ブツブツウヘへ日記

世の中嘘だらけ。報道は嘘、捏造ばかり。

安倍は嘘の天才。

#安倍ヤメロ #日米地位協定廃止 ☆ホに注意☆

 ガーディアン報道す『日本は市民の自由に対する懸念にもかかわらず 「残忍な」反テロ法を通過する

2017-06-15 | 鬼畜政府


ガーディアンでも強行採決が記事になりました。


ガーデン紙




日本は市民の

自由に対する懸念にもかかわらず、

「残忍な」反テロ法を通過する





安倍晋三官房長官、

国連安保理決議案の採択を含む批判は、

一般市民を対象とし、

草の根の政府政策への反対を抑止する


国連が市民の自由を奪い取ることができるという警告が出されているにもかかわらず、日本はテロなどの重大犯罪を行うために陰謀を目指す論争の法律を制定した。

与党自民党と少年連合は、何千人もの人々が外に抗議したため、この法案を日本の議会の上院に押し出した。

公衆反対が広がって3回延期されたこの法案に対する投票は、国連の専門家がこの法案を「欠陥」と呼んだ後、日本の首相安倍晋三首相の怒りの反応を引き出した。

東京の関係者は、国際犯罪を標的とする2000年の国連条約を批准し、2019年にラグビーワールドカップと翌年にオリンピックを開催するための準備として、日本の反テロ対策を改善する必要があると主張している。

広告

安倍晋三官房長官は、「東京オリンピックやパラリンピックまで3年しか経っていないため、可能な限り速やかに組織犯罪条約を批准し、国際社会としっかり協力してテロを防ぐことができる」と述べた。"それが法律が制定された理由です。"

この法案は、277の "深刻な犯罪"を犯す準備をし、プロッティングを犯罪化するだろう。

しかし、日本弁護士連合会やその他の批評家は、法律の対象となる犯罪には、アパートの建設や音楽のコピーに抗議するための座り込みなど、テロや組織犯罪とは明らかに関係のない犯罪が含まれていると指摘している。

反対派はする安倍のより広範な使命の一環として、法律を参照してください状態の力を増加させ、そして一般市民が逆に政府の保証にもかかわらず、標的化され得る恐れています。

盧武鉉(ノ・ムヒータ)野党民主党の指導者は、安倍政権は思想の自由を侵害する「残忍な」法律を押し進めたと述べた。

批准者は、法律が法的盗聴の拡大と警察の監視能力を制限する拒否と相まって、草の根の政府の政策に対する反対を抑止する恐れがあると批判している。

法律の通過をスピードアップしようと、与野党は上院委員会での投票を控え、完全な上院の投票に直接移動する、珍しい、争いのある措置を取った。

プライバシー保護に関する国連特別報告者であるJoseph Cannataci氏は先月、安倍氏に対し、「プライバシーと表現の自由の権利に対する過度の制限につながる可能性がある」というリスクに言及するよう要請した。

安倍氏は、カンナタシの評価が「極めて不均衡」であると説明し、彼の行動は「客観的な専門家のものであることはほとんどない」と述べた。

広告

Cannataci氏は木曜日、日本政府は「欠陥のある法律」を押し進めるために「恐怖の心理学」を使っていたと述べた。

同副長官は、「プライバシー保護のためのセーフガードを改善する必要がある。これにより、疑わしい法案が公布された」と述べた。

批評家は、可能な区画に関する情報を収集するには警察の監視が必要だと述べ、第二次世界大戦の前後に公共の秩序の脅威と見なされる政治集団を調査する強力な権限を持つ日本の「思考警察」と比較した。

先月の交渉では、支持率が39.9%、野党が41.4%だった。

国会議事堂の正面には5000人が立てられ、新しい法律は「独裁的」と糾弾され、日本が「監視社会」に陥るのを阻止しようと誓った。

「平和的なデモはテロとして見ることを禁じられているかもしれない」と54歳の増山美由男は、共同通信のニュースに語った。「表現の自由は脅かされるだろう」



ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍ヤメロ‼‼  大拡散‼『安... | トップ | ロイター通信、ケナタッチ氏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。