アラフィフからアラカンへ・・レイ子の晴れ時々ブログ

人生後半。大変な坂いっぱい越えた。
これからは、心の向くままケセラセラ。

新旧 トータル・リコールを観る

2016-12-07 10:34:50 | 本、映画、アート、手作り 他

夕べは、huluで「トータルリコール2012年版」を見た。
面白くて、夜更かしをしちゃったけど、

その昔見た、本家本元、前作のシュワちゃん主演の「トータルリコール」を
強烈な印象で見た覚えがあり、

huluで探してみたら、あったので、
今日また、それを見た。


1990年公開だから、26年前?
私は、ビデオを借りてみたのかな。。映画館に行ったのかな。。

なんせ、記憶を売り買いできるトータル社という会社があるという発想が強烈な印象。
前作とリメイク版の違いがこれ

 

町の様子も
  

こんなに違う。

設定もいろいろ違っているけど、
話の流れは同じ感じ。

CG等がなかった1990年は
全て、セットと特殊メイク。バイオレンスもグロくて度が過ぎてるのに
ブラックユーモアとされていた価値観。

その分、度胆を抜く表現が各所にあった。
笑うね。。
荒唐無稽で、その当時は、すごい未来と思ったけど、
建物も、人もある意味現実的ではある。。


それに比べて、リメイク版は現代が描く
未来像。

スマートで、冷たく、ありえないスピードで
・・ないな!これ。
生身の人間を超えている。

もちろん、前作だって・
ない!!けどね。


時代で、表現がこんなに変わっていることがわかって面白い。

現実の世界は1990年に描いた未来にも追いついてないと思うけど、
AIが発展した本当の未来はどうなるんでしょね。

いつも興味のあるテーマです。





(画像は全て、ネットからお借りしております。すみません


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月のランチ | トップ | 12月の広い空 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本、映画、アート、手作り 他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL