そふぃぶー(別館)
 
 



 
アテネの覇者・上野雅恵がまさかの敗退。アテネ後にいろいろ葛藤があったようですが、彼女の雄姿を知っている一般人の私からしてみれば「帰ってきてくれてありがとう」。また頑張ってほしいです。しかし、アスリートの精神力には驚かされるものがありますね。産休中の谷亮子はあらゆる意味で優れた選手なんだなと改めて思いました。

【結果】
女子 70kg級/上野雅恵:- 女子 63kg級/谷本歩実:銀
男子 90kg級/泉浩:金 男子81kg級/小野卓志:銅

泉浩は悲願の金!右腕を痛めたかと思って心配したのですが、そんな事は感じさせずに強さを見せてくれました。お父さんも大喜びでしょう(^^)
「女三四郎」こと谷本は、女子では谷亮子以来の「圧倒的な強さ」を持つ人。準決勝までオール一本勝ち、しかも試合時間が短い!!しかし決勝戦の相手は強かった_| ̄|○
んで、小野卓志って誰?って思ったのですが、昨日の初日の感想で書いた「鈴木桂治の影で泣いていた選手」だったようで^^;でも「這い上がってくる」という言葉がぴったりで、敗者復活戦から勝ち抜いてきての銅。谷本のように早く決める柔道ではなかったですが、ハラハラドキドキの面白い柔道でした。
そして上野。アテネの井上康生もそうだったのですが、試合が始まった途端に「あれ?なんかおかしい・・・」という空気が漂ってました。自分の柔道を出来ていなく、焦りばかりが見えてしまって。彼女のペースで繰り広げられる試合をまた見たいものです。

ちなみに私がなぜ柔道が好きなのかなって考えたら、柔道って「人を痛めつける格闘技」ではないのですね。相手の力を制する華麗な技の数々、不屈の精神力。そういうものに感動するからだと思います。他の格闘技は痛いのでイヤです(笑)全然関係ないけど、加藤晴彦が可愛い(*^_^*)

第24回世界柔道選手権大会 公式ページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )



« 楳図先生キタ━... 梨のタルトを... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 

ホームページ制作