それなりに生きてます

小説のこと、グルメ、通販で購入した品々、名古屋からお届けします。

夫はぼけたか

2016-10-15 22:29:37 | 病気
最近、この一か月前から

六十九歳夫の言動に不審が目立った。

わたしのほんのした問いに、

夫の返答がおかしい。

ずれてる。 

聞いてない。言ったの言い争い。

テープにとっておきたいと思ったのはなんどもある。

長年連れ添った妻だから感じる・・・・何か・・、・・・

モヤモヤとしたクモが、夫にたいして覆う。

で、今夜、

嫁いだ娘が、電話口で吐く。

「お母さん、お父さんって会話おかしいよ。ボケてるんじゃないの?」

そうか。。

やっぱりね。

おかしくて、へんてこで、ちぐはぐだったよ。

そう打ち明けたいけど、

でもさ、娘には、まだまだ父親の威厳は続けさせたい。

「お父さんが、ボケったて?? そんなわけないよ。フフフ。それよりさ。いつ帰ってくるんだい。孫と一緒にお風呂に入るのを楽しみにしてるよ」
 
夫と、寄り添って生きようとしているわたしの役目は、

夫の楽しみを誘うことだ。

日に日に、夫は頑なになっていく。

その柔軟剤は、

娘であり、息子であり、孫なのだろう。。。。


そこで、わたしの存在は、

何だろうね。。。。。

たやすく、空気なんて言ってほしくないよなあ。

わたしにだってさ。。。。。。、

柔軟剤や、活力剤、刺激剤も、そして、未来もね。


ちょっと小説じみたかな。




ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 癌のステージ | トップ | 炭酸水でやってみた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。