
淡路島の方が 鉢植えのカラスビシャクを持って来て下さったので
即 描いてみました
花とは思えない 不思議な花ですが
何故か魅かれます

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビワ | トップ | ハンゲショウ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (そよかぜ)
2017-07-12 13:55:08
reihanaさんの絵はいつも素敵ですね~(^^)/

自然に自生している花とは思えない程の
優雅さが感じられます
いつも感心しながら拝見しています(*^^*)

今日も暑いですね~!
毎日暑いですね~(^^ゞ (reihana)
2017-07-12 17:50:27
そよかぜさん こんにちは~♪
何時もお褒め頂き ありがとう(^0^)/
この花は 自然界で沢山咲いているそうですが 私は一度も見た事がないんですよ
マムシやヘビは大嫌いですが ヘビを思い浮かべる様な 不思議な花ですが
何故か興味がある山野草です
鉢植えなので 来年も咲いてくれたら嬉しいです。
reihanaさんへ (マリババ)
2017-07-12 21:53:02
お隣さんがまむし草をそだてられてたけど、雰囲気が似てますね。
ホント柄杓にも似てますね。
いつも素敵だな~って拝見させていただいてます。
マムシは嫌いだけど お花には興味があります!(^^)! (reihana)
2017-07-12 22:41:50
マリババさん こんばんは~☆彡
お隣さんは マムシ草を育てているのですね
同じ「サトイモ科」ですので カラスビシャクは マムシ草の子どもの様な物ですね(笑)
マムシ草って花後の果実も楽しめますよね
花も 果実も絵になる素材だと思います
何時もありがとう~ヽ(^o^)丿
Unknown (ゆずぽん)
2017-07-12 23:57:10
別名が いろいろありますね~~~^^
スパティフィラム と同じ仲間・・ですかね。。
カラスビシャク (reihana)
2017-07-13 06:44:37
ゆずぽんさん おはようございます
植物って 色んな名前が付いているしゅるいもありますね
スパティフィラムは懐かしいです
一度 絵のモデルになったことがあります
鉢植えでしたが 株は増えても 咲いてくれませんでした
昔は良く見た花ですが 最近は 見かけなくなりました。
reihana様の絵 (kinshiro)
2017-07-13 16:18:40
こんにちは

うわぁ~~そういう名前だったんですね♪

よく見るんですけどね・・マムシではないし、ウラシマほど大きくないし、なんだか出来損ない?なんてね・・・なるほどねぇ・・カラスビシャククね・・・カラスのひしゃく・・で覚えやすいですね♪

開けるなりね・・アの草だわ!!って・・・ホント、植物図鑑の絵本編を見てるみたい♪
お上手♪
ただの雑草でも、鉢に植えるとなぜか希少価値の物に見える・・・私も鉢に入れば良い女房(?)(笑)
カラスビシャク (reihana)
2017-07-13 17:53:39
kinshiroさん こんにちは~♪
数年前に絵の先生も この植物を持ってきて下さり
初めて見て 初めて名前を知りました
小さな小さな ウラシマソウにも似た花です
其方では 自然界で生えているのですね
単なる雑草と思っている方も多いと思いますが 私にとっては 嬉しい頂き物で 即 描いてみました
ウマノスズクサや この様な風変わりの山野草に 特に興味がありますヽ(^o^)丿
雑草でも 鉢に入れば 立派な観葉植物になりますよ
kinshiroさんは 鉢に入らなくても 良い奥様じゃありませんか
お料理はお上手だし ご主人様には優しいし いう事なしの 可愛らしい奥様ですよ(^^)v

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。